カナダ留学・ワーホリ・バンクーバー留学支援のカナダ留学サポート

カナダ留学・ワーホリ・バンクーバー留学支援のカナダ留学サポート

カナダ留学・バンクーバー留学専門の現地留学サポート会社です。半年~1年の休学留学、社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学をビザ申請代行、学校選び、留学準備から現地生活サポートを最新の情報と的確なアドバイスでベテラン留学エージェントがお手伝い!。

NEW !
テーマ:
この投稿をInstagramで見る

昨年の秋に、アメリカで、オンライン投票の末、発売されました。 - マヨチャップです。 - マヨネーズと、ケチャップを合わせたものです。 - カナダでは、今月5月6日より限定発売です。 - Limited Edition、限定版と書いています。 - 売り切れ次第、終了です。 - 色々と試したであろう、お客様からの感想文です。 ----- 偶然発見したi Canadaさんのサイトからこうして1年間以上にわたりサポートして頂いて今、思うことはモモコさんに頼んでよかったなということ。 - カナダに来る前もそうですが、カナダに来てからのサポートのほうが、やはり私にとってはとても感謝しています。 - 普段英語でしゃべっている分、icanadaさんに来て日本語でペラペラとたわいもない話から、相談事まで気づいたらもうこんな時間ってことも沢山ありましたね。 - この時間が私にとってはやすらぎだったし、きっと留学している人にとってこういう時間はほっとできる瞬間だと思います。 - 帰国ギリギリになって、ある仕事のインタービューを受けさせてもらえることになり、私はかなり悩みました。 - 残るか帰国するか。 - そんな時も、ビザの件、カナダで仕事をするという事について、金銭的な問題、エージェントさんというよりは、いちアドバイザーとして真剣に話を聞いていただきました。 - 今、留学を考えている方には、是非オススメしたいですね、モモコさんという頼りになるアドバイザーがカナダにいるということを。 - この出会いにとてもとても感謝です。 - 芦田理佳様、30歳、兵庫県出身 ----- #カナダ留学 #ワーホリカナダ #バンクーバー留学 #mayochup #heinz #heinzketchup #lsivancouver

アイ・カナダ留学サポート🇨🇦さん(@icanada2010)がシェアした投稿 -



カナダ留学で、安心して勉強に集中する事ができます。



カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート
カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート
菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時-18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8
HP:https://icanada.jp/
アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。

