自分の内側にある感情や想いを

文字として表すことで

自分セラピーになると思って最近始めたブログちゃん照れ

 

 

 

 

書き始めは正直言って

「産みの苦しみ」

みたいなものがあった

 

 

 

陣痛がきてお腹が痛い!

赤ちゃんは産道をとおって

外に出てこようとしている

わたしも早く外に出したい!

 

 

 

 

 

もしくは

 

 

 

 

 

 

すっごい便秘でお腹が痛い!

いよいよ出そうだけど

お腹が痛い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいなデレデレキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで散々

いろんな感情や想いを

溜め込んできたから

 

 

 

 

 

溢れんばかりになって

もう出さずにはいられない

 

 

 

 

 

 

 

 

時が満ちた星

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出したいけど

食べてきたものが

身体の中でごっちゃになって

 

 

 

 

 

キレイな形では

もはや出すことはできない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

なんでもいいから

出てくるものから出しちゃおう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいなキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを書くというのは

 

わたしにとって

体感的にはそんな感じ照れ

 

 

 

 

 

 

 

書き終わった時には

 

 

出したぞーい!!

 

 

 

 

っていう

スッキリ感と

満足感

 

 

 

 

 

なんとも表現しがたい清々しさと

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐちゃぐちゃだったものを

文字にして整列させたことで

 

 

 

 

 

 

 

自分の中に

新たな芯が一本入ったかのような

 

 

 

 

 

 

 

 

パワーが芽生えて

エネルギーを燃やしてくれる感じおねがい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋にいた時は

人口密度が高かった

 

 

街を歩けばそこにいる人と空間を共にして

 

会社に入れば会社の人と

 

子どもが学校に行けば

そこの学校の人と関わることになり

 

 

いわゆる「コミュニティ」に

自分が参加することになる

 

 

 

 

 

 

 

コミュニティって

人が集まる場所のことだけど

 

 

住む場所や

遊びに行く場所

学校や

勤め先の会社なんかは

 

自分で意思をもって

選んでそこに行っている

(自分の意思ではなくて

惰性で行ってる場合や人もいるけど)

 

 

 

 

 

だから

自分が属するコミュニティーでは

価値観が似た人や

何か共通点がある人と出逢ったりする

 

 

 

 

それでもやっぱり

自分の考えとは合わない

人や

組織に出くわすことも多々ある

 

 

 

 

 

 

もっと大きな塊でみていくと

 

 

国としての

人の集合体だったり

 

 

アジア、ヨーロッパ・・・などの

地域としての

人の集合体だったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかっていうと

 

 

 

 

 

 

名古屋にいた時は

結構わたしは辛かったぼけーダウン

 

 

 

 

一言で自分のことを言い表すとしたら

社会不適合者

 

 

学生の時によく友達や父親から言われたのは

変人 

キチガイ

(今では差別用語だけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の頃は

うつ病状態になって

引きこもりを数年やったこともあった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引きこもりの時は

 

 

一言で言うと

 

 

 

スネてた笑い泣き

 

 

 

 

 

 

どうせ誰もわたしのことをわかってくれない

 

 

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

 

スネちゃまでしたニヒヒタラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかっていうと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットが普及して、

さらにスマホが普及してからは

 

 

 

確実に

地域や国の垣根がなくなった

 

 

 

 

 

趣味や考え方など

価値観が合う人達が

簡単に繋がれるようになった

 

 

 

やったー!!!

 

 

バンザーイ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことピンク音符

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娯楽といったらテレビくらいだった時代とか

数少ないチャンネル数から番組を選んで観ていた時なんていうのは

 

 

自分で選んではいるけど

もともと与えられているものは

それを作った人の意思が入ったもので

 

こちらが選んではいるつもりでも

実際は全てコントロールされてる

 

 

 

 

だからわたしはテレビは観ないわけだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホの時代になってからは

 

 

本当の意味で

 

 

自分が観たいものを

自分の意思で選んで観られるようになった

 

 

 

 

 

 

今までは

民営や国営のテレビ局やメディアが

世に流す情報を牛耳っていたけど

 

 

 

 

 

今は

個人が自由に表現する「場」がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタを始めた時もそうだったけど

 

 

 

最近は

 

ブログを始めてから

 

 

 

 

わたしの想いに共感してくれる人が

ブログを読んでくれて

 

 

それで

感想のメッセージを送ってくれたり

 

応援のエールを送ってくれるドキドキドキドキドキドキ

 

 

 

 

 

