カッコイイおじい!を目指すランBAKA院長のトレーニング診療日誌

カッコイイおじい!を目指すランBAKA院長のトレーニング診療日誌

ウルトラランナー・トライアスリート院長の加齢と闘うドタバタ奮闘記

棘上筋・棘下筋が切れたため、左腕を下から水平位まで上げられない。

だんだん痛みは引いているものの大変不便です。

診断は『左肩関節・腱板断裂』(回旋筋腱板の断裂)

 

※回旋筋腱板(ローテーターカフ):棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉を指す。

この4つの筋は、肩甲骨の前面と後面から起こり

肩関節(上腕骨頭-肩甲骨の関節窩)の関節面を包み込んで安定させる役割を持つ。

 

 

4/7(水)ランニングに出て、止まりそうなスピードでタラタラ走行中

家からわずか数100mのアスファルト路上で転倒

アゴを打ち、右膝・左手の平に擦り傷、左肩に強い痛み。

 

何に躓いたのか振り返ると、僅か3~4ミリのアスファルト舗装のめくれ。

前日のウエイトトレーニングの疲労で、脚が重いと感じてはいたものの

これほど摺り足だったとは…!

再度、走り始めて2㎞程行くもアゴや膝・肩の痛みで帰る。

 

肩の痛みで、左手で身体が洗えない。

就寝時は、肩の痛みで仰向けになれない。

 

翌4/8(木)、『東京スポーツ&整形外科クリニック』(東京・板橋)を受診

菅谷啓之先生の診察とMRI検査

 

Dr:「これはひどいよ。バッチリ切れてる。急がないとまずいなあ。」

私:「何が切れてるんですか?」

Dr:「棘上筋と棘下筋。」

私:「急がないとまずいんですか?」

Dr:「早くしないと縮まっちゃうんだよ。もう手術の予定いっぱいだから祝日にやる。」

私:「…(あー、また地獄の日々が始まる)」

Dr:「4/29、祝日だけどこの日しかない。前日入院してください。」

私:「ありがとうございます。宜しくお願いします。」

 

菅谷先生には、2012年9月『右肩関節・腱板断裂』でお世話になってます。

その時は、勤務していた船橋整形外科で手術を受けました。

 

当時、恥ずかしながら菅谷先生を全く知りませんでした。

手術後のリハビリで、担当の理学療法士さんから

「菅谷先生は世界で5本の指に入る、肩のエキスパートです。

TVでも取り上げられたスーパーDr.なんですよ。」

 

 

『右肩関節・腱板断裂』は、2011年12/24(クリスマスイブ)

ジムにスイム練習に行く時、ボロ自転車のチェーンの空回りで倒れそうになった際

腕の力で踏ん張って転倒をこらえた際に受傷。

 

転倒は防いだものの、右肩関節はかなり痛みを感じるも、その日2㎞泳いで帰りました。

翌日(クリスマス)、痛みで右腕上がらず。

まさか腱板断裂とは思わず、6ヶ月間、自分で固定して関節面を合わせていました。

 

1ヶ月で痛みは引くが泳げないので、ランとバイクとウエイトトレーニング。

ウエイトのマシントレーニングでは、左手で補助して水平位のバーに乗せれば

後は三角筋が最大挙上するので、思いの外いろいろできました。

そして2012年5月、第1回UTMFを完走。

 

その後6月に高3の倅と取っ組み合いをした際、右肩腱板を完全断裂。

7月始め、菅谷先生の診察を受けるも手術の日程の空きは無く

ようやく9/26に手術を受けました。

 

手術までの2ヶ月、何かやろうと思い『信越五岳トレイルレース』に申し込む。

当時は110㎞のみで、右腕上がらないまま完走、UTMBの参加ポイントをゲット!

 

2012当時、UTMBの参加条件は『3レースで7ポイント取得』

UTMFで4ポイント、信越五岳で3ポイントを取ったお陰で2014年にUTMB完走。

今思うと、右肩の手術してなければ2014のUTMBを走ってなかったかも…

 

しかし2012年9/26の術後、地獄の日々が始まる…(後半に続く)

 

 

【先週のトレーニング】

04/05(月):休 み

   06(火):ウエイトトレーニング

   07(水):ラ ン・3,8㎞/26分40(6:59/㎞)※転倒の痛みで戻る。

   08(木):休 み※東京スポーツ&整形外科クリニック受診。

   09(金):休 み

   10(土):ラ ン・16,1㎞/1時間39分52(6:11/㎞)

※4~5㎞のつもりが、走ってみたらほとんど痛み無いので16キロ。しかし転倒の恐怖強い。

   11(日):①バイク・ローラー台60分:距離31,96㎞/平均時速31,9㎞/瞬間最大時速37,0㎞

②ラ ン・10,0㎞/1時間02分45(6:15/㎞)※ハンドル持てたがビクビクしながらローラー台60分。走りたかったのでランを10㎞。

 

ふく山接骨院のホームページ

                        【腰痛・膝痛 さいたま市北区 ふく山接骨院、福山眞弘】