● バンクーバー専門留学では、手に職の、エステの勉強と、英語の更なる向上が、同時に、できます。

こんにちは、菊池百子です。

あなたは、英語で、エステティシャンになる、勉強が、できます。

カナダ人のクラスメートに囲まれ、楽しく授業を、受けます。


フェイシャル、ボディケア、ネイルと、大きく3つの分野を学びます。習うことが、沢山あり、約1年間のコースで、アルバイトもできます。

入学時に、ある程度の英語力が、必要ですが、ちゃんと卒業できます。

picture 36

知識と理論を理解し、実技、実習を、組み合わせた、授業です。

フェイシャルでは、概論、準備や、マッサージの手順を、理解します。


肌診断の為に、皮膚の組織や、生理学の授業が、あります。トラブル肌への対処や、製品知識、器具の使い方も、覚えます。

クレンジングから始まる手順、デコルテや顔のマッサージも大切です。

首から下の、デコルテから足先の手入れの勉強が、ボディです。

手技の技術、機械の使い方、腕、お腹などの部分ケアも、学びます。


マッサージも、足に特化した、リフレクソロジーにも、触れます。リラックスと、効果を高めるために、アロマの知識も、得ます。

脱毛や、痩身、整形など、覚えることは、多岐に、わたります。

ニューイメージという学校の、授業中の、ひとコマ、です。



エステのコースには、爪のマニキュアと、ペディキュアも、含みます。

仕事の探し方や、自分で行うサロン経営についても、参考になります。


学校のサロンで、実際のお客様に、来て頂いて、施術を行います。接客や、使った製品の説明、商品の進め方など、役に立ちます。

マーケティングの調査なども、カナダの傾向がわかり、面白いです。

スタート日も含め、1週間の授業予定が、何パターンか、あります。

インターンシップをつけて、約2年のコースも、あります。


金額は、1ドル90円換算で書きます。2019年度の授業料です。

JCIは、19510.65ドルで、約176万円です。

JCIは、John Canasablankas Institute、の略です。ジョン・カサブランカ・インスティテュートです。

New Image Collegeは、16750ドルで、約151万円です。ニューイメージカレッジ、です。

Blanche Macdonaldは、24164ドルで、約217万円です。ブランチマクドナルドです。

インターンシップを付けた場合、1750ドル-3000ドル、です。約16万円-27万円です。

カナダ留学では、楽しく学校に通う事ができます。



カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート
カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート
菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時-18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8
HP:https://icanada.jp/
アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。
● バンクーバーでは困ったら、ももこさんに会いに行ったり、メールで聞いて、ほぼ、お世話になりました。

こんにちは、菊池百子です。

あなたは、留学先のバンクーバーで、しっかりサポートがあります。

カナダ留学では、初めての事ばかりで、不安ですが大丈夫です。


自分で、なんとか解決しようと調べたりすることも、大切ですね。どうしても、わからなかったり、アドバイスが欲しい時もあります。

現地留学エージェントを選んで、本当に良かったと思いますよ。

picture 24

カナダのバンクーバー留学の案内が、大得意で、とても詳しいです。

圧倒的な、情報量は、バンクーバーにいるからこそ、です。


学校の様子も、すぐに見に行けて、最新の様子が伝えられます。生活情報も、今の現地生活の相場や、物価を踏まえての案内です。

現在の豊富な情報で、カナダのバンクーバー留学案内をします。

2012年の、インタビューを書き直しました。物価も、今より安いですが、仕事のことなど参考になります。

<カナダに来たきっかけについて>

・山口様と、お会いしてから、もう1年が経ちます。

早い、ほんとに早いです。

他の留学会社を使って、カナダにワーキングホリデーで来たのが、2010年10月2日でした。

i Canadaさんのブログを後から見つけました。学校が始まって、2日目には、i Canadaの、オフィスに遊びに行っていました。

・ブログで、コメントを頂いたりしましたね。ありがとうございました。どうして、カナダにワーキングホリデーで来ようと思ったのですか。

どうして、でしょう、、、。

周りの友達や知り合い、親戚にも海外に行ったとか、行っている人は、全然いません。

親戚で一人、オーストラリアにワーキングホリデーに行った人はいるのですが、そんなに親しくもなく、話を聞くという訳でも、ありませんでした。

・ご家族の方は、驚いたのではないですか?

