5月は現時点で17(月)にお休みをいただきます。

※ゴールデンウイークは、暦通りに診療いたします。

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

 

蓬松鍼灸治療院

https://houshou-hari.com

大病をして一年が過ぎたころ、ふっと自分の年齢くらいのギターが欲しくなった。
なぜか、年を取ると私のように考える、昔ギターを弾いていた人がいるようで、私も例に埋もれず1970年台のギターを探していた。

中古楽器のサイトで、Ariaのギターを見つけた。私が知っているのは、Aria-proⅡだけど、似たようなもんなのだろうと思って、特に何も考えずにいた。

ちなみに、初めて買ったギターもAria-proⅡの紫色のやつだったなぁ。

で、あまり考えずにAriaのギターを買った



正直、ビンテージとかに興味ないので、電装類は全部交換して、リフレットしてもらった。



付いていたピックアップが、今のものとは少し形状が違って、エスカッションを交換しないといけなかったんだけど、位置も当然変わるので、ピックガードも変えなくてはいけない。

でも、当初はピックガードはいらないと思っていたので、何も考えていなかったけど、やっぱりあった方が、見た目がイイなぁと思ってつけてみた。



取り付けに、取付穴の位置変更と、ピックガードも少し加工する必要があった。ピックガードの加工自体は、ほんの少しだったのでミニルーターで削った。



ついでに、ブリッジとかも変えちゃおうかな……
と思い、交換。



併せて、テールピースも……
あれ???
入らない( ノД`)シクシク…

アンカー間を測ってみたら2㎜短い( ノД`)シクシク…
とりあえず、テールピースは交換せず。


次に、手元にペグがあったので交換。



あれ??
付かない……

ヘッドの厚みが普通のエレキより厚くで、ブッシュが止まらない……

困った。
そして、どうにかならないか探した。

そしたら、長さが付属のブッシュより長いものを発見



手配して、取り付けてみたら、どうにか取り付け可能!



この年代のレスポールタイプの多くがホローボディだったようだけど、音が面白い。弾いたことないけど、335とかも、こんな音なのかも?と思ったりする。

最近、趣味でギターを楽しもうかなぁ……なんて考えて、少し古いギターの購入を考えていた。

本当は、生まれ年の70年代前半のギターが欲しかったんだけど、廉価なものがなかなか見つからず……改造前提で考えていたので、なるべく廉価な70年代後半ものを購入してみた。



改造したい内容は決まっていて、好きなメタリカのジェームズ仕様。
とは言え、ピックアップをEMGのJH仕様にするくらいしか考えてなかった。

ので、ピックアップをEMGのJames Hetfield Setのブラックに変更。
ちなみに、セットにはトグルスイッチが入っていないので、別売品を買った。



EMGは、ソルダーレスではんだ付け不要なので、手間はあまりかからないけど、アクティブなので、9V電池をキャビネット内に、どうやって固定するか……



これをキャビネット内の側面に固定して、電池を動かないようにしてみたけど、電池の出し入れが、ものすごくやりずらい。

で、ちょっと加工してみた。



これで、一片の半分くらいを切って、電池を出し入れしやすくする。切断面にやすりをかけてバリを取っても、それなりに鋭利なので、電池は傷つくけど。

ノブは、ちょっとうまく入らなくて手間取ったけど、黒のノブに交換して、ペグも、たまたま手元にあった黒のものに交換してみた。



何か……
あまり、かっこよくない(笑)

さて、どうしようか……

そうだ。
ブラックビューティーに寄せてみよう。
既に交換済みのピックアップが黒なので、55年のカスタムに寄せてみよう。

ということで、ほとんどのパーツを一新。

まず、ペグを、GOTOHのSG301に交換。



ハード面の加工がいらないものを探して購入。そして、弦交換が簡単な方がギターを弾く機会が増えそうな気がするので、ロック式を選択。ビス穴の問題も特に無かったので、すんなり交換完了。

ブリッジは、GOTOHのGE103Bに、テールピースは、GOTOHのGE101Z、両方ともゴールドに変更。




ブリッジは、弦を載せる部分の溝が仮でしか切っていないので、ナットを切る用の工具を買って加工してみた。まぁ、ちゃんとやるなら、プロにお願いした方がイイ部分かも。

次にエスカッションを交換しようと思って、何も考えないで見た目で買ったら、ビス穴が全然合わなくて……

ちゃんとサイズを測り直して探してみたら、ほぼ同じサイズのものが見つかった。SCUDのMR-FBとMR-RB。



エスカッションを交換して、ピックガードの交換のためにサイズを測定。SCUDのLP-B3Pが、運よくサイズが合っていたので、これに交換したけど、付属の取付金物がシルバーだったので、ゴールドのものに交換。