それがすっごく

嬉しいのだ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと

生きやすい時代が来たアップアップアップ

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じがしてるドキドキ

 

 

 

 

 

 

世界観が違う人には

わざわざ文句を言ったりして

正面から闘う必要もなく

(会社や組織にいた時は大変だったなぁゲロー

 

 

 

ただ単に

もうインスタもブログもfacebookも

観なければいいわけだし

 

簡単に自分でブロックできちゃうから

 

 

 

 

スマホ様の普及のおかげで

本当に生きやすい時代になったと

 

 

 

改めて

ブログを書き始めたことをきっかけに

 

そう思ったドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

わたしと一緒に

英語を話せるようにしたい人や

 

留学したい人などは

 

引きこもり大歓迎アップ

 

 

居たくもいない所に無理していなくていいと思ってる

 

こっちで中学や高校に行けばいいじゃないか

 

こっちで働いちゃえばいいじゃないか

 

 

 

ええじゃないか

 

ええじゃないか

 

 

 

 

 

 

それでええじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

引きこもりじゃなくても

 

いろんな意味で

わたしのブログを読んで

魂の叫びのようなものが出てきた人は

 

直感に従って

 

会いに来てほしい

 

 

 

 

わたしは

世話を焼くのも

お節介するのも

 

趣味じゃないし

できないけど

 

 

 

ただただ

 

空間を共にして

英語に触れて

共通の時間を過ごす

 

 

 

 

 

 

 

easy

 

 

easy

 

 

 

easyにいこうよ

 

 

 

 

 

 

 

イエンキファミリーと過ごすウィニペグ企画

 

 

企画はできてるんだけど

プラットホームができてなくて

オープンまでもう少し時間がかかっちゃいそう

 

 

 

 

あ、

言い忘れたけど

 

子どもが苦手な人は

来ない方がいいチュー

 

 

 

 

 

参加は

 

親子

家族

単身

 

どれでもOKグッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタやfacebookでも

ウィニペグのこと

わたし達のこと

 

動画や写真で見られるよピンクハート

 

 

 

 

星いえまゆのインスタはこちら星  左矢印クリック

 

星facebookはこちら星 左矢印クリック

 

星Line@で友達になるとブログの更新情報など受け取れるよ

@yanke って友達検索で入力してね 左矢印入力

(@を忘れずに)星

 

 

 

 

今日も出したぞーてへぺろ💪

 

 

 

 

 

 

 


 

「このまま行くと、想定内の変わらない人生で、

 生きがいが生まれてこない!」

 

と、思うのであれば、、、、

 

 

ぜひとも、自分自”神”をクリアーに感じるように内観をおこない、

あなたの魂からくる我欲でない欲を感じて、

本当に魂が求めている人生を生きれるように

直観に従うことに挑戦してみるのは如何だろうか?

 

 

もし、あなたも試してみたら、、、

 

 

きっと飛躍した、想像もしなかった

憧れの場所に、あなたもいるかもしれない。

 

 

このロンズーさんのブログを読んで

やっぱりそうだよな! って思った

 

 

直感って

 

 

急に

ふっっっ

 

 

と浮かぶ

 

魂の叫びみたいなものだよね

 

 

 

 

 

頭の中で

 

 

こうやって、

 

こうやって、

 

それからこうして、

 

 

ああして

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

って考えてることって

 

 

 

 

結局は

自分が今までに見たこと、聞いたこと、

やったことなんかを元にして考え出したことだから

 

 

 

 

そのとおりに事が進んだとしても

 

 

 

 

自分の枠から出ることは

絶対ないもんね

 

 

 

 

うずまき

 

 

 

 

 

あーあ

 

 

 

 

そうだ

 

 

そうだ

 

 

 

!

 

 

 

 

自分の頭であれこれ考えてる時って

 

 

 

本当に

小さくまとまってる感覚があるもんなぁ

 

 

 

 

 

 

 

そういえば

 

わたしがカナダに移住してきたきっかけも

直感だったなぁ

 

 

 

 

6年前に母を亡くして

83歳の父はひとりになった

 

 

 

 

わたしは

 

 

いつかはカナダに移住しようとは決めていたけど

 

父親が健在のうちは

日本にいようと

 

なんとなく自分の中で決めていた

 

 

 

 

 

でもある日

 

 

いきなり

 

 

 

どうして日本にいなくちゃいけないの?

わたしにはわたしの人生がある

 

わたしがわたしの人生を自分らしく生きることは

わたしの幸せだ!

