「空室対策」×「リノベーション」の極意
  • 01Aug
    • マンションの空室が出てしまったら。

      部屋の空室が出てしまった時、皆さんはどうされていますか?「また空室が出てしまった…」「リフォーム代等にまたお金がかかってしまう…」「不動産会社にまた入居付をしてもらわないといけない…」頭を抱えていらっしゃるオーナー様もいらっしゃるかもしれません。空室を埋めるのに、不動産会社からよく言われる手っ取り早い方法があります。「家賃を下げましょう!」家賃を下げれば、もしかすると入居は決まるかもしれません。しかし、それは空室対策と言えるでしょうか。「駅から遠い」「物件が古い」「オートロックが付いていない」「追い炊き機能が無い」等、不動産会社に言われることを鵜呑みにして、それが空室の原因だと思い込んでしまわないようにしましょう。「だから、決まらないんだ」と、それを理由にしてはいけません。3割程度はそれが原因かもしれませんが、残り7割は、他に原因があるのです。その原因である7割を改善し、努力をすれば、必ず空室は埋まります!株式会社アイズ・コンサルタント豊中市東寺内町11-35-10206-6384-5757

  • 29Jul
    • はじめまして。

      はじめまして。賃貸マンション経営を始めて約40年、(株)アイズ・コンサルタントと申します。現在、賃貸マンション所有・管理、時間貸し駐車場、月極駐車場、老人ホーム所有、ハワイ不動産所有など、さまざまな不動産経営を行っています。その中でも賃貸マンションは、コンスタントに入退去を繰り返すため、退去のたびに次の入居決めに悩まされたことが度々ありました。70室中14室も空いている時期もありました。管理会社に任せたこともありましたが、空室が減る事もなく…。管理会社は、頑張らなくても、住んでいる部屋の管理料をもらえる…仲介会社は、報酬が多い部屋を決めようとする…リフォーム会社は、高いリフォームを提案する…全てのバランスが上手く回らず、賃貸マンションオーナーが苦しむ状況に陥りました。家業が上手く回ってない状態の中、当社社長は、当時勤務していた某大企業を脱サラ。地位と名誉を捨て、独立。自主管理に戻し、徹底的な空室対策を行った結果…。全マンション 全室85室中 7室が長期にわたって空室でしたが、数ヶ月後に満室達成!その後もコンスタントに入退去が発生するも、短期間で入居が決まるコツを見つけ、以降満室稼働中!!その経験やノウハウを活かして、賃貸経営でお困りの賃貸オーナー様の手助けになればと思い、この度、新規事業として、「空室対策.com」を立ち上げました!自らが賃貸オーナーのため、もちろん、採算の合う空室対策のご提案をしていきます。採算の合わない提案は行ないません。賃貸管理のご提案ではなく、オーナー様目線で、「経営管理」のご提案をいたします。最近では、書籍出版やセミナーのお声かけもいただきますが、まずは、こちらのブログで「入居が決まるコツ」を少しだけでもお伝えできればと思い、始めました。今後ともよろしくお願いいたします。お困りのお客様は、お気軽にご連絡お願いいまします♪(株)アイズ・コンサルタント大阪府豊中市東寺内町11-35-102電話番号:06-6384-5757(平日9時〜17時)更新頻度:不定期