江湖笑

江湖笑

中国語映画とドラマのご紹介!!
毎日更新中!!

毎日更新中!!

テーマは、放映・放送年で分けています!!

法医秦明之致命小説

(法医秦明之致命小说)

 

 

 

 

 

 

 

 工場跡で、男性の死体が発見された。膝をついて目と口を大きく開けているさまは、何かに驚いたらしい。事実、被害者の王発は先天性の心臓病を患っていて、驚愕のあまり心筋梗塞を起こして亡くなったのだった。現場をつぶさに観察した秦明は、さっきまで読んでいたウェブ小説「倨傲者死」を思い出した。書かれていた内容がそっくりなのだ。しかも、秦明が書く小説の文章とよく似ていた。その夜、秦明は高校の同窓会に顔を出した。久しぶりに会った友人、方池はウェブ小説サイトを運営していて、趣味で小説を書いている秦明を誘う。「倨傲者死」の第二章が更新された。今度は傲慢な教授が被害者だ。警察がそれらしいパワハラ教授を監視しているころ、方池の会社を訪れた秦明は、高校の同級生の韓月と再会した。外国から帰国したての韓月は、声をかけてきた方池の会社で働くことにしたのである。秦明は高校のとき、彼女に淡い恋心を抱いていた。別の日、ふたりは芸術の展覧会へ行く。秦明はそこで方池の姿を見た。もしかして、方池が犯人なのか。

 

 

 

 

 

 

映画(2019)

主演:鄧飛、李卓霖、馮粒、楊紫彤、霍亜

ジャンル:サスペンス

 

 

 

 

 

 

 やっぱり秦明モノは面白い!! 謎解きはもちろん、主人公の秦明はものすごく優秀な法医なんだけれども、メンタルは普通の人と変わらなくて、そんな弱いところのある秦明はヒーローなんだけれどもとても人間的でいいですね。

 

 

 

 

 

 

<20191130-2>

紫禁秘録

(紫禁秘录)

 

 

 

 

 

 

 

 清朝年間。発端は春に開かれた宴だった。宴の開催すべてを任された容嬪が、京劇の舞台に上がった。ところが演じている最中に、女性の死体が上から落ちてきた。容嬪が住む延宮の侍女、喜娟の遺体であった。検死の結果、喜娟は南疆の毒、曼陀羅に侵されて死んだことが判明する。この毒は、数日前に死んだ宮女からも見つかった。皇帝から事件の解決を任された皇后は、容嬪と対立する静妃に延宮を、同じく対立する嘉嬪に静妃の長春宮を、そして容嬪には嘉嬪の寝宮を捜査するように命じた。すると延宮から男性の下着が見つかった。皇帝のものではない。口を割らない容嬪は指挟みの拷問を受け、痛みで失神してしまった。太医が呼ばれた。脈を診ると、容嬪が身ごもっていることが発覚する。久しく皇帝と褥を共にしていなかったはずの容嬪は、しかし地位が上がって容妃となる。ところで、つい先日まで皇后は病で臥せっていた。息子の永禹皇子が火事で亡くなったのが原因だった。

 

 

 

 

 

 

映画(2019)

主演:昕洁、游千恵、袁媛、劉穎、孫雅麗、趙琦、李天燁、宋芸華、趙子絡

ジャンル:古装宮廷ミステリー

 

 

 

 

 

 

 ひーっ 女が怖い!! 紫禁城が薄暗いから、よけいに恐怖感がジワジワと…汗 ラストちかくまで、てっきりアノ人が犯人だと思っていたのですが、実は…

 

 

 

 

 

 

<20191130-1>

神龍訣之千年霊狐

(神龙诀之千年灵狐)

 

 

 

 

 

 

 

 魔族の統領、混沌は、身体を保つために真龍の龍丹を必要としていた。真龍は狐族の元にいる。混沌は手下を狐族の婚礼に潜入させ、龍丹を奪おうとした。それを阻止したのは狐族の祭司、夏幽である。ところが危機を脱したものの、真龍は人間に転生してしまった。助言をもとに、人間界へ真龍を探しに行く夏幽。混沌の手下の紫貂、猫妖、白骨精、蜥蜴精も人間界へ急行する。ところ変わって人間界。霊犀堂という学び舎の生徒に、冷之言という名の青年がいた。かれは真面目の上にクソが付くほど勉強熱心である。堅物なために生徒仲間からからかわれることが多く、その日も見たくない大道芸を見に連れ出された。むりやり舞台に上げられた冷之言は、妖怪があらわれたことで置いてけぼりを食らう。夜まで舞台上で動けなかった冷之言の上に、素っ裸の女性が落ちてきた。

 

 

 

 

 

 

映画(2019)

主演:周思林、王成、劉文翰、朱羲倫、王夢婷、周越、劉子嫣

ジャンル:古装ファンタジー・ラブコメ

 

 

 

 

 

 

 女性陣が妖怪だけに、とっても妖艶() 媚薬で貴族のバカ息子に惑わされた夏幽を取り戻そうとする冷之言が、とっても一途でせつないです。あのカタブツがそこまでするなんて…涙 バカ息子の恋も、せつなかったです。この映画、すごい好みのオチだった!!

 

 

 

 

 

 

<20191129-2>