不登校の母といえば 藤田律子 千葉県 柏市

不登校の母といえば 藤田律子 千葉県 柏市

千葉県 柏市 不登校の母。教職経験がありながら、子育てには悪戦苦闘。2014年から息子2人が不登校ひきこもりに。不登校を悲観し毎日泣いていた私。息子たちは不登校を自分で選択している、私も【自分の人生を生きよう】と決めた時、泣くのをやめた。

不登校の母といえば 藤田律子

1人で抱えこまないでね。
助けて、って勇気を出して言ってもいいよ。

<KIKKAKE de 占い・メソッド>
木曜日14~17時に
柏のカフェ KIKKAKE様にて
オラクルカード占い、「そういうときはどうすればいい?」を導くメソッドをしています。

9月の予定
5日、12日、19日、25日(水)
※25日のみ水曜日になります。
その他の日も、随時受付中です。

<不登校でも笑える心理学>
リクエスト開催しています。
お気軽にお問い合わせお願いします。

お問い合わせ・お申込み
https://reserva.be/hymyritsuko

不登校の母といえば藤田律子!

不登校引きこもりの息子2人の母

千葉県 柏市 藤田律子です。

9月は5日・12日・19日・25日
25日のみ水曜日に行います。


LINE@では、勇気づけのメッセージ、講座・イベントのお知らせなども配信するよー^_^
LINE@限定のお得な情報もあるよー!
 
友だち追加

 ハテナブログも気まぐれ更新中(笑)

 
 

不登校の母といえば藤田律子!

不登校引きこもりの息子2人の母

千葉県 柏市 藤田律子です。



今日は久々に
次男に買い物を頼まれた。


欧州サッカーの
選手名鑑。


去年の終わりくらいから、
次男のサッカー熱が
復活してきてる感じ。


不登校になる前は、
息子たちが
好きなものを
楽しめるように
してあげようなんて
考えてなかった。


私がいいと思うことしか、
やらせてあげてなかった。


宿題やらせるとか、
ゲームの時間守らせるとか、
ご飯、お風呂、寝る時間を
決まった時間にさせることしか、
考えてなかった。


そんな子育てが、
私も、
苦しかった。


伸び伸びと育てたい思いと
きっちり育てなきゃ、
っていう思いが
いつも葛藤してた。



だから今は、
息子たちには、
やりたいこと、
好きなことを
楽しんでほしいと
思ってる。


でも、
息子たちには
言葉では言ってない。


まずは私が
やってみようって思った。
息子たちのためではなく、
自分のために。


やらなきゃいけないことじゃなくて、
本当にやりたいことを
楽しんでいいんだよね。


不登校になってから、
息子たちに
大切なことに
気づかせてもらった。


ありがとう。





⭐️講座

🌈木曜日14時〜17時はKIKKAKE de セッション

9月は5日・12日・19日・25日
25日のみ水曜日に行います。


LINE@では、勇気づけのメッセージ、講座・イベントのお知らせなども配信するよー^_^
LINE@限定のお得な情報もあるよー!
 
友だち追加

 ハテナブログも気まぐれ更新中(笑)

 
 
この投稿をInstagramで見る

【9/19(木)やりまーす! KIKKAKE de 占い・メソッド】 柏のおしゃれカフェ KIKKAKEさんにて セッションさせていただきます。 19日は ご予約が入っている時間が あります。 お越しいただく前に お問い合わせお願いします。 ・ ・ 🌈「そういうときはどうすればいい?」を導くメソッド モニター料金 90分 2000円 ケーキ・ドリンク付! 私の不登校の母としての 経験談を聞いていただき、 そこから勇気や 打開策につなげます。 ・ ・ ⭐️こんな方にオススメです □不登校引きこもりで悩んでいる □子育てがつらい □子どもの反抗期に悩んでいる □夫婦関係がうまくいかない □親子関係に悩んでいる □自分が好きになれない □周りの目が気になる □感情に振り回されてしまう □イライラモヤモヤする □自分で何か始めたい □自分の好きなことがわからない □起業したいけど始め方がわからない □SNSの使い方がわからない □これでいいのか確かめたい ・ ・ 🌈オラクルカード占い 30分 1500円 (30分延長ごとに500円) ケーキ・ドリンク付! オラクルカードを使って占います。 今のあなたに必要なメッセージをお伝えさせていただきます。 ・ ・ KIKKAKEさんの おいしい手作りケーキを 味わいながら、 「どうすればいい?」を 一緒に見つけてみませんか? ・ ・ お問い合わせ、お申込みは、 DM、メール、ブログのリンクからお願いします。 ・ ・ #不登校の母といえば藤田律子 #不登校 #ひきこもり #子育て #親子 #夫婦 #相談 #アドラー心理学 #コミュニケーション #占い #メソッド #千葉県 #柏市 #柏

Ritsuko Fujitaさん(@ritsukofujitaegao)がシェアした投稿 -

不登校の母といえば藤田律子!

