心もサイフも潤って子育てもうまくいく ”正しい” おうち起業のはじめかた

 


月1時間のスキマ時間でおうちから一歩も出ずに!


 


<<子育てが大切なお母さんのための>>


24ヶ月であなたのライフワークを育て


お金に大変身させる方法がわかるブログです。


 


飯島裕子です。



毎年、西日が長くさしこむ
この時期になると思い出す
ことがあります。



乳がん検診で
白い影が見つかった
ときのこと。



その前日までは
どうとも思わなかった
むしろ疎んじていた
クリスマスツリーの
チカチカするネオンや



フローリングのホコリを
舞い上げながら
子どもが元気よく
走り回る音



暖を取れる部屋に
住まえること



夕飯の献立を
何にしようかと
悩める時間があること…。



すべてが
幸せなことだなぁ
有り難いことだなぁ
一瞬一瞬は奇跡のように
尊く感じられ



幸せの感度が
究極に研ぎ澄まされた
ような感覚を覚えました。



その後コトなきを得ると
感度は平常時にストンと
下がり、意識してあげないと
なかなか上がるものでは
なかったのですが、



たまに感度の高い方に
お会いすると
自分の感度が
下がっていることに
ハッと気付かされる瞬間があります。



今日は
おうち起業を通じて
わたしが知り合えた
受講生さんのなかでも



感動・感謝・叡智や愛などを
常時ものすごく受け取って
いらっしゃる生徒さんの
ご感想を今回も
2回にわけて
ご紹介します。



_______

おうち起業をはじめて
11ヶ月のご感想
(北原 由紀 様)
________



Q.肩書を教えて下さい



『お金の器の専門家』です。



Q.講座参加前の課題はなんでしたか?



「今しかない子供との時間を大切にしたい」
と 長年勤めた職場を退職し
その機会を得たのですが、



退職後1年を過ぎた頃から、
息子のさまざまな面での
成長を目の当たりにし、



反対に私の母親としての
肩書き以外の成長が
ストップしているように
感じるようになり、
悶々としていました。



Q.講座の参加目的は?



私の人生の選択肢にこれまで
「起業」という文字は無かったので、
「おうち起業をしたい」というよりも
「なんだか面白そう」と
自己啓発講座のような
感覚で参加しました。



Q.講座で得た成果を教えて下さい



たくさんあります笑 



1.母親としても起業家としても
私の前を歩いているゆうこさん
というコーチとの出会い



2.講座の中で洗練されたワークや
動画解説に取り組むことで
とり戻した私の情熱



3.月に一度のおうち起業勉強会に
集う参加者の方々との出会い



4.そして今私のお家起業の種が
芽を出そうとしていること



です。



〜〜〜



前半はここまでです。



ありがとうございます!



人生
受け取れる量で
豊かにも貧相にもなります。



由紀さんと話していると
感謝・感動・愛・叡智を
受信してはそれを言葉にあらわして
くださるので毎度多くの気づきを
いただいています。



次第に自分の感度の低さが
気になり凹んだりもします、笑
(初めて告白、笑)



起業すると
少なからず経験することです。
人と比較して落ち込む。



たぶん、由紀さんも
経験しているはず。



でもね、これも成長の
チャンスなんですよ^^



人は自分に可能性がないものには
反応もしないし憧れもしないように
できています。



落ち込むことを
成長のチャーンス!って
思えたら



何かで落ち込む我が子を
見る眼差しも変わるんだな、笑



この子は
この子にすでにあって
伸びしろがあるテーマに
出会ったんだな!って。



わたしはこんな風に
起業を通じての出会いで
成長させてもらうことを
出会った人の数だけ
体験してきました。



人との出会いってケミストリー。
化学反応が起きるんです。
これが本当に面白く
ありがたい…。



いまあながが生きている世界は
あなたを成長させてくれる
だけの広さと出会いがありますか?
ケミストリーは起きていますか?



おうち起業を通じて
自分の世界を広げてみると
学びが多く魂が成長するのを
感じますよ^^



って、スピリチュアルな
話のようですが
目に見えないものが
成長する感覚を
実感できるのは
本当です。



このメリットを
共有できるひとが
周りに増えて
わたしは幸せです^^



さあ。
あなたもそろそろ
自分の可能性の扉を
開いてみてはいかがでしょうか?



低リスクからはじめる

おうち起業通信講座のお申し込みは
メルマガ読者限定でご案内しています。



1分で完了!

無料メルマガはこちらから
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOmIRnMnjylT



______



今日もお読みいただきありがとうございました。



飯島裕子

 

 

 

親子のためのおうち起業
飯島裕子です。



すこし冷えてくると
雑貨屋のティーポットが
気になりはじめます。



お茶自体はたいして
こだわりがないのですが
静かにお茶を淹れる
ひとり時間という過ごし方が
好きなようです。



__________

おうち起業通信生の声
__________




最近は、やりたい事ができていて、
以前の私より色んな事に
挑戦できていますし、
楽しいです。



私は、たくさんの事を
やりたくなってしまって、
少しずつ色んなことをやるタイプです。



なので、進度が遅いと思いますが、
進んでいる事を実感しているので、
良い事にしています。



1ヶ月に一度、
保育園に絵を教えに行く
仕事が舞い込んできました



それと、自然観察がマイブームです。
これからもよろしくお願いします!
(Mさん)



ありがとうございます!



