火の魂カンパニー社長・野沢賢司のブログ

火の魂カンパニー社長・野沢賢司のブログ

30歳まで無職ニートな私が、「ある人の出会い」で人生が変わり社員数150名の社長となりました。まだまだ「夢の途中」ですが、“誰だってなりたい自分に必ずなれる”事を自身の成長を通して実証していきます。

人の上に立つ者として重要な事それはリーダーシップである。


理念に向かい旗を振りメンバーの先頭に立ちチームを勝利に導く者である。


そのために火の魂カンパニーにでは、人の上に立つ前に、人の前に立つトレーニングをする様にしている。




それは人前で話すこと。




人前で話すことで自分自身の考えを伝えられるトレーニングを社内研修で実践している。



人前に立つと日頃の自分のしている事がよく現れる。




人前に立ち何の考えもまとまらない者


人前に立ち熱い思いを語る者


人前に立ちチームのメンバーに感謝を伝える者


人前に立ち決意を表明する者


人前に立ち照れて笑って誤魔化そうとする者




本当にさまざまであるが、どれが正しくてどれが良いと言うわけでもない。



大切なことは言行一致である事であり


有言実行できるかどうかだと私は考える。




人はその場凌ぎで何とでも言えるし


苦し紛れに知ってる言葉だけを並べて口だけになる人もいる



例えそれが最初は口だけでも私は良いと思う。


夢も理想も形になっていなければ


周りはみんな口だけだろうなと冷ややかな目で見ているのも事実だからだ。



しかし人の前に立ち自分の気持ちに素直になって夢や理想を語る事がどれだけ大切なことかは真剣にリーダーを目指す者ならこの意味が分かってくるだろう。




夢も理想もなりたい自分も結果が共なわかろうとも、形になるまで人前で語り続ける事が大切なのである。



大抵の人はできないかもしれないと、人前では本当の自分の理想を語らない。


今の大人たちは自分の理想を人前では語らなくなった。




経営方針書の正範語録に書いてある様に、理想や夢そしてなりたい自分を目指す人は必ず誰かに応援され形にしていく。



どんな小さな夢でも1人で叶えられないことは、先人たちは知っていて正範語録の様な言葉が残っているのだろう。



何が言いたいか?



私は人前では話す社員をよく見ている。


どんな想いでどんな理想をどんな夢を叶えたいのか?


誰も応援してくれていない中でも諦めず同じことを言い続けていられるか?



そんな本心を私は見て感じている。




今回、昇格した人たちは入社当初から副店長になりたい気持ちを話したり


場を変えた面談でもずっと同じように理想を語る人であった。



もしかすると口だけでも上手くいかない昇進者も現れるのかも知れない。



しかし私はそれも良い経験になると思う。



私も創業の頃から今の会社を熱く語って16年が経つ今振り返るならだいぶ近づいているようにも見えるが


数年までは口だけだと思われていたと思います。


でも私は人前では夢や理想を語る事を止めはしなかった。


いつしか言行一致させ有言実行するまで諦めないと決めていたから今があると思います。



今回も人前で自分の気持ちを語る人をよく見ていた。


昇格した人は今からが本当の勝負であり周りを巻き込んで理想を追求して欲しい。


今回、昇格できなかった人は強い自責の念を持ち自らを奮い立たせて欲しい。



諦めそうになったり迷い出した時に自分自身に問いただして欲しい。






私の夢や理想そしてなりたい自分はこの程度の思いだったのかと。



創業当初、私も自分自身に何度も何度も問いかけて、その度に自分の問いかけに奮い立たせて理想に自分で近づいてきた。




火の魂カンパニー第13期の全体テーマは原点回帰です。



原点に帰りなりたい自分を目指す気であり、創業に帰りお客様の満足を追求する期にすると決めました。




心が折れそうになった2011年の東北大震災で経営危機に陥った時




正範語録を何度も読み返して、人前に立ち本気で夢を語った事を今でもはっきり覚えています。



今期は会社を変える期と新卒採用を始めた7年前から決めていました。



他人に目もくれず己と向き合い逞しく成長してくる若手と共に次のステージに駆け上がりたいと思います。



自分に向き合える本気の若手の成長を期待しています。


私を支える未来の幹部候補が今年必ず頭角を表すでしょう。



変化を恐れず進化を諦めない!