 

自分のために生きることは

父のために生きることでもある

 

 

 

 

 

 

いきなり

そんなことを思ったんだ

 

 

 

 

 

 

頭で理屈を考えれば

その直感たるものを

打ち消す要素は山ほどあった

 

 

 

 

年老いた父

 

独り暮らしの父

 

大好きな父

 

たった1人のわたしの肉親

 

そばにいたい

 

英会話スクールだって

わたし達 経営してるし

 

 

 

 

 

考え出したら

 

そんな生活を全て畳んで

家族4人で海を渡るのは怖かった

 

 

 

 

 

 

でも

やっぱり

 

 

直感に従った

 

 

 

 

 

 

それで

 

今は

 

 

 

カナダに来て

本当に良かったと

心から思っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

ここにきて

 

 

日本で売却したマンションのお金を

父親に持っていかれ

 

 

 

 

 

 

怒りと驚きと

憤りと憎しみと

 

 

 

 

それはそれは

 

いろんな

いろんな感情に埋もれまくり

 

 

 

 

 

我を忘れて

 

 

随分と長い間

 

あーだこーだと

頭で目まぐるしいほどに

考えまくっていたもやもやくるくる

 

 

 

 

 

 

 

「カナダに行ったら大きな庭がある真っ白な家を買おうね」

 

 

 

 

なんて

意気揚々と子どもたちと話をしていて

 

 

 

 

 

カナダに来てからも

ずっと物件探しをしていたのに

 

 

 

 

 

 

 

 

資金がない

 

貯金もない

 

見通しもない

 

 

 

 

 

 

 

子どもの友達や

 

その家族や

 

わたしの友達や

 

いろんな人を呼べる

 

人が集まる家がどうしても欲しい

 

 

 

 

 

 

 

どうやったら

そんな家が手に入るのか

 

あーだこーだと考えてばかりいた

 

 

 

 

 

 

 

ステキな家を手に入れる話なのに

 

あれこれ考えてても

 

全然楽しくもないし

 

嬉しくもないし

 

まったくテンション上がらないダウン

 

 

 

 

 

 

だからもう

 

「どうやったら」 って

 

考えるのはやめよう!!

 

 

 

 

そう腹に決めたところだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからロンズーさんの言ってることが

身に沁みる

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれがやりたい」

 

とか

 

「これが気になる」

 

とか

 

 

 

 

 

ふと思ったことだけ

 

全部やっていこうと

改めて今また決めたのだアップアップアップ

 

 

 

 

 

 

そしたらきっと

 

想像もしなかったような世界に

いけちゃうんだろうなドキドキドキドキドキドキ

 

 

 

 

 

 

なんだか

 

 

心が軽くなって

血が騒ぎ出したぞい爆  笑!!

 

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

 

わたしを受け入れてくれたカナダが

 

とにかく大好きだー!!!!

 

 

 

 

シンプルで

フトコロがあったかい

 

このウィニペグが大好きだー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

多くの人に

このウィニペグの魅力を

伝えたいなって思うドキドキ

 

 

 

 

初めてわたしが

ウィニペグって聞いたときは

 

それって どこどこ!!??

 

 

って思ったよ

 

 

 

 

 

          アップ

        ここだよー照れ

       カナダのど真ん中星

 

 

 

ここウィニペグで

イエンキファミリーと過ごす

英語生活音譜

 

それを

日本のみんなに提供しながら

ウィニペグを体験してもらえたら

 

すっごく嬉しいし

 

たっのしーなー爆  笑アップ

 

 

 

 

 

 

ウィニペグの様子は

インスタからも少し観れるよ照れ音譜

 

これがわたしのインスタキラキラキラキラキラキラ

 

ぜひ観てみてねピンクハート

 

 

 

 

 

たった一度の人生だもん

自分が思ったとおりにやってみよっ照れ音符

 

子どもの教育は

母親の教育ありきビックリマーク

 

子どもの英語教育は

教師の英語教育ありきビックリマーク

 

だと私は思っている

 

 

 

 

子どもはとても純粋で

全身全霊が感覚器

 

刺激を受けまくりで

 

吸収力はスポンジみたいで

 

 

自分の意思で選ぶことなく

触れてしまった液体は

なんでも吸い取ってしまう

 

 

 

 

だから

 

幼いうちは

近くにいる大人の

価値観や基準を

ごく自然に自分の中に取り込んでいく

 

 

 

大人になれば

 

 

 

教養さえあれば

 

 

 

自分と向き合って

自分で自己修正することができるけど

 

 

 

それさえ気がつかないで

 

幼い頃に

自分の意思とは関係なく

 

偶然取り込んでしまった他人の価値観を

 

あたかも自分自身のものだと思い込んだまま

長い間生き続けてしまう人も沢山いる

 

 

 

 

“英語に自信がない日本人をなくしたい!”

“子ども達にきれいな英語を身につけてほしい!”

 

 

私はそう思っている

 

(過去の自分が手に入れたかったのが、

「自信」と「キレイな英語」だったから)

 

 

 

 

 

子どものうちに

環境さえ与えることができれば

とても簡単にそれができてしまうと思っている

 

 

 

 

 

「簡単」っていうのは

 

無意識に身についてしまったクセを

大人になってから意識的に変えることに比べると

簡単だっていうことだよ

 

 

 

 

それに

自信がないこと自体は

私は悪いことだとは思っていない

 

なぜなら

自信がないからこそ

それを克服したくて

頑張る原動力になるから

 

 

 

 

でも

ここで私が言ってる

 

「英語に対する自信のなさ」

 

 

っていうのは

 

 

不必要に

学校教育によって植え付けられてしまったものだ

 

と思うから

 

 

 

 

 

 

だから

 

そのことに気がついて

払拭してもらいたいと思っている

 

 

英語が話せるようになりたいって

思ってるのに

 

この概念があると

上達のじゃまをするから!

 

 

 

 

 

 

 

日本の学校教育は

暗記力をテストして

マル、バツをつけて採点する

 

 

英語教育は

文法ありきだから

文法があってるかどうかで

マル、バツをつけられてしまう

 

 

だから

 

 

 

 

 

マル、バツ

 

 

 

 

 

 

あってる、間違ってる

 

 

 

 

 

 

 

っていう評価をくだされることに

恐れを抱いて

 

恐縮してしまう

 

 

 

 

 

 

 

そのクセが抜けなくて

 

 

 

 

 

 

社会に出てからも

 

 

あってる、間違ってる

 

 

 

 

いい、わるい

 

 

 

 

 

という基準でしか

人や物事を判断できなくなっていたり

 

 

 

 

 

自分が

人から評価されることを恐れて

 

 

あってるのか

間違ってるのか

 

 

答えがない事柄に対して

自分がどう感じるのか

 

 

自信がなくて

自分を隠してうわべだけで渡り歩く

 

 

 

 

自信がないということは

 

自分が感じる感情や

自分が思うこと

自分が考えること

 

そういったことを

信じられない

 

 

という状態のことだと私は思っている

 

 

 

 

 

 

要は

自分で自分のことが信じられないのだ

 

 

 

 

 

自分の中に

確固たる自分の指標がないのだ

 

 

 

指標があるのは

自分の中じゃなくて

 

いつも

他人の中

 

 

それって

自分を自分らしく生きていないってことで

 

 

 

悲しすぎるし

 

苦しすぎる

 

 

って思う

 

 

 

 

 

 

 

先日

知人の子どもの暗記英語をきいてぞっとした

 

 

 

 

 

やばいと思ったガーンガーンガーンDASH!

 

 

 

 

 

まだ

たったの7歳だというのに

 

やばすぎるガーンあせる

 

 

 

 

 

英会話を始めて半年らしい

 

トイレには

暗記用のプリントが沢山貼り付けられている

 

 

英文と

その下には変な日本語訳

 

 

 

その7歳の女の子は3人兄弟の末っ子

 

その子の母親いわく

 

その子が3人の中では一番発音がキレイだということ

 

 

 

 

聴かせて!

 

ってお願いしてみると

 

 

 

いきなり

 

暗記した英文を

いくつもいくつも

次から次へと切れ間なく

念仏のように唱え始めた

 

 

 

普段からそういうふうに暗記して

暗唱しているから

そういうふうにしか

もう話せなくなっている

 

 

英語ならではの

強弱のアクセントや

リズムが

 

全くない

 

 

 

恐ろしいほどの日本語英語

 

 

 

 

しかも

自分が言っている文章の内容が

どれほど理解できているのか

 

どれほど

現実世界として

自分の世界に取り込めているのか

 

 

 

きっと

そういったポイントにはスポットライトをあてていないと思う

 

全く見えていない

 

 

 

 

 

そんなことより

まず

 

英語の先生に覚えろって言われるし

 

 

 

お母さんにもやれって言われるし

 

 

 

まだ7歳の彼女は

言われるがままにやっているんだと思う

 

 

 

 

