7/6 石田ピアノ調律プロモーションは、お陰様で、21周年を迎える事が出来ました。調律師になっては、33年になります。

グランドピアノの鍵盤ふたストッパー『コティール』、鍵盤、樹脂製品の除菌剤『キーバリアー』のプロデュースを行いましたが、少しづつの拡売ではありますが、良い製品が出来たかな⁈と思います。
第3弾も何か考えたいと思います。

ピアノ業界は年々厳しくなって来ている感じはあります。
ピアノ輸出を行なっている所は、順調の様ですね。

特に今年はコロナ禍で、国内のピアノ販売はだいぶ落ちている様です。
6月に入ってからは、幾分ピアノ業界にも活気が出てきました。
とは言え、厳しい状況には変わりはありません。

昨今、安いデジタルピアノに押され、アコースティックピアノはなかなか売れません。ピアノが売れないと、調律の仕事もなくなって行くので死活問題ですが、ピアノバブル時代の物は、40年を超えて来て、修理の仕事は増えて行くかと思います。

修理に力を注いで行く事=技術力を上げる。それしかないですね。

調律師としてずっと生きて来ましたので、この先も『今、出来る事!』をして、高望みはせず、邁進して行こうと思います。