爪噛み

テーマ:
数ヶ月前から気になっていた爪噛み。

爪噛み前は、おもちゃを噛んだりタオルを噛んだり、口に物を入れる。

石も入れます。(やめておくれ)

特にストレスがたまってくると多くなり、口に物を入れると落ち着く感じ。

そんな娘が常に噛める物「爪」の存在を知り

親指→人差し指→中指→小指と深爪になっていきました。

注意するとやめますが見ていない間にやっているので(園に行ってる間も)爪切りをしない日々が続く…

歯医者で見つけたバイターストップ。
¥1620でした。

「〇〇ちゃん、爪キラキラマニキュア塗ろう♪」
「うわぁ可愛い♡ピカピカキラキラだねぇ」

無意識に指を口に入れると苦い顔をしてすぐにやめるを繰り返しています。

1回塗ると効果は1〜2日かな。

塗る時嫌がる事なく喜んでるので順調に爪が伸びてきました。
噛んだ跡のまま伸びてガタガタ。

「爪伸びてきたねぇ^ ^嬉しいねぇ」と声かけしながら塗ってます。

女の子は可愛いキラキラなど好きなのでおしゃれ&綺麗を前面に出すと良いと思います。

口の中にずーっと残る苦さなので嫌がる可能性は高いですが、本物のマニキュアなどで上から絵を描いたり更に可愛くしてあげると効果的やと思います。



先日、進学先が決まりました。

希望の学校へ行く事ができるようでひとまずホッとしています。

放課後デイの申し込みもし始め、どの施設にするか児童クラブにするか、週何回通うか悩み中。

ペアレントトレーニング

テーマ:
子供の問題行動にどう対応するのがいいのか。

・なだめる
・何も言わず側にいる
・無視する
・違う部屋に移動する
・叱る

色んな方法でその都度やり過ごしてきました。

6歳になった今、私も母親6年目。

正しい対応をしたいと思いペアレントトレーニングに参加しました。(全6回12000円)

私が参加したペアトレは娘が通う言語訓練・作業療法・診察をしている病院の講習です。


------------------------------------------------------------

「問題行動は何か」
我が家の場合沢山ありすぎて書ききれませんが

・あまのじゃくになる
・思うようにならないと物を投げたりする
・苦手な食べ物は食べない(食後のおやつは食べたい)
・相手にしてくれないと(見ていないと)やりたい放題する
・叱られる事を知っていてそれをする
・パパの言う事を全くきかない

こんな感じでその時の気分や、体調の悪さ、甘えたくてあえてやっている、ストレスがたまってやってしまう等色んな都合ではありますがこの問題行動を無くしたい。

スムーズに切り替えが出来るようになって欲しい。

その為にはどう対応するのがベストなのか。

------------------------------------------------------------

問題行動の中で、1つターゲットを絞りその問題行動を観察する。

観察するのは難しく、先生が言う意味がイマイチ分からず、宿題を出され→次回宿題と共に勉強という形でした。

はじめの3回まで講習を受けた時に「ペアトレとは何なの?意味あるのかなぁ」なんて思う授業で

正直「お金払ってまで参加するほどでも無かったな」なんて思いました。

その後、4〜6回受けた時点でペアトレを理解し、娘に対するコツも分かってきて「ペアトレに参加して良かった」という思いに変わりました。


-------------------------------------------------------------

叱らず褒めて伸ばす事がペアトレの極意。

問題行動をした時の対応

問題行動を起きないように事前に対処しておく

問題行動を無視する方法

子供の主張もあるので親の思うままにコントロールするのは無理だと思う。

従わせるのがペアトレではなく、ルールは守らせるのがペアトレだと思う。

問題行動は日々起きるし、一人一人違ってきますが、ペアトレを習得する事で全ての問題行動に対応出来るらしい。(先生曰く)


病院に置かれてある本の1冊。

ペアトレ講習を受ける前に読んでいたのですがイマイチ意味が分からず

ペアトレ講習後、また読んでみたら「こう言う意味だったんだ、こうやってするのか」とペアトレ講習&本の内容が一度に理解出来ました。

文書ばかりのペアトレ本はわたしにはチンプンカンプンですが、漫画でかかれてあるこの本は読みやすくオススメです。

この後、文書ばかりのペアトレ本を読むと更に理解出来るかもしれません。(チャレンジしてみよう)


「ポイントシステム」ポイントカードを作って朝の身支度頑張ってます。

パパと2人でスムーズに出来るようになるといいなぁ。

4個たまるとご褒美。

6個たまるとご褒美。

10個たまるとご褒美。

はじめはすぐにたまるよう、ポイントを少なめに設定。

徐々に増やしていく(現在10枚シール溜まったらご褒美)

トイレに行けたらシール1枚、お着替え出来たらもう1枚。

トイレいって手洗い出来たら1枚、お着替えしてパジャマをカゴにいれれたらもう1枚。

朝の身支度全部出来たら1枚。

シール1枚ゲットするのにはじめは頑張りますが、機嫌により嫌がる時もありました。

毎日コツコツやっていく事で「溜まったら大好きなゲームができる」とポイントシステム を理解しています。


イラストはこの本を参考にしました。

絵心無いけれど真似るのは得意。