思い出すための学び

テーマ:
妖精の詩村松夕起子ですドキドキ
image
 
「人生100年時代」
 
と、言われています。
私も気づけば、かなり長い歳月を生きてきました。
 
それでも…
100歳を生きる時代ならば、まだ随分と時間があります。
「これからの時間を私はどのように生きていきたいんだろう?」
ふと考えることがあります。
 
主人もあちらへ行って、リハビリしたり、経験した事をまとめたり、
何かと勉強しているのかもしれません天使虹
それらを終えて、また人間として地球に舞い戻ってくるのか、
別の道や役割を選ぶのか?
 
私は今生で肉体を持って、
彼はあの世でこの世を学び終えた魂として、
お互い学びの時間を過ごしているのかも知れない。
 
そして…
「あちらの世界からそっと私の学びを応援したり、
気づかせてくれたりしているのかも知れない」ラブラブ
 
と、思う事が増えてきました!
 
どちらの世界にいても、私達がやりたい事、
望んでいることは、「人を救い、地球を救う事だ」
と、映画”かみさまとのやくそく”
池川明先生の胎内記憶を持つ子供達が言っています。
 
きっと…
元々私達は、
「誰かのために、何かのために自分を働かせること」
を目指して、生まれて来ているのかもしれませんね。
私は、これからの学びを通して、
少しずつ思い出したいと考えています。