「楽しいです」
 

こういうメッセージを
いただくの、本当に
うれしいですね。



わたしはコーチングを
講座を通じてお母さまがた
お伝えしていますが



子どもとの良好な関係や
円滑なコミュニケーションに
絶対に必要なのが
お母さま自身が
ご自分の人生を心から
楽しんでいる背中を子どもに
見せることだと思っています。



ママが楽しめる
ライフワーク(副業)を持つことで
子どもへの過度なフォーカスが
ゆるみます。



すると、
子どもは不思議と
お母さんを怒らせることをやめて
子育てがどんどん整っていく。



だから、
ライフワークを育てることは
心の底からおすすめできるのです。



とにかく、やってみる
ということ。そうやって、
アンテナを立てていると
チャンスも巡ってくるもの
ですね^^



〜〜



ちょうど、昨日書いた
おうち起業生向けの限定
メルマガで



来る11月は年間で最も
お母さんにとっておうち起業を
加速させやすい時期だと
お伝えしました。



夏休み明けからしばらくたち
子どもたちも学校生活に慣れ
運動会や学校祭が11月早々に
終わり、多忙極める年末までは
まだ少しあるというこの
貴重な数週間。



この時期に
自分が大切にしている価値観や
情熱を燃やせるもの、
得意なもの、なにより
自分のニーズを満たせる
テーマを見つけて取り組んでみること。



これが、翌年への
足がかりになって
継続することで
おうち起業の立派なテーマに
育っていったりするのです。



11月。わたしは毎年
11月に腰を据えて
おうち起業を伸ばしてきました。




始めるなら11月。
1年に一度のゴールデンタイムを
どうぞ充実させてくださいね。




わずかな自己投資で

ライフワークを育てられる
通信講座のお申し込みは

メルマガで募集しています。

 

 

 

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOmIRnMnjylT

 





親子のためのおうち起業
飯島裕子

 

 


覚悟って
とてもパワーがあります。
パワーもいろいろありますが
覚悟は推進力の源になります。



おうち起業でいうとまず、
『ライフワークを育てる』と
決める(覚悟)ことから
すべてがはじまります。



いつか始めたい、
の「いつか」は自分で
決めなければなりません。



いくら人生100年時代とはいえ

「いつか」なんていいながら

ぼんやりすごしていたら

あっという間に初老です。

 

 

 

そこからライフワークを

育てようと言っても

いまよりもっと腰が

重くなるわけですから

先延ばしは夢が遠のけます。



 

「いつか」という言葉には

魔力があります。

 

 

 

おこさんがいらっしゃる方なら
子どもが「いつか」やると言ったら
やきもきするでしょう?

 

 

 

自分が言うと先延ばしで

気休めになるのに

子どもが言うとイライラと

焦る気持ちが湧いてくる。

 

 


お子さんの言う「いつか」

これも
決めるのは子どもです。



林修先生は
「今でしょ!」といいますが
こう言われて動くほど
子どもは単純じゃない。



でも、大人は違います。
大人は決めて、動いて、
子どもに背中を見せることは
覚悟さえ決めたら今日からだってできます。



また、自分が動いて
挑戦し成長していると実感があると
不思議と子どもの停滞を
焦らず見ていられるものです。



これは私が経験しているのも
ありますが、まわりの
おうち起業を充実
させていらっしゃる
お母さまたちも同じ
傾向にあるので
私が強く確信しているところです。



きっと
おうち起業をするなかで
自分自身も迷い停滞することが
あって、



それでも必ず動き出せる
ことを知っているからこそ
子どもの停滞も一過性の
ものだと信じ



過度に干渉せずに
いまの状態や子どもの気持ちを
認めてプラスの声がけをして
様子を見守ることが
できるからなのだと
思っています。



動かない子どもをみていて
イライラするのは
もしかしたら
自分を見ているようで
嫌だからなのかもしれません。



これも私自身が経験済みです。
自己否定の最中に子どもが
似たような行動をするので
刺激されてしまう原理です。


〜〜



親子で一緒に
それぞれの山を決め
それぞれの谷を経験し
ともに乗り越えていくって
本当に楽しいし
心強いものですよ^^



上下関係ではなく
仲間のような対等な関係が
健全ですし心地よいのです。



あなたも始めてみませんか?
ライフワークを育てる
おうち起業通信講座は
今から持つ目標の一つとして
心からオススメできます。



あなたの覚悟のパワーは
必ず子どもに伝わります。



そこに言葉は必要ありません。



お母さんが何かに
打ち込んでいる
お母さんも頑張っている。
その背中を見せるだけで
十分すぎるほど伝わるものだと思います。



もうすぐリニューアル予定ですが

現行の無料ビデオ講座

ご覧になりたい方は

登録してみてください。

 

