イラン便り

イラン便り

主人の母国イランの実家で過ごした、驚きと戸惑いの連続の毎日や、イランあれこれを気のむくままに綴っています

この時期はどこへ出かけてもクリスマスクリスマスツリームード全開の日本ですね

 

わが家には全く関係ないですが、町中がキラキラと輝く様は、寒くてすぐに暗くなってしまう嫌〜な冬を華やいだ気分にしてれ、イベントとしては楽しいものですラブ

 

ボーンムスリムの夫も、この時期開催されるドイツのクリスマスマーケットジンジャーブレッドマンに出かけるのを毎年楽しみにしています(日本にいたら)

しかも、一番のお目当ては寒空の下で飲むホットワインだと言うんだから…ニヤニヤ

 

 

一部のムスリムからは


「地獄に落ちる炎


と言われてしまいますね滝汗

 

 

 

しかし、勘違いしないでくださいね

イエスキリストは我々の敵ではありませんから手

 

イスラームにおいて、イエスキリストは大切な預言者の一人なんです

クルアーン(コーラン)の中においても、キリストの名は、なんと預言者ムハンマド(マホメット)よりも多く出てくるのですから

ちなみにモーゼス(モーゼ)もねウインク

(むしろ一番多く出てくる)

 



 

タイトルと関係のない話をタラタラとしてしまいましたが…アセアセ

 


 

昨夜(冬至の前夜)はイラン人にとって大切な夜でした

このブログでも毎年取り上げてる「シャベ ヤルダー(شب يلدا)スイカ

 

ヤルダーについてはコチラ

 

 

 

わが家でもささやかながら、ヤルダーナイトキラキラ



{4F3FF20A-3180-4B55-8AA7-6F5865707810}


と言っても、ナッツやフルーツを食べまくるだけですが…

 


この時期スイカやザクロなんて日本では、べらぼうにお高いので、太陽を連想させる赤い果物を太陽

 

イランの家族にヤルダーのお祝いの電話をして照れ

 

 

 

 

そして…

今夜はカボチャを食べないとっハロウィン