TAHITIAN DANCE GROUP ***HIVAORA*** TROPICAL BLOG

【HIVAORA INFORMATION!!】


HIVAORAはチームでのSHOWなどの活動のほか、

東京・大阪・鵠沼にて、毎週、タヒチアンダンスレッスンを行っています!


始めての方も、経験者の方も、幅広いきめ細かなレッスンで、

楽しく安心して学べます!


ぜひ、下記URL,HIVAORAオフィシャルホームページより、

HIVAORAのこと、タヒチアンダンス教室の事、チェックしてみてくださいマルキラ☆


↓↓↓↓

HIVAORA Official ホームページ



 ひひひタヒチアンダンスを通して、毎日が笑顔でありますように!

   1人でもたくさんの方と繋がり、そこから生まれる「何か」を大切にしたいと思ってます。

            HIVAORA一同、お会いできるのをお待ちしていますハート


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
Fri, January 11, 2019

【ショーのお知らせ】大阪・心斎橋、アメ村にありますハワイアンレストラン、HUL...

テーマ:SHOW
Wed, January 09, 2019

【ショーのお知らせ】2月23日(土)ランチショー1回目/11時30分~ 2回目...

テーマ:SHOW
Tue, October 23, 2018

続々 ROAD OF HEIVA I TOKYO 番外編

テーマ:off HIVAORA
イアオラ~ひひひ


また、ブログが滞りました汗


続きを書きますelmo



HEIVA当日の事に行く前に、
その前夜の、番外編えるも


HEIVA I TOKYOの会場は、舞浜にある、
舞浜アンフィシアターで、
本番は日曜日だったのですが、
金曜日に現地リハーサル、
土曜日、最終練習、
ということで、3日連続HEIVAモードに入るので、
家に帰るの面倒組(現実逃避組)は、
金曜日から宿泊しましたスポンジ・ボブ





新浦安駅にある、
オリエンタルホテルマルキラ☆


6人部屋女の子

女子6人の宿泊なんて、
楽しいことしかないに決まってるハート


金曜日のリハーサル後は、
焼肉ご飯





頭使った後、踊った後は、肉が食べたくなる心だよ



さんざん食べた後、帰りにコンビニ寄って、
また、部屋飲み。





さすが、女子。
パックをかかしません。


みんなにパックを持ってきてくれる、
パックおばさんも登場。


「パック持ってきた‼パックあるよ‼」



あーざーすめだま



女子が6人集まると話は尽きず。
何時に寝たのかも謎。



翌日土曜日は、朝練マルキラ☆





昼には終わったから、
この日は、
浦安湯巡り万華鏡に行くと決めていましたえるも



水着もちゃんと用意してきた↑


↑水着ゾーンも内風呂もチョー充実してる、スーパー銭湯♨






大会の前日に温泉に入れる幸せハート




リラックスモード全快えるも



ここのお風呂は、
イベントもいろいろやってるし、
お薦めですよマルキラ☆



今流行りの、栄えコーナーありましたひひひ



yukie押し。









何、ポーズつけとんねん!!
とか言いながら、
何枚、何十枚撮ったことか、、、


でも、かなり栄えてます。







私、これ好きです。

ナチュラルに笑った瞬間女の子


本人は嫌みたいですが、、、





お見合い写真としていかがでしょう、、、


誰かーパンダ


yukie特集終わり。


この夜は、本番前日ということもあり、
部屋に戻ってからは、
それぞれ練習モード。



夜中に、

ちょっと踊ってきます。

って、みんな部屋から出ていきました。



当日の朝。


泥パック。


with ニンジンスティック。




メイクして、
いざ出発!




ヤバいです。
瞑想です。




ドキドキの1日が始まりますえるも


続く。。。。


Tue, October 09, 2018

続 ROAD OF HEIVA I TOKYO

テーマ:SHOW
IAORANAひひひ


前回のブログからの、続編ですえるも


続きを待ってましたか?

それとも、
べっ、べっ、別に、まっ、まっ、待ってないし!


ですか?

そうですか、そうですか。
そんなに、読みたいですか。


はい、書きます。
書きますよ。


なんせ、いつもですね、
1つの記事を書くのに、
5日間ぐらいかかるんですよena


言い訳です。



さぁ、始めます。



いよいよ、本番!


の、前々日、9/7(金)。
リハーサルがありました炎


本番を想定して、
本番のステージと空間をしっかり体感できる、
一度きりの15分間のリハーサル。



ある意味、
この日に合わせて、
この日が大事ということで練習スケジュールを組んできました。



リハーサルは夜20時。


その前、13時から、最後の調整練習です。





動画が、横になっちゃったけど汗


これが、練習最後の動画。



私は、
今回、出演せずに総監督になったので、
3ヶ月間、
みんなを、前から横から後ろから上から。


ずっとみんなを見て、
みんなを動画に納めてきました。



画面を通して、
みんなの気持ちが溢れてる時、
溢れてない時がわかります。



溢れてない時は、
音を止め、


「どうしました?それでいいの?そんなんじゃ伝わらないよ。」



鬼の形相。冷たい顔で、そう言います。



溢れてる時は、
その空間の空気さえも変わり、
みんなから出てる"気"も凄くて、



私は飲み込まれそうになり、


カメラの画面を通して見るみんなが、
涙で霞みましたえるも


でも、
それを気づかれないように、
カメラの画面を自分の目の前に持ってきて隠します。



みんなから溢れでる時、でない時。


そのスイッチは、
自分の心の中にしかなくて、
ほんの少しの切り替え。


そのほんの少しが入ったときのパワーは、
すさまじい。




いつもそうして!!えるもえるもえるもえるも



って、思うけど、
それが、物凄く、脳みそと体力を使い、
エネルギーを消費することか、
わかってる。


わかってるけど、、、、



やってくれ!!


今後とも、よろしくお願いいたしますえるも




そして、会場である、
舞浜アンフィシアターへ移動します。



リハーサルは、一番最後の時間。



空き時間に準備ですえるも


本番を想定して、
フルメイク、フル髪ボンバー、フル衣装女の子





いつも、


メイクが薄い。

と言われるHIVAORA。


今回は、頑張ったほうですスポンジ・ボブ







可愛いよ、可愛いよハート
みんな似合ってますハート



今回の衣装も、
もちろん、
うちの敏腕デザイナーKiyoが作り出したものでございますキラリ



曲を決めた段階で、
こんなイメージと話し合い、
そのあとは、
Kiyoがそのイメージを高めて、
具体化していきます。



ハゲる思い。
でしょう。



しかも、
みんなが踊りに集中できるようにと、
13名分作ってくれましたマルキラ☆


!!



裁ちバサミ地獄で、指にタコ🐙


しかも、衣装代は材料費のみ。
作成代はいただかないポリシー。


!!



どれだけ大変なことかわかってる。


同じ仲間として、
本当に、
尊敬&信頼の、なにものでもない。



愛ですハート


みんなの為にありがとうマルキラ☆



こうしてみんなは踊りに集中することができましたホワイト花



さぁ、
いよいよリハーサル始まります。





私は会場からみんなをチェック✔


みんなの緊張が伝わります。


でも、本番2日前にリハーサルで、
このステージで踊れるのは、
感覚を掴むのには、本当にいいチャンス。


舞浜アンフィシアターの広いドーム型の空間と、
高い天井が、
みんなを飲み込むような感覚がありました。


みんなが、空間に負けている。





エナジー!エナジー!



みんな頑張ってるのはわかってる。

でも、空間にそれが吸いとられてる。


踊り終わって、みんな楽屋に戻ります。


動画チェック。
みんなの、感想。
私の感想。


そして意見を出しあいます。



みんな言います。


空間の広さに、心と体を持っていかれて、
平衡感覚がなくなります。



そして、みんなが出した答え。


この曲がいう、
先祖からの風というのを、
この空間に思い描き、



空間エネルギーを感じようえるも




名言。

【空間エネルギー】


が、誕生しましたelmoマルキラ☆えるも



このリハを終えて、
中、1日空いて本番。


中、1日、もちろん、最後の練習しました炎



昨日の、
リハを踏まえて掴んだ感覚を活かして、
最後の、
自分を納得させる3時間。



よし!!


あとは本番を楽しむだけえるも



次回へ、続く、、、













Thu, October 04, 2018

ROAD OF HEIVA I TOKYO

テーマ:SHOW

IAORANAひひひ




超絶、久しぶり過ぎるブログを開いてみました。




ブログ、生きてたー。

死んでるとおもたー。

ログインできないかとおもたー。




ログイン出来ちゃったので、

書くことにしますえるも




どこから書けばいいのか、

ネタが大量過ぎてどれも書きたいのですが、、、



もはやそれには、

相当な時間と労力が必要なので、

この夏の大会について。




この夏。



日本国内で、

最大規模のタヒチアンダンスの大会、

【HEIVA I TOKYO】のグループコンペティション、アパリマ部門に出場しました。

結果を先に言いますと、、、

優勝🏆させていただきました!!





イェーイelmo



この優勝は、本当に意味ある優勝だったので、

最高潮に嬉しく、

みんなで、嬉し涙、涙の、結末でしたマルキラ☆




たくさんの方の応援、ありがとうございましたハート



遠方から駆けつけてくれた長野校のみんなも、




なかなか会えなくても、

いつも応援してくれる千鶴さんも、




東京校のみんなも、



大阪校のみんなも、



フィットネスの生徒の皆様も、


そして、この夏、
練習、練習で、
毎週末、家をあける嫁たちを、
快く送り出してくれた家族も、
支えてくれたお友だちや、
職場の仲間の方々も、



本当に応援ありがとうございましたハート



たくさんの差し入れも、




みんなで美味しく頂いて、全て、心と体のパワーに変えました心だよ




遡ること、2018年4月21日。




HIVAORAcompany大阪校の子達が、

【HEIVA I OSAKA】

のメフラ部門で、優勝!!と、

グループ最優秀賞!!を頂きましたキラリ




この件はまた改めて記事にするとしてめだま




この、結果は、

東京校の子達の心に、

火を灯したようでした炎




私たちも、

HEIVA I OSAKAに挑戦することしか頭になく、

ここまでの道のりが、やっと無事に終わった。

と、思っていたのですが、




大阪校の子達が掴んだ結果を報告した、

東京校の子達の反応を見て、

おや?

これは、

このみんなの心についた灯火が消えないように、

HEIVA I TOKYOにも挑戦するべきなんじゃないか?

と、いう流れになり、

とりあえず、出るか、出ないか、

東京校のみんなに意思確認をしてみることにしました。




さぁ、どうするみんなー。



かかる費用や、

練習スケジュール予定をみんなに提示して、

それぞれが、考え出た結論。



出たいです!



人数は集まった。




そして、決まった出場女の子




こうして、

HEIVA I TOKYOへの扉が開いたのでしたやしの木



道は、自分たちが作っていくもの。




それは、

HIVAORAを結成する。

と決めたときからずっとそう。



敷かれた道を行くのは、安心安全かも。

敷かれてない道は、先行き不透明。



それでも、その道を行くと選んだ。

そういう選択肢は、節目節目で常に起きること。



バンザイ🙌ポジティブシンキング‼



みんなで行くと決めた道。

とことん進んでいきましょう。




ということで動き出したプロジェクト。



まずは、曲選び。

そしてテーマ。

HIVAORA会議の始まりです。

当初の予定では、

とある3曲のメドレー。




風を歌った曲→海を歌った曲→自然を歌った曲、

全部合わせて、

タヒチの自然をテーマにしようって。



決めた3曲の、翻訳を進めていき、、、



訳や、その曲の背景を知れば知るほど、

この3曲の組み合わせ、

イケてない、

ダメじゃん。

ってなった。




1曲ずつの歌詞の意味も、

次の曲との繋ぎも、

それぞれが、それぞれの曲のいいとこ潰しあってる。




これじゃ、ジャッジに、

何を伝えたいか、伝わらないって。

なって。




全ての作業、

1度組み立てた構想を崩して、練り直し。

えるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるもえるも




そして、考えて考えて、決まったのが、

HEIVAでの演目でした。



【テーマ】HIVAORA




6月、一週目。

みんながわかりやすく理解できるように、
資料を作って、
テーマの説明、
歌詞の説明をして、
みんなの気持ちを、擦り合わせて行く作業から。
そして振り移し。



構成。



50種類ぐらいある動き。
出来上がっていくたびに、手直しの繰り返し。


覚えては、脳ミソから消去。
覚えては、脳ミソから消去。


その作業を繰り返し続けた3ヶ月。
一番大切で重要なのは、
踊りより、構成より、
この曲、この演目を理解し、表現すること。
なかなか擦り合わない、真の部分。
テーマがテーマなだけに、
創造も一人一人まったく一緒にはならなくて、
形のないものを創造し、
それを表現する難しさ。


そこに、みんな苦しみました汗
でも、それが本当のアパリマ。


綺麗に踊るとか、可愛く踊るとか、上手く踊るとかより、
大切なのは、
心で感じ、音を感じ、
それを体で表現する。
それがアパリマ。


みんなで話し合い、
心をさらけ出して本音で意見しあい、
みんなで少しずつ、
同じ方向に向けるようになった日々。


たくさんの笑顔と、
たくさんの涙と、
たくさんの練習の日々。



ダメ出しされまくり、
キツイことも言われ、(私に)
悔しくて、ムカついたこともあったでしょう。


でも、この一つ一つの経験が、
一人一人の人生における、
何かに必ず活きると思うから。
だから、現実と向き合い、
冷静に物事を見て、
着実に歩んで感じて欲しかったのですえるも



今回使った楽曲は、

おんぷTE MATANGI O TE TAU
風を感じる


おんぷTE TAU HOA
友との時間


TE MATANGI O TE TAUを直訳すると、


風を感じる



ですが、

翻訳をしていき、

この曲に入り込めば込むほど、

深い。

深すぎる内容。



言うてる、"風"の意味合い。



その吹いてる風は、

ただの風じゃなくて、、、

先祖を思う気持ちだったり、

その昔からの繋がりがあり、

ポリネシアの歴史を尊ぶものだったり。




TE TAU HOAの直訳、



友との時間



も、単なる、友との時間じゃなくて、

そこには、

家族がいて、愛があって、先祖がいて、

ポリネシアの精神を受け継いだ者同士の絆があって。



という、奥深い内容だったのです。



だから、みんなたくさん考えた。

たくさん、創造した。

たくさん、感じた。

日本人には、あまりない、

いや、

時代の流れや、現代の生活や、

家族、一族の暮らしかたの変化により、

忘れかけてしまっている、

そういう、

先祖代々とか、昔からの繋がり、歴史。

ポリネシアの方たちと、

私たちとの、違い。

みんながもがき苦しんだその先に、

この作品が仕上がりました。




毎週土日。

朝から6時間。

練習を毎回撮影して、みんなでチェック。




顔の向き。

目線。

手が通る道。

足を出す方向。

体の向き。

姿勢。



細部に渡り、細かくチェック。




歌詞もチェック。



haumaru e      haumaru e

優しい、柔らかい



Taku  tino  nei

私の  体




私は言います。

「ねぇ!!

haumaru e が、Taku tino neiなんだよ!

それを、やってよ!」




Taku here nei

私の 愛



Taku varua nei

私の 魂




私は言います。

「ねぇ!

Taku here neiだよ!

Taku varua neiなんだよ!

どんな状況か考えてよっっっ!」




死んだ顔して踊ってