インテリアコーディネーターのmayukoです。

★主に個人宅やサロン、民泊施設のインテリアコーディネートサービスを行っています。

 

★初めましての方は、こちらをどうぞ♪


ーーーーーーーーーーーーーーー 


代々木にある名古屋モザイク工業のショールームへ行ってきました。




B1F〜2Fまで3フロアに渡って豊富な種類が揃っています。






輸入タイルの色の美しさとデザイン力に圧倒され、大判タイルからモザイクタイルまで、

質感も種類も豊富で見ているだけで楽しくなる空間でした。




壁にタイルを貼ると、どんなメリットが得られるでしょうか?

例えば

・デザイン性が高い

・色褪せない

・傷がつきにくい

・拭き掃除がしやすい

・湿気に強い

などがあります。


壁紙と違って油汚れが跳ねても染みこむことがないため、キッチンなど汚れやすい場所に使うと掃除が一段と楽になる利点があります。

壁全体を同じ模様のタイルで彩るだけではなく、複数の色や形を組み合わせて華やかな印象にしたり、使うタイルの色や模様と貼り付け方の組み合わせをすることもできます。

内装のアクセントにもなり、選ぶタイルによってはデザインの幅が広がりますね。




こちらは名古屋モザイクの大人気モザイクタイル、「コラベル」。


モロッカンスタイルな空間になり一気にオシャレ感が増すこのタイル。
好きな色みでランダムに貼ることもできます。





魚の鱗のような扇形タイル。
色みによって和っぽい雰囲気も出せますね。

個人的にこちらのイタリアの輸入タイル「ルッチカンテ」は海のようなブルーと質感がとても好きです。


これを細長いボーダーにして無地のタイルと組み合わせたら…とても素敵。




また、気に入ったタイルを額装して飾るとそれだけで素敵なアートになります。


ショールームの階段の壁には
このようにタイルを額装してたくさん飾ってありましたよ。









さまざまな表情を持つタイルは空間に変化をもたらす無限の可能性を秘めていますね!


実際の質感や色合いは、サンプルや展示品を手で触って確認することをお勧めします^^




 

インテリアコーディネートのお申込み・ご依頼はこちらで承っております/


お申込はこちらをクリック


詳しいサービスのご案内はこちらをご覧ください





▽     ▽     ▽     ▽     ▽     ▽    ▽    ▽


◉Instegramに事例やインテリア記事をアップしています→Instagram


△     △     △     △     △     △    △    △




インテリアコーディネーターのmayukoです。

★主に個人宅やサロン、民泊施設のインテリアコーディネートサービスを行っています。

 