成長していきましょう。







8月で火の魂カンパニー第13期に突入し1回目の昇進発表会が開催された。


※感染対策をして最低限の人数で開催しました。



今回、昇進を果たしたのは課長職1名と係長職4名の計5名


マスク越しでも喜びを隠せずに喜ぶ者や新たな責任のあるポジションを任命され気を引き締める者もいて様々な想いを感じる昇進発表でした。



現段階の火の魂は役職のポストが空いているので、熱意がある者や立候補した者が比較的に選ばれやすいのも事実だ。


しかし昇進の決め手は火の魂が大切にする姿勢ルール(基本姿勢と研修4つのルール)を状況を遵守した者でなければ昇進はない。


私は誰でも出来る事を手を抜く者や行わない者を基本的には評価しない。


能力があるないよりも火の魂は働く姿勢が評価の最低基準にしている。


なぜなら求める姿勢を軽視する者は周りに悪い影響を与えるから。



火の魂カンパニーは社会に良い影響を与える人間力集団を目指している故に姿勢を軽視する者は理念を軽視することに直結する。



今回、昇格した者は最低限の姿勢ルールが出来ていた事が昇進への推薦権を得たのです。



※とは言え実績で結果を出し相対評価で上位ランキングに位地する必要もありますが




今回、昇進を果たした人は新たな役職で大いに力を発揮して下さい。


そして今回悔しくも昇進を果たせず涙を流した人は、その悔しさをバネに大きく成長を遂げて下さい。



社会に出たらライバルと競争をしながら自分を高めていく人が勝ち残るのです。


私は全員が勝てる会社にしたいですが、やはり勝負は勝ち負けがあるのも事実なのです。



大切なことは何度も何度も勝つまで自分を諦めないことです。



火の魂カンパニーの歴史を振り返ると、様々な戦いに勝ったり負けたりしながら何度も何度も勝つまで諦めないで挑んでいるから今も会社が存続しているのです。



勝負は勝ち負けですが、勝ち続ける事は不可能です。



時に負け続けても諦めないで勝てるようになるために努力を惜しまないで挑み続ける事が大切なのです。



そう考えると勝負とは他人に有らず自分自身の弱さが1番の敵であり、昨日までの自分に勝つという自身がライバルであるとも言えます。



私も今年で46歳になりますが、1番の敵は他人でも他社でもありません。


本当は弱く中途半端な過去の自分に「負けてたまるか!」と挑み続けています。



社員の皆んなにも逃げるより自分に向き合い挑んで生きていってほしいですね。



挑んだ者だけが勝ち取れる名誉が必ずありますので、次回の昇進発表で誰の名前を呼べるかを楽しみにしています。



負けるな自分に!



毎日コツコツ誰でも出来る事を誰もが続けられないくらい熱心に継続していきましょう。









火の魂カンパニーには経営方針書の学びを社内SNSで投稿して先輩社員がコメントする考え方を深める仕組みがある。


その中での自分を支えてくれた人に対して、手間はかかる事だが、お礼のメッセージを必ず送る事を入社2年目の副店長が新入社員に教えていた。



私もお礼のメッセージは心から大切にしているし、経営方針書の基本姿勢のルールに「お礼のメッセージを送る」と書いている。



何気ないけど、これは本当に大事な事だし、私も経営者になってからお礼のメッセージを送り続けて、それが今の目に見えない財産になっている。



この目に見えないけど、本当に大切な事があります。



---

それはお礼のメッセージ=感謝の気持ちを伝える事です。

---


助けてもらった時


支えてもらった時


力を貸してくれた時


気にかけてくれた時


それだけではなく時に真剣に叱ってくれた時



素直な人は人に感謝ができます。



怒られても叱られても「ありがたい」と思えるし、恥ずかしがらずにお礼の言葉を口にできる。



こんな人は素直だから人の話を聞けて、叱ってもらえるし何歳になっても厳しい事を言ってくれる人が周りにいるんですね。



有難いことに私も今でも叱ってくれる人が周りにいます。



お礼のメッセージが遅れる人=感謝ができる人=素直な人



素直な人は周りが何をしてくれても「有難い」と思ってしまうんですね。



そんな人は良い人間関係を作っていきます。


良い人間関係を作る人は、常日頃感謝の気持ちを忘れません。



今回、私が大切にしている「お礼のメッセージ」を作業としてやらせるのではなく、メッセージに対して「心の教育」と「考え方」の教育を熱心にしていた。



作業を教えるロボットでも出来ますが、人としての「心の教育」や「考え方」は人間同士でなければ出来ません。


作業を教えるロボット教育では人の心や考え方は育ちません。


火の魂カンパニーは理念経営なので大切な事は心の教育と考え方の教育です。



どんなに仕事ができても心の教育と考え方の教育がなければ人は成長しません。



人生の結果は【能力×考え方】と言っても過言ではないし、どんなに能力が高くても「考え方」が間違っていれば結果は全て良くない方向に進みます。



何をされても何を言われても「ありがとうございます!」と思える人を応援したくなるし、その逆の言葉を発する人を応援してもマイナスにしか考えませんからね。



創業の精神にあるように「何事にも感謝ができる」



火の魂が求める人物像にある「明るく素直で負けず嫌い」



まだまだ未熟な副店長ですが、こんな私の理想の考えを実践できる若手社員が会社を変えていくでしょう。




---

明るく素直で負けず嫌い

---



ま経営方針書の理想の人物像に書いてある言葉遣いから気にして使うことが人生を良い方向に進みます。



誰が私のブログを読んでいるか分かりませんが、私が魂込めて書き綴った経営方針書の考え方を伝える「心の教育者」を増やしていきます。




私も経営方針書の共有で良い気付きがありました。




改めて理念の理と利益の利を追求して理想の会社を目指していきます!