小さい頃から

自然じゃない英語を

自分の意思とは関係なく

選択肢もなくやらされて

 

 

可哀想だし 

 

おぞましいと思ったゲロー

 

 

 

わるいけど

 

 

心の底から

 

 

 

気持ち悪いと思ってしまった🤮ダウン

 

 

 

 

 

 

親がいいと思ったものをやらされてしまう子ども

 

 

やっぱり環境大事

 

 

 

 

幼い時は

暗記なんていらないと

 

必要ないと

私は思っている

 

 

 

ロボットじゃないんだから

 

 

 

 

 

そもそも

英語って

言語だよね

 

 

言語って

人と人が意思を伝えたり

表現したりする時に使うものだよね

 

 

コミュニケーションの道具だよね

 

 

 

 

だったら

そんな気持ち悪い英語🤮を

やるとかやらないとかよりも

 

 

 

自分を表現するってどういうことか

 

自分の気持ちや考えがどういうものなのか

 

 

 

自分とひと

自分と社会

 

 

 

そういった関わりを経験することの方が

よっぽど大事だと思えて仕方ない

 

 

だからこそ

 

どうやったら自分の意思や要求を

周りの人に気持ちよく伝えられて

わかってもらえるのかを

 

自ら考えるようになる

 

 

 

 

 

世界には

 

日本語以外にも

 

他の言語があることや

 

 

 

肌の色や

目の色が

 

違う人種の人たちが

 

この地球に存在することを

 

体験として知ることの方が

よっぽど大事だと思えて仕方ない

 

 

 

 

 

 

だからこそ

他の言語や文化に興味が湧いて

 

もっと知りたいと

 

 

自ら奮い立って

行動を起こす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから私は

子どもから要求されるまでは

習い事には行かせていない

 

 

 

 

例えば

水泳だって

 

 

水泳教室に通うことよりも

 

水に慣れて

水に親しむことが先だと思っている

 

 

 

私は

水はどっちかというと嫌いだけど

 

 

7歳の長女は水が大好き

 

 

お風呂の中でも

水中眼鏡をはめて潜っている

 

 

 

プールに行きたいと

しょっちゅうせがまれるから

 

いやいやだけど

「よし!行こう!」と言って

プールに連れていくと

 

 

実に伸びやかに

水に体を浮かせたり

漂わせたりして

 

 

全身で水を楽しんで

一体化しているように見える

 

 

 

 

そのうち

 

こちらから教えたわけでもないけど

 

シンクロのようなことをやり始めたり

 

 

バサロのような泳ぎをし始めたりして

 

 

 

 

段々と

人魚のように見えてくる

 

 

 

 

 

ついこの前

「どうやったら速く泳げるか教えて」

 

って娘が聞いてきた

 

 

 

だからクロールのやり方と

息継ぎの仕方を教えた

 

 

 

 

そしたら

あっという間に

 

足をつかずに100メートル泳げるように

なってしまった

 

 

 

 

私はこれでいいと思っている

 

 

 

 

自分が小学生の時に

気がついたら水泳教室に通っていて

 

すごくつまらなくて

寒くて

 

なんでこんなことをやっているんだろうって

 

 

嫌で嫌で仕方がなかったことを思い出す

 

 

 

 

 

 

カナダに来て

私が心穏やかでいられるのは

 

 

そういう気持ちの悪い状況に置かれている

かわいそうな子どもたちや

 

すっかり何かに取り憑かれているかのように

子どもに教育を押し付けている親を

 

目のあたりにすることがないからだ

 

 

 

もう一つ言っとくと

 

 

自分に対して劣等感が強い親ほど

子どもに教育を押し付けていると思う

 

 

 

 

だったら

子どもにやらせるんじゃなっくて

 

自分がやったらいいのに

 

 

 

って

 

そう思う

 

 

 

その方が

よっぽど子どもはよく育つんじゃないかって

 

 

 

 

「教育」は

子どもに教えて育てるものじゃなくて

 

親がもう一度 子どもと共に育つからこそ

子どもを育てることができる

「共育」だと私は思う

 

 

 

私たちイエンキ家は

 

カナダでのんびりやってるから

ぜひ会いに来てほしい

 

 

 

この広い大地と

大空に触れたら

 

なんでもOK!

 

 

って思えるから

 

 

 

 

憑き物が取れるかもしれないよデレデレラブラブ

 

 

 

 

 

 

"イエンキファミリーに会いに行こう企画"

計画中てへぺろ

 

 

 

もうすぐお知らせするね〜照れアップ