★初めましての方は、こちらをどうぞ♪


ーーーーーーーーーーーーーーー 




先日、サァラ麻布さんに家具見学へ行ってきました。




サァラ麻布は世界各国から一流の家具を厳選して取り扱う高級家具ショップです。

ホワイトハウス御用達の家具ブランドも扱っていらっしゃいます。




歴史に育まれ文化を刻みながら完成された伝統的な家具や、現代の職人達の手に受け継がれた技術で再現された家具。


六本木という場所柄、

外国人住宅向けの大きめサイズの家具が多くなかなか日本の住宅には取り入れづらいものもありますが、


広い館内の家具の展示はクラシックがベースですから、なかなか日本のインテリアショップでは見られない欧米のクラシックなインテリアの設えを体感できます。




チェアや小物、アートなど日本のお宅にもご提案できるものがあるな、と思いましたし、

アートは素敵なものが沢山で、意外とお手頃の価格設定で驚きました。







しかも3月までセール中でお目当てのものがある方にはラッキーですよ♪








クラシックな設えの空間は、インテリアの基本セオリーを学べるとてもいい機会です。



「モダンなインテリアしか知らないとクラシックなインテリアはできないけど、クラシックを知っているとモダンにすることができる」


私が尊敬するインテリアデザイナーの方の教えです。



色合いや家具の好みは人それぞれだけど、

配置や考え方の基本は実は根底は同じところにあったりします。



例えば、


●空間に足を踏み入れた時の第一印象を決める見せ場があること



ソファやダイニングチェアに座ったときに見える眺めが美しいこと



●アートの配し方



…など、抑えるべきポイントは沢山。



高級ホテルなどの美しいインテリア空間には

ほぼ共通する"セオリー"があるのです。



基本の設えも知識として頭に入っていて、

そのうえで自分なりのアイデアやクライアントさんの個性を引き出せるICを目指したいと思いました。




そして、家具は「塗装」が大事で

良い家具とは何重にも重ねて塗装が施されており、下に塗った色がうっすら見えることで重厚感が増すそうです。




家具の取っ手の金具や

塗装の色のサンプルもずらりとありましたよ。




こちらは、ホワイトハウスでオバマ大統領も座ったという椅子。



この色遣いに光沢のある張地!高貴な印象があります。

私も座ってみましたがとても座り心地が良かったです^_^




色々な空間を訪れて審美眼を磨くことはインテリアのセンスを養うことにも繋がります。


色々な場所を訪れて、自分が好きだなと思う内装やインテリアや心地いいと思う空間を意識してみるとそれに共通項が見つかったりします。


またそれが、自分の好きなものやスタイルを見つける方法の1つにもなっていくと思います^ ^





インテリアコーディネートのお申込み・ご依頼はこちらで承っております/


お申込はこちらをクリック


詳しいサービスのご案内はこちらをご覧ください





▽     ▽     ▽     ▽     ▽     ▽    ▽    ▽


◉Instegramに事例やインテリア記事をアップしています→Instagram


△     △     △     △     △     △    △    △




インテリアコーディネーターのmayukoです。

★主に個人宅やサロン、民泊施設のインテリアコーディネートサービスを行っています。

 

★初めましての方は、こちらをどうぞ♪


ーーーーーーーーーーーーーーー 




昨日は講談社ホールにて行われた、行正り香さんのインテリアセミナーに参加してきました。



一昨年、ある講演会でゲスト登壇をされていたことがきっかけで行正さんのファンになりました。



行正さんは子育て、英語、インテリア、料理と幅広い分野でご活躍されています。


り香さんの料理本もとても参考になるレシピばかりで、私も何冊も持っています。

昨年のクリスマスチキンはりかさんのレシピで作ったのが家族に大好評でした^^



行正さんのセミナーは毎回すぐに満席になってしまうそうで、昨日の講演会にも沢山の女性が駆けつけていました。



セミナーの中で、


インテリアは「理想のスタイルを決めること、そしてリサーチありき」


「玄関に“美しい”と思えないものは入れない」


と仰っていたのが一番響きました。



なかなか日々忙しくて、家の中のことや自分と向き合う時間がなくやり過ごしてしまいますが、

自分の"好き”に敏感になってみて、

どんな空間が過ごしたい家なのかを考えてみることって大切ですよね。

好きを集めていると、スタイルもおのずと決まってくるのだと思います。


り香さんは、自分が何が好きか考える時、それは内装・インテリアだけでなく環境もそうだと仰っていました。


なんなら物件探しが一番影響するのだとも!


それはどんな街に住んで、どんな建物で、どんな借景(しゃっけい)なのか。

それによって生活スタイル=空間のスタイルは全然違うものになるとお話されていて、なるほどと思いました。


もし興味のある方は行正り香さんのインテリアの新刊本の中で “物件選びのポイント10” という章も書かれていますので見てみてくださいね。



そして【リサーチ】の大事さ。


例えば高級なホテルや旅館、レストランなど素敵な空間に足を踏み入れたときに

「あっ 素敵だな♡」と思えた空間があったなら、



その空間の何が心地良いと感じるかを、目で見て、触って、五感で感じて発見する

家具、調度品、ライティング、音楽……様々な要素がありますね。

                                   ↓


発見したら、自分の中で分解して落とし込む


                                   ↓


どこかで感動したら、家に帰ってすぐやってみる!

   


すぐにやる。意外とこれ大事なポイントだと思いました。


私もどこかで素敵な空間を見て写真に撮ったりしても、撮ったことで満足して再現に至らないことは多々あるのですよね…


高級ホテルのしつらえだから無理、とか

そんな高価な調度品は持っていないから到底真似できないとか思わずに、

プチプラでも他のもので置き換えてみる。


最初はできる範囲で手の届くところからで。

いいイメージは頭の中にずっとあると思うので、何年かかけて理想の家具だったり絵画だったりを探していけば良いんですよ、と仰っていました^^


私も審美眼を養うため、

美術館を巡ったり素敵な空間を訪れたりと、もっと足を使って学んでいきたいと思いました!



あ、毎年恒例のテーブルウェアフェスティバルも今日から始まりましたね!

時間を見つけて行きたいです。



#行正り香 #講談社 #新刊 #インテリア #セミナー #テーブルコーディネート #テーブルウェアフェスティバル



インテリアコーディネートのお申込み・ご依頼はこちらで承っております/


お申込はこちらをクリック


詳しいサービスのご案内はこちらをご覧ください





▽     ▽     ▽     ▽     ▽     ▽    ▽    ▽

◉Instegramに事例をアップしています→Instagram

◉日々の暮らしやライフスタイルはこちら→

Instagram


△     △     △     △     △     △    △    △