いまだ唯仁です。

 

気づけば、12月師走。

 

この言葉を出てくる感情はどんなものでしょうか?

 

寂しいでしょうか。それとも、
ワクワクでしょうか。

 

捉え方も、人それぞれですね。

 

 

 

さて、今回は、バタバタする師走とかけて、こんな言葉をご紹介

多忙は怠け者の遁辞である

徳富蘇峰さんの言葉として有名ですね。

 

 

自分がバタバタしてしまうときに、

言い聞かせるおまじないの言葉でもあります。

 

「忙しく忙しい」と慌てるようにバタバタする。
その状態を口に出して「忙しい忙しい」というのは、
なんだか、自分を守っているような、、、

堕落した人の言い訳かもしれません。

 

遁辞には、
「言い逃れ」や「繕い」のような意味があります。

 

本来 多忙を極めている方であれば、
その日その日にやらないといけないことを着実にやっています。

 

ためたものを直前になって、
「やばい、やばい」って。

「私能力ありません、ありません」って、
言っているように聞こえますよね。

 

 

禅にあるように、
「今を生きる」ことにもつながる気がします。

 

 

人はこの世に生を受けると同時に、
自由と責任が与えられいると私は、解釈しています。

 

 

やるべき責任とは?

 

 

仕事や家事、学び。
それらを機敏よく計画を立て、今日なすべきことをする。

計画をたてて成し遂げられる人にとっては、
多忙に当たらないというのです。

 

 

 

【解決策】

 

バタバタして流される前に、
ふと肩の力を抜いて、
やるべきことを紙に書き出す。

それぞれに目的を添える。

優先順位と期限をつける。

目のつくところに貼り出す。

 

 

これだけでも、なんだか脳内整理がきっと進むと思いますよ。

 

本日も、素敵な1日を。

「大きな声でありがとう」
〜共存共栄な人財社会へ〜

from IMADARUMA(いまだ唯仁)