フォトグラファー藤元敬二さんの

「名もなき闘い」ネパール、HIVと暮らす

という週刊金曜日に掲載された記事。





この記事をきっかけに、週刊金曜日さんが毎年寄付金を送ってくださっています。

ありがとうございます。


ネパールプロジェクトは震災の余波もあり、2年ほど活動を少なくしていますが、来年は調査を再開したいと思います。


いただいた寄付金は、サリタさんたちの安定した居住のサポートを予定しています!






39校目のプロジェクト。
北部ルアンパパーンから3時間半ほどのところにあるカム族の村。
雨が降ると道が悪くなり、私たちも足止めされてしまいました。
タイヤが滑って危なく、雨季は入村が難しい地域です。

国の移住政策とうまくマッチせず、近隣村と取り残された感のあるフアイロン。
学校からボロボロの校舎の建て直しリクエストがあり、プロジェクトがスタートしました!







ホンカーはビエンチャンの中心部にあります。
私達は都心のプロジェクトを担当することがほとんど無いので、都心部のスピードの速さに驚かされます。
田舎のように道が凸凹でなく、雨季に左右されづらいのは有り難いですね。
きちんとしている分、プロジェクトスタート前の市との書類や局とのやりとりは
とっても大変でしたが💦💦

来春には学校がスタート出来ているといいですね!











サンティスはこの夏に完成しました!
途中で洪水あったり、局長さんが長期病欠したり、さらに交代もあり、で
大変でしたが村人たちがよく頑張ってくれました。

綺麗に仕上がってよかったですね。


 
画像が良くなく、分かりにくいですが・・・
サンティス小学校、壁の補修がほぼ終わり
色塗りがはじまります。
 
天井がつけば、これまでの暑い暑い校舎から解放されますね!
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
ビエンチャン中心部のホンカー小中高校、とても大きな学校です。
この学校内のボロボロの校舎をきれいに建て直すプロジェクトが始動します。
 
ライオンズクラブさんが訪問の際に
たくさんの文具や運動具、日本のお菓子などをご寄付くださいました。
有難うございます。
 

 












ライオンズクラブの皆さんとケンサワンの開校式へ!ビエンチャン近郊という事でスピードが速くスムーズに進みました。小さな学校で穏やかな交流ができてよかったです。






学校づくりの進捗確認に。新築3部屋と修復2部屋、ほぼ仕上がっていますがペンキが薄い箇所があり手直し必要です😥
都心部はスピードが早い!田舎はとことんのんびり。。。
一つ一つ回って確認しながらクリアしていかねばです。








台風の影響で屋根ごと飛んでしまいました、と現地からsosの連絡。
幼稚園は雨季もお休みは少ないので、このままでは園児が通えないですね💦

もともと雨がふると洪水状態だった学校ではありますが、屋根がない想定はしていなかったので、対応検討せねばですね。

困りました〜!