のぼり旗プリント工場 アイジェットの「う♪た♪し♪」ブログ

のぼり旗プリント工場 アイジェットの「う♪た♪し♪」ブログ

アイジェットのたさかこーいちです!
このブログではアイジェットでの日々の「”う”れしい、”た”のしい、”し”あわせ」な出来事をシェア、報告していきます♪

アイジェット 田坂です。

 

 

メタバースをご存じですか?

コロナになって、リアルに人が出会いにいくのが難しい中、

仮想空間の構築が急ピッチで進んでいます。

人には24時間もっていますが、

ビジネスはその時間の取り合いです。

 

その24時間を現実空間(物質)で出会うのか

仮想空間で出会うのか。

 

気づかないうちに、人はオンラインに接続する時間が多くなり

出会いがオンライン空間となり、

だからこそ、販売促進や広告はオンライン空間に

移行していきます。

 

のぼり旗や横幕等の空間を彩る媒体は

ますます減っていくでしょう。

不動産そのものもますます減っていくことが想定されます。

 

けれども地球全体の視点にたてば、

温暖化の原因と言われているCO2を排出するのを

減らせるのであればいい流れとも言えます。

 

時代の変化と共に、ビジネスも変化が求められる。

アイジェットも変化をどんどんしていきたいと思います。

 

 

アイジェット 田坂です。

 

 

本日のSDGsは、4番 「質の高い教育をみんなに」

 

“だれもが公平に、良い教育を受けられるように、
また一生に渡って学習できる機会を広めよう” 

 

4-1

2030年までに、男の子も女の子も、すべての子どもが、しっかり学ぶことのできる、公平で質の高い教育を無料で受け、小学校と中学校を卒業できるようにする。

 

4-2

2030年までに、すべての子どもが、幼稚園や保育園にかよったりして、小学校にあがるための準備ができるようにする。

 

4-3

2030年までに、すべての人が、男女の区別なく、無理なく払える費用で、技術や職業に関する教育や、大学をふくめた高等教育を受けられるようにする。 

 

4-4

2030年までに、はたらきがいのある人間らしい仕事についたり、新しく会社をおこしたりできるように、仕事に関係する技術や能力をそなえた若者やおとなをたくさん増やす

 

4-5

2030年までに、教育のなかでの男女の差別をなくす障がいがあったり、先住民族だったり、特にきびしいくらしを強いられている子どもでも、あらゆる段階の教育や、職業訓練を受けることができるようにする。

 

4-6

2030年までに、すべての若者や大半のおとなが男女ともに、読み書きや計算ができるようにする。 

 

4-7

2030年までに、教育を受けるすべての人が、持続可能な社会をつくっていくために必要な知識や技術を身につけられるようにする。そのために、たとえば、持続可能な社会をつくるための教育や、持続可能な生活のしかた、人権や男女の平等、平和や暴力を使わないこと、世界市民としての意識、さまざまな文化があることなどを理解できる教育をすすめる。 

 

4-a

子どものこと、障がいや男女の差などをよく考えて、学校の施設を作ったり、なおしたりし、すべての人に、安全で、暴力のない、だれも取り残されないような学習のための環境をとどける。 

 

4-b

2020年までに、開発途上国、特に最も開発が遅れている国、島国やアフリカの国などの人が、先進国や他の国で、職業訓練、情報通信技術、科学技術のプログラムなどの高等教育を受けるための奨学金の数を世界的にたくさん増やす。 

 

4-c

2030年までに、開発途上国、特に開発が遅れている国や島国で、学校の先生の研修のための国際協力などを通じて、知識や経験のある先生の数をたくさん増やす。 

 

 

 

アイジェット 田坂です。

 

 

本日はバンダナをイベントに配布されるニュースをシェアします。

 

 

9月21日~23日のDNA×ヤクルト戦にてバンダナが配布されるようです。

今ひそかに1970年代ブームのようでほかのサイトでも

ペイズリー柄が盛り上がっているとサイトで紹介されていました。

 

オリジナルバンダナ製作企画の際は、ぜひご相談ください♪