Cobucim コブシム

Cobucim コブシム

この地球大丈夫かな?
自然の中で起こる、日々の出来事です。

すべてのものに輝く瞬間がある。その一瞬を見つめたい。



    でもそんな難しいことは考えても出来ません。


    ええかげんで、思うままを綴ります。


    みなさん惑わされないように、




    『写真はクリックしたら、全体が大きく見れます。ぜひぜひ!』



    【おことわり】
    最近、商品等の斡旋、勧誘を目的としたサイトからの“ペタ”を頂くことが多くなっています。
    私はそのようなものを必要としていません。
    記事に内容のないサイトからのペタをお断りさせて頂くとともに削除いたします。


テーマ:

 

 

 

 

稚児百合に八重さんが居たんだ

 

お武さんがいて

 

お香代さんがいて

 

お富さんもいる

 

そうそう とめさんも居たんだ

 

 

しかし 八重さんがいるとは思わなかったなぁ

 

 

八重稚児百合

 

 

世の中生きているとこんなこともあるんだね

 

全身のスタイルは撮ってなかった

 

全くドジ踏んでまったぜ

 

 

八重さんのブロマイドで銭儲けできるところだったのによ・・・・

 

 

 

 

Cobucim

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

信号待ち

 

私は右接、隣のレーンの車は左接

 

青になって、静々と進む

 

と、左の車が大きくこちらに膨らんでくる

 

おいおい、何処を見ちょるんじゃ???

 

こちらを気にしちゃぁいねぇ

 

左側が分からないから大回りしちょるだけ 

 

隣に車があるなんて考えちゃいない

 

 

 

 

信号待ち、私は赤で止まっちょる

 

左からこちらに右折してくる車

 

おぉぉぉ~っと

 

こちらの鼻先をこするかのように右折していく

 

 

教習所では交差点の中央を回って右折するんじゃねぇのか? え?

 

右側に小回りしかできねぇか?

 

 

山のカーブの多い道を走ると対向車が当たりに走ってくる

 

センターラインなんのその・・・

 

 

 

 

なんでや? と考えると

 

運転へたくそだ ということがひとつ

 

かっこつけた運転をしたいという人間が多いということもひとつ

 

 

そして大きな原因がひとつ

 

昔の車って行ったら ほぼみんな四角い

 

今はどうかっていうと

 

性能至上主義で空気力学がどうだ、とか言って丸っこい

 

丸っこいから端がわからなくて、車体感覚がつかめないデザインが多い

 

それでいて性能が良くなっているから下手な奴でも上手くなったと思ってしまう。

 

 

あなたもイエローカードじゃないかな?

 

メーカーも安全な車を考えるのなら

 

こんなデザイン、コンセプトを考えた責任を意識してもいいのじゃないか?

 

 

 

走り屋の車って、怒っているような表情の車が多い

 

マナーを持って、ゆっくり、ゆったり走ろうぜよ。

 

 

 

Cobucim

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

空木ってさ

 

いろんなウツギがあるんだよな

 

空木、梅花空木、更紗空木、谷空木・・・・・・

 

 

それらは幹の真中が中空なものを“うつぎ”と言っている

 

言い換えれば 中身が無くて弱いモン

 

中身が無くてパーなんかな?

 

 

梅花空木 (ばいかうつぎ)

 

 

それと似た言葉で “うつけ”という言葉が

 

このォ~ ウツケモン!!

 

と怒鳴ったりする。

 

 

“うつけ”っちゅうたら、中身が空っぽというより

 

気がぬけてて、アホみたいなモンじゃろか

 

まぬけってことにもなるかな

 

 

梅花空木 (ばいかうつぎ)

 

 

名古屋なんかでは

 

“たわけ”って言葉がある

 

田分けと書く

 

大きな田圃を持っていても代が変わるごとに細かく相続され

 

やがて役に立たない物になってしまう事を表しているそうだ

 

 

このぉ たわけモン!! と言ったりする

 

 

梅花空木 (ばいかうつぎ)

 

 

あまりいい話にならなかったけど

 

空木って白い花が多いね

 

ピンクも紫もあったりするけど

 

目が覚めるような真っ白が多い

 

沢を登って空木の花が水に落ちて溜まっていたりすると真っ白な絨毯に見える

 

 

幹が中空と言っても固くて木釘になったりする

 

すごい木なんだね

 

 

 

最後は“うつけ”でも“たわけ”でもない空木の話でした。

 

 

 

 

Cobucim

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

姫萩(ひめはぎ)

 

小さくて萩の花に似ているようだということで

 

ヒメハギと名がついた

 

 

姫萩(ひめはぎ)

 

 

日差しが強くなると花の色も濃くなるものだろうか

 

紫の花はあるが薄紫の花が多いなぁ

 

このように濃い紫の花は・・・・・・あるな

 

 

でも珍しいものだなぁ・・・・・・・そうでもないか

 

菖蒲でこんな紫があるな

 

あっちは化粧かぶれしとるけどな

 

 

 

姫萩(ひめはぎ)

 

 

けどさ

 

姫と付くだけあってかわいらしい

 

それは間違いない。

 

 

姫、 人間だとそうは行かない・・

 

いや、そんなことはない・・・・

 

やば! つい・・・・・・

 

口は災いのもと

 

 

 

 

Cobucim

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

この記事を見て昔のエピソードを思い浮かべると

 

またかいな!

 

という人がいるかも知れない

 

昔の石楠花地獄

 

 

石楠花(しゃくなげ)

 

 

いい思い出じゃないよ

 

この石楠花の上を歩いた・・・・・・というよりも

 

這いずった思い出

 

沢を始めたころに連れて行かれた

 

 

石楠花(しゃくなげ)

 

 

今なら沢のぼりは開けて、花崗岩の明るい沢がいいと思っちゃうけど

 

この頃は何処でもと がむしゃらに行ったね

 

 

遡行をはじめて、ほんとに人跡未踏の山で 人の入らない山

 

山は獣が出るが、獣のほかに ここでは石楠花だけ

 

石楠花と人が戦う場所とでも言うか

 

沢の源流から石楠花ジャングルが出てきて、頂上すらもどこか不明

 

歩くのは石楠花の樹のうえ

 

 

こんなところに家一軒あったら

 

郵便屋さん、宅配屋さん、新聞やさん、ロバのパン屋さんは大変だ

 

 

 

 

休憩所からみる石楠花は優雅でいいだろうけど

 

ゆらゆら揺れる石楠花ロードを行くのは まことに疲れる

 

人間も昔は四本足だったことを思い知らされた。

 

樹の間に落ちたら這い上がるのにとてつもなくエネルギーを使う

 

 

 

これがトラウマになって私ゃ石楠花が大っ嫌いになっちまった

 

きれいだって?

 

綺麗なものほど とんでもないトゲがあるものだ。

 

 

 

 

 

Cobucim

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。