 

 

わたしがしてきた

起業の失敗を

反面教師にしていただけると

思います^^

 

 

 





飯島裕子

こんばんは。



http://iijimayuko001.main.jp/img/s_IMG_1462.JPG



興味本位で
遺伝子検査することに
した飯島です。



子どもの検査も
あるみたいですね、
適正がわかるとか
わからないとか。



私は先入観持ちたくないので
あえて受けさせませんが
高額でもニーズは
あるのでしょう。



〜〜〜



さて、中学受験を
する方向性が決まり
塾を探したり中学フェアに行く、
そんな日々が始まって
数日がたちました。



正直、楽しくて
しょうがないというのが
今の感想です。余裕のある
今だけなのかもしれませんが^^;



もちろん、入塾テストで
現実を突きつけられましたが
それもまたかえって
燃えるよね、という
捉え方で絶対積極な
親子です。



昨日は家で、塾のお友達と
同じ時刻まで勉強してみよう、
という実験がはじまりました。



普段ならベッドへ行く時間が
すぎても、目をこすりながら
算数を解きまくっていましたが
はじめからこんなに順調に
行くわけもなく、笑。



「もうやだ。やりたくない。
どうせできないよ、こんなの!」
と不貞腐れて寝室に姿を消して
気の済むまで不貞腐れて
再び姿をみせた娘に



お馴染みのコーチングで
娘が本当に望むところは
なんなのか引き出してみると…
「やっぱり前へ進みたい」と。



ならば、進んじゃえば?
なにが障害になってるの??
という話になり



ある質問がきっかけで
本人の固定観念が壊れたようで
表情が一転パッと明るくなったかと
思ったらもう、そこから
ノリノリで算数を解き始めました、笑



小4でもう、固定観念に
縛られているものなんですね。



〜〜〜



わたしが娘に
なんの後ろめたさもなく
「一緒にがんばろう」と言えるのは
目標は違えど私自身も同じく
頑張って達成しようとしている
目標があり、それなりに
行動しているからです。



自分が何も目標も持たず、頑張りもせず、
娘にだけ頑張らせようとしていたとしたら
後ろめたさ以外にも罪悪感とか
自己否定とか渦巻いて
どうでもいい些細なことも
お小言のように口を出して
しまうかもしれません。



おうち起業に感謝。
お客様に感謝。
仲間に感謝。
です。



凹んだときもありましたが
やめずに細々と育て続けて
本当によかったといま、
思っています。



おうち起業通信講座の募集は

メールレター読者様に

限定で行っています。

 







今日もお読みいただきありがとうございました。



飯島裕子

お伝えしたいことが
いつも山のようにあるのに
ここのところてんてこ舞いで
書こうと思った頃には
忘れている飯島です。


さて、


我が家の小4娘が
ようやく重い腰を上げて
中学受験をすることを
決意したようです。



すぐには塾通いは
しませんが、



だいぶ遅れを取っているので
明日10月1日より、
わたくし中学受験ママサポーターへ
転身いたします。



フォローできるのは
得意な算数だけですが、、



あ、おうち起業は
やめません。
やめられません。



おうち起業という
副業(ライフワーク)があるから
本業(子育て)にゆとりが出て
いるわけであって



これをやめたら
ガミガミイライラの
お受験ママまっしぐらに
なってしまいそう。



まずは環境づくりから
はいります。
あたらしいことを
ストレスなくできるためには
小さなルーチンを増やすこと。



迷うと思考は止まります。
その時間がもったいない。
迷わず流れるようにできるように
親がしてあげられることは
たくさんあります。



過去、大学生時代に
わたしが偏差値バク上げ
家庭教師でガッポリ
稼いでいたころに



(すみません、当時は
高給学生であることが
うれしくて品がありませんでした)



生徒にではなくご家庭に
真っ先にアドバイス
させていただいたのが
この環境づくりです。



そして、今はコーチとして
娘の目標設定で
ワクワク大きな希望を
描きながら



目標達成までの
2年間ちょっとを
並走できるのかと思うと



これまでなんとなく
積み重ねてきた
点と点がつながって
線になる日がくるだなぁ、と



スティーブ・ジョブズさんの
境地にちょっと触れたような
気がするのでした、笑。



〜〜〜



子育てという本業を
充実させるために
ライフワークという副業を
育て始めてみませんか?



私の場合、

9月半ばの母の救急搬送や
今後半介護の可能性が
視野にはいるなど
普通だと心が大揺れ
しやすいライフイベントが
ありましたが、



もしも私が
親であり、娘であるという
自分の役割(本業)一本だったと
したら精神的に大打撃を
受けていたところでした。



副業があるから
立て直せるし
大好きなお客様がいるから
頑張れます。



おうち起業を通じて
出会えたおうち起業仲間
たちには本当に
感謝しかありません。



2019年もあと3ヶ月と1日。



そろそろ始めてみようかな、
と思った方は

まずは無料ビデオセミナーから

どうぞ。

 

 

 





〜〜



今日もお読みいただきありがとうございました。



飯島裕子