そうですね。

父には結構ぎりぎりまで言っていませんでした。

母が、そんなに驚いていなかったのは、私が「カナダに行きたい、行きたい。」と常日頃、言っていたから、かもしれません。

日本では勉強しないから、英語を勉強しようかなと思ったのが、きっかけです。

私の中で、留学=海外の大学へ行ったりすること、でした。それで留学は予算的に無理かな、と思っていました。

ワーキングホリデーなら働けるし、学校も行けるから、と思いました。

修学旅行が、10日間の、カナダでのホームステイでした。

これが楽しくて楽しくて帰る時は、帰りたくない!って大泣きしました。

この時の思い出が、ずっと残っていたから、だと思います。

高校を卒業したらいつか、と思っていました。

<カナダ留学費用について>

・高校卒業後に働いて、お金を貯めて、23歳の時に、カナダへ、いらしたのですね。

そうです。

自分で、150万円貯めてきた、お金でした。

日本にある留学会社で申し込みました。サポート料も払い、航空チケット代、ホームステイ1ヵ月分、学校1ヵ月分等です。

カナダに来てから、とてもじゃないけど、学校1ヶ月では足りず、あと1ヶ月延ばしました。

カナダ、バンクーバー滞在2ヶ月にして、残りは、40万円しかありませんでした。

・それは心細いですね。1ヵ月どれ位で過ごされたのですか。

700ドルです。

・かなり節約生活でしたね。昨今のバンクーバーの物価では、やりくりが大変だったと思います。

家賃が440ドル、定期代が81ドル、その他179ドルで、合計700ドルです。

・家賃440ドルも安いですね。キツラノという、人気エリアに、お住まいでした。

最初に通った学校の先生が、キツラノって良い所だよと教えてくれました。キツラノ周辺で探すと、家賃の相場が高かったです。

もうだめだ、ない、と思った時に、日系の新聞で見つけました。

一軒家で大家さんは日本人ですが、一緒に住んでいません。2階、3階は、カナダ人に貸しています。

私が住んでいる1階は、台所、お風呂、トイレが共同です。日本人女子限定で、3人で住んでいます。

・その他の179ドルというのは何ですか。

主に食費です。外食は、ほとんどした事がないです。

<ワーホリ中の仕事について>

見つけた仕事が、子供の面倒をみるナニー、ベビーシッターでした。食事も賄いつきで、随分と助かりました。

日本にいた時から、留学資金を貯める為に、お小遣い帳をつけていました。バンクーバーに来てからも続けていました。

英語の練習も兼ねて、と思って英語で書いていました。

・ナニ―、ベビーシッターの仕事について、お聞かせ頂けますか。

インターネットで見つけて、2011年2月から始めました。

ママさんは、2世の日系カナダ人で日本語、英語が話せます。パパさんは、カナダ人です。

3歳と1歳の女の子達の面倒を見ます。昼間のフルタイム、掃除、食事を作る、子供たちの面倒をみる等しました。

働き始めた当初は、ママさんが求職中でした。ママさんの仕事が見つかった事を考えて私が雇われました。

中々、ママさんの仕事が決まらず、そうなると私のナニ―の仕事も減る訳です。

週に1回だと、私の生活が持ちません。

ただ子供達が、あまりにも可愛くて辞める気に、どうしてもなれませんでした。もう一つ、ベビーシッターの仕事を探すことにしました。

2つ目の家庭は、日本からの移民の、ご夫婦でした。

共働きのご夫婦で夕方からのパートタイムで3歳の女の子の面倒を見るだけです。

こちらは食事などは作らなくてもよく、逆に、いつも夕飯を用意してくれていました。

最初の、ご家庭のママさんも仕事が見つかり、夏頃には、双方の子供達の面倒を、ほぼ毎日みていて大忙しでした。

沢山働けた時は、ひと月に併せて、1600ドル位もらえました。

私は、どちらの、ご家庭とも、最低賃金からのスタートでした。

面接の時に言われたのが、ベビーシッターの経験がないこと、看護師さんか保育師さんだと、お給料が高くなるんだけれど、と言われました。

でも少しずつ、お給料上げて貰えました。

辞める時には、最初の、ご家庭のパパさんから、ナニービザ、live in Care giverをサポートするから働かないか、と言われました。

ナニービザを取得するには、私の場合学校に通わなくてなりません。ママさんも、それは景子が、やりたいこととは違うからと、パパさんに言ってくれました。

そんな風に言ってもらえた事は、うれしかったです。

・ベビーシッターという仕事をして面白かった事は、ありますか。

カナダ流、日本流の子供の育て方を見れたことは面白かったです。

どちらの家庭の子供達にも私は、日本語で接していました。

これは、もちろん親の方針もあります。

2つ目の家庭の女の子は日本語でしたし、育て方も日本流です。

1つ目の家庭の方は、英語で子供達から返事が返ってきます。そして育て方は、カナダ流です。

どちらが良い悪いとかではなく、違うなあと思いました。

例えば、夜、子供が眠れず、ぐずったりした時です。日本では子供が寝付くまで背中を、とんとんしてあげるのは、普通だと思います。

それがカナダでは、too much、トゥーマッチ、やりすぎ、と言われます。

1人で眠れるようにしなさい、と言われます。

そのくせ、hug、ハグ、抱きしめてあげることは、ものすごくしますよね(笑)。

もうひとつ、面白かった事ではないです。料理が、できる様になりました。

日本では全く料理が、できませんでした。仕事としてしなくてはいけないし、自炊もしなくてはいけませんでした。

カレー、温野菜、手作りマーボー豆腐、餃子等を作りました。

子供の世話ができるので、オーブン料理が多かったです。焼き上がる迄は、子供の面倒をみる事ができます。

・ワーキングホリデービザで、ナニーの、お仕事をされる場合です。

ワーキングホリデービザ申請の際に健康診断等を受けていない場合、指定の病院にて健康診断を受ける必要があります。

診断書をカナダ移民局に提示して、ビザの記載内容を変更する手続きを行います。

詳しくは、カナダ移民局に直接問い合わせをして下さい。フリーダイヤルは、1-888-242-2100、です。

<ワーキングホリデー終了後>

・今は、ワーキングホリデー期間が終わりました。ビザの切り替え延長を、お手伝いさせて頂きました。

留学の期間を延ばそうと、どうして思われたのですか。

英語です。このままでは、日本に帰れないと思ったからです。

Ableの説明会に参加して、絶対通いたいと思いました。

私は、何も資格を持っていません。日本での就職活動で何かアピールできるものが欲しいと思っていました。それで、TOEICを勉強したいと思いました。

Ableは、何よりも日本語で質問ができます。英語がうまくしゃべれないのに、自分のわからないことを英語で聞くというのも大変です。

最初の学校で思ったのですが、2ヶ月は英語の勉強をするには短かったです。

習った単語で文を作り先生に添削してもらったりしました。楽しかったし、友達もできたし、しゃべることもにも慣れました。

でも、まだまだだなあと後悔が残りました。

それで、Ableでは、じっくりと勉強したくて、13週間、3ヵ月と1週間を申し込みました。

目標点は、800点です。点数も大切ですが、使える英語を身につけられるからAbleにしました。

・1番辛かったことは何ですか。

仕事が見つからなかったことです。

高校を卒業して働き出してから、自宅通いでした。家に、お金を入れていませんでした。

周りの友達は、きちんと家に、お金を入れているのに、私は、その分を留学資金として、5万円ずつ貯めていました。

そんな風に自分勝手をして、カナダに来て、3ヶ月目にして日本に帰らなくてはいけないかも、と思った時は辛かったです。

カナダでは普通のことですが、レジュメ、履歴書を渡しても何の連絡もないというのも、へこみました。私、日本では、いつも面接まで行けるんですよ(笑)。

・逆に、1番楽しかったことは何ですか。

これが、また面白いことに、仕事でした。

ストレスが全く、ありませんでした。

ベビーシッターの経験がなくても出来たのは、カナダだったからですし、日本では、できなかったと思います。

そして、カナダの生活を見ることが、できました。

・山口様の場合、仕事中心のワーホリ生活ですが、留学を経験して良かったと思いますか。

留学を経験して、良かったです。

私は他の人と比べたら旅行などには行っていないかもしれません。

ビクトリア、ウィスラー、ソルトスプリングアイランド、アメリカのフロリダのディズニーワールド位にしか行っていませんが、留学して良かったです。

自分が、どれだけ甘えた生活をしてきたのか、家事や生活全般のことを思いました。

そして家族や友達の、ありがたみが身に染みてわかりました。

最初に2ヶ月通った学校が終わり、仕事が見つかるまで1ヶ月程かかりました。その時に援助をしてくれたのは、母でした。

私は、3姉妹の末っ子で母が、「お姉ちゃん達は、あなたより上の歳でも、お金もらったりしていたから、あなたも甘えていいのよ。」と言ってくれました。

Ableの授業料も貸してくれたのは、姉でした。

「英語ができないって、1年もいて、おかしいでしょ。しっかり勉強してきなさい。」と言われました。

次に、人生経験が積めたと思います。

仮に嫌だった事でも、何かに繋がるんだと思いました。

最後に、日本の素晴らしさが、つくづく分かります。

時間の概念、丁寧さ、日本ほど便利な国は、ないと思います。

山口景子様、24歳、福岡県出身

山口様の弊社を、ご利用頂いた感想は、こちらを、ご覧下さい。

「早く、アイ・カナダを見つけて!」って言ってあげたいです。

山口様です。



以下は、山口様から、頂いた写真です。

最初の語学学校の友達と、ビリヤードに行った時です。



別の時に撮ったものです。



英語で書いた、2011年7月の、お小遣い帳です。



7月5日に、家賃を支払っています。



キーウィ、玉ねぎ、ジャガイモ等の買い物です。



クッキー、バスの回数券と、おやつなどです。



ベーグル、鶏もも肉、ハム等の食料品の買い出しです。



スパゲティ、シャンプーやリンスと、あります。



ツナ、鶏肉、プリペイド携帯の支払いです。



トイレットペーパー、洗濯代です。



7月は、695.71ドルの支出でした。



お友達と行った、ソルトスプリングアイランドで撮りました。



カナダのビザに関しても、正しい知識で、妥当な案内で安心です。

カナダ政府公認のビザコンサルタントの資格を、持っているからです。


ネットで情報を探しても、答えが見つけられない事があります。ビザに関して、どうしても、こうと言い切れない時もあります。

個人の状況に応じて、アドバイスがあり、とても便利です。

カナダ留学は、現地サポートが欲しくなります。



カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート
カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート
菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8
HP:https://icanada.jp/
アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。
● バンクーバーでの、カナダワーホリ留学では、仕事は必ず、あります。