他に、トグルスイッチワッシャーをGibsonのPRWA-010に、ジャックプレートをYJB PARTSの角型サイドジャックプレートに、ストラップピンをSCHALLERのS-Locksに、ノブはミリ仕様のスピードノブに交換。

ポットには、ミリ仕様とインチ仕様があるみたいで、違ったものを使って無理に入れると、ポットを壊すので注意が必要だった。

それと、トグルスイッチのキャップも交換したけど、ネジがM3.5で、一般的なものとはサイズが違う。EMGは、ポットはミリ仕様で、トグルスイッチのキャップのネジがM3.5なので、意匠を変えるときには注意が必要だね。




正直、音なんて期待していなかったし、音の違い分かるような弾き方もできなければ、違い分かるような耳も持っていない。見た目がかっこよくなって、楽しく弾ければイイと思っていたけど、ド素人でも分かるほど、音がかなり違って、ものすごくびっくりした。
音が良いかどうかは、分からないけど、私にはすごく好きな音で、今まで、10本くらいはギターを所持してきたと思うけど、あまりにも、今までと違ってびっくりした。

少しでも気に入る音にしようと思ってエフェクターを何種類か使っていたけど、このギターにしてから、ディストーション以外は、ほぼ使わなくなってしまった……。ペダルボードには、空間系も入れているけど、今まで常時オンだったものも、切りっぱなし。不思議なもので、今までクリーンでギターを弾くことは、ほとんどなかったけど、クリーンで弾くことがすごく増えた。

このギターをきっかけに、少し古いギターを改造して使うことにはまってしまったのであった……(苦笑)

自分で取り組む運動療法には、

いろいろなものがありますが、

簡単に始めることのできるものの一つに

「ラジオ体操」があります。

 

今は、ラジオ体操ではなくてテレビ体操になるのかも知れませんが、

みんなが知っている「あれ」です。

 

 

この、ラジオ体操は、誰が考えたのか知りませんが、

とてもよくできている体操だと思います。

 

単一の運動動作では、

ウエイトトレーニングや道具を使用しない筋トレなど

いろいろとありますが、

「型」のように一つの流れになっているものは、

あまりないと思います。

思いつくのは太極拳や空手の型くらいでしょうか。。

 

小さいころに覚えていることが多いと思いますが、

流してやってもいいと思いますし、

きっちりやっても良いと思います。

 

最近は解説本やDVDなども出ているようですが、

どこかに習いに行かなくても、

大体の人ができると思いますので、

運動を考えている方は、

まず、ラジオ体操を始めてみては、どうでしょうか?

 

蓬松鍼灸治療院

https://houshou-hari.com

いくつかの鍼灸体系を学習するが、一体目的は何だろうか?

その答えは、「扶正去邪、疏通経絡、調和陰陽」の違いによる。別の言い方をすれば「昇降出入の調整」の差による。究極的な言い方をすれば、その治療体系の基盤となる鍼灸治療の効果が、何か?という違いによる。

少し具体的に話そう。

七星では、経絡に対しては疏通がその基盤となる治療効果であり、臓腑に対しては牽引収縮を疏通することが基盤となる治療効果となる。つまり、経絡の角度から考えても、臓腑の角度から考えても、疏通が基盤の治療効果となる。気の角度から言えば前述だし、筋肉の角度から言えば、舒筋がその治療効果となる。

では、経絡では説明しづらいホットフラッシュなどは、どう考えたらいいのだろうか?「昇降の調整」を基盤となる治療効果としている体系を見つければいいが、無分がそれである。「出入」についてはどうだろうか?これは説明はいらないだろう。

ちなみに、醒法は「三才」を基礎として、ある一定の状況下で「昇降出入の調整」が基盤となる治療効果、となる。

説明文だけでは、分かりづらくてしょうがないが、実際の臨床効果を踏まえながら考えれば、難しい話ではなく、ごく当たり前の話なので、時間があったら考えてみるのもイイだろう。

 

蓬松鍼灸治療院

https://houshou-hari.com