不登校引きこもりの息子2人の母

千葉県 柏市 藤田律子です。



最近、
他の方のブログで、
不登校だった子が
学校に行きました!
って記事を
立て続けに目にしている。


よかったねー!
って思うし、

うちはまだ行けてないなあ、
って思うし、

学校に行くことだけが
全てじゃない、
って思ってるけど、

やっぱり、
学校に行けるようになったら、
いいよなあ、
って思う私もいる。


揺れるわー(笑)


いろんなことを
思ってる私が
本当の私。

まあ、それでいいか(笑)




⭐️講座

🌈木曜日14時〜17時はKIKKAKE de セッション

9月は5日・12日・19日・25日
25日のみ水曜日に行います。


LINE@では、勇気づけのメッセージ、講座・イベントのお知らせなども配信するよー^_^
LINE@限定のお得な情報もあるよー!
 
友だち追加

 ハテナブログも気まぐれ更新中(笑)

 
 

不登校の母といえば藤田律子!

不登校引きこもりの息子2人の母

千葉県 柏市 藤田律子です。



不登校の相談会に参加した後、
不登校の対応の仕方を
夫婦で決めた時、
夫にお願いした役割。


それは、

私(妻)のケア、
サポートに徹する!!!


これだけ!(笑)

夫は、
子どもには、
極力関わらないように
してもらった。


父親って、
子どもからしたら、
仕事してお金を稼いできてる
まぶしい存在。


学校に行ってない子どもにしたら、
父親の存在自体が
プレッシャーを感じるから。


我が家はそう決めたら、
私が夫に相談しやすくなって、
私のストレスが減った。


私が楽になるために、
一人で出かけさせてもらったり、
色々お願いもしやすくなった。


私一人で子どもには対応するけど、
悩みは一人で
抱えこまなくてよくなったら、
すごく楽になった。


不登校になる前よりも
夫婦関係がよくなった。

それが、
なによりも心強かった。

そしたら、
息子たちが
だんだん落ち着いてきた。


夫婦の足並みを揃えることが、
不登校対応の
ストレスが減って
一番よかったことだなあと
思ってる。


今日は夫と二人でランチ。


⭐️講座

🌈木曜日14時〜17時はKIKKAKE de セッション

9月は5日・12日・19日・25日
25日のみ水曜日に行います。


LINE@では、勇気づけのメッセージ、講座・イベントのお知らせなども配信するよー^_^
LINE@限定のお得な情報もあるよー!
 
友だち追加

 ハテナブログも気まぐれ更新中(笑)

 
 

不登校の母といえば藤田律子!

不登校引きこもりの息子2人の母

千葉県 柏市 藤田律子です。



今日の昼下がり、
知らないうちに
また昼寝していた私。


うっすら目が覚めたら、
横にいた中2の次男が、
私の手にイヤホン持たせたり、
足をマッサージしてたり。


目が覚めてたけど、
そのまま、
寝たふりしておいた。


小3の頃、
学校に行くのを嫌がる次男を、
休んでいいよと言いながら、
先生が迎えに来たら
無理やり連れて行ってもらっていた。


そんなことを続けてたら、
私が声をかけても、
言葉は出ず、
うなり声を上げて、
獣のような目で
にらみ返してきていた次男。

私が近寄ると
避けて逃げ回っていた。


学校に行かせようと
すればするほど、
次男との距離が
離れていっていた。


これから
どうなってしまうんだろうという
悲しみと不安で、
私もどうしていいか
わからなくなっていた。


無理やり行かせてごめんなさい、
学校に行かなくていい、
家でゆっくり休んでなさい、
と次男に言った時から
次男は落ち着き始めた。


何をしていても、
どんな格好でも、
次男をそのまま
受け止めてあげた。


たまには、
イラッとすることも
あったけど。


そして今は、
あんなに私を避けてた次男が、
こんなに近くにいてくれて、
触ってきてくれる。


どうなるのか
不安でたまらなかった
あの頃には、
こんな日が来るなんて
想像できなかった。

寝たふりして、
本当にこんな日が来たなあって
幸せなひとときを味わってみた。





⭐️講座

🌈木曜日14時〜17時はKIKKAKE de セッション

9月は5日・12日・19日・25日
25日のみ水曜日に行います。


LINE@では、勇気づけのメッセージ、講座・イベントのお知らせなども配信するよー^_^
LINE@限定のお得な情報もあるよー!
 
友だち追加

 ハテナブログも気まぐれ更新中(笑)