こんにちは、菊池百子です。

あなたは、バンクーバーでの仕事探しを、心配しなくても大丈夫です。

仕事が見つからなくて、帰国したという人は、いません。


日本食レストランが沢山あり、割と、すぐに働けます。カフェも、とても沢山あり、色々な国籍の人が働いています。

働きながら実践で、英語を使い、どんどん英語を伸ばして行きます。


カナダのワーキングホリデーは、その年ごとに、募集があります。

今年、2019年度は、募集人数が、6500名です。

6500人が、埋まったら、終了です。

カナダのワーキングホリデーは、大人気で、毎年必ず埋まります。

5月17日(金)の、最新情報です。

56.38%、埋まりました。

募集人数の、残りは、2835名です。


大体、秋頃には、満席になります。

次の抽選で、招待状の発行確率は、80-99%です。

先週と、残席の数に変更は、ありません。



学校申込みで、仕事探しのアドバイスや、レジュメの印刷ができます。

ワーホリ生活が始まってからの、サポートも、一緒にあります。


バンクーバーでの留学生活中も、すぐ質問できて安心して過ごせます。留学準備中には、学校案内、ビザ申請手伝い、出発準備の案内です。

余計な費用が、かからず、あなたが損をする事もなく便利です。

カナダのワーホリ留学は、現地で安心して過ごせます。



カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート
カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート
菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時-18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8
HP:https://icanada.jp/
アイ・カナダ留学サポートでは、半年-1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。

テーマ:
● カナダ留学は、カナダの国旗、メープルリーフについて、です。

こんにちは、菊池百子です。

カナダの国旗は、赤と白で、真ん中に、カエデがあるのが特徴です。

Maple Leaf、メープルリーフは、カエデの事です。どうして、メープルリーフが、カナダの国旗になったのでしょうか。



現在のカナダの国旗は、1965年2月15日からです。

正式ではありませんが、Maple Leaf Flagと、呼んでいます。メープルリーフ旗です。

今の国旗を含めて、3つの案が、あったそうです。

2年越しの議論の末に、現在のデザインに決まりました。

以下の全ての写真は、カナダ政府のサイトより、お借りしました。

National flag of Canada

以下の2つの、どちらかが、カナダ国旗だったかもしれません。





下記は、1871年から、1921年まで、使用のデザインです。

イギリスの植民地だった歴史を感じます。イギリスの国旗が、図柄の左上にあります。

そして、右側の図形の中に、緑に、黄色のメープル柄があります。

メープルリーフは、18世紀からです。カナダの紋章として使用されていました。カナダのシンボルとして、最初は1868年です。

オンタリオ州と、ケベック州で紋章として登場しています。



1921年から、1957年まで、使用していたデザインです。

白地に、緑のメープルリーフがあります。



1957年から、1965年まで、使用していたデザインです。

白地に、赤のメープルリーフに、変わっています。



国旗に使用されているカエデは、砂糖カエデです。英語で、Sugar mapleです。

カナダ留学で、学生ビザ申請の、お手伝いがあります。



カナダ留学・バンクーバー専門、
現地留学エージェントのアイ・カナダ留学サポート
カナダ留学ならバンクーバーのiCanada留学サポート
菊池百子(きくちももこ)
営業時間:平日11時ー18時
定休日:土曜、日曜、祝日
住所:829-510 W.Hastings Street, Vancouver, BC, CANADA, V6B 1L8
HP:https://icanada.jp/
アイ・カナダ留学サポートでは、半年ー1年の休学留学・社会人留学、ワーキングホリデー・語学留学・専門留学のお手伝いをしています。

カナダ留学、バンクーバー留学、現地留学エージェントです。留学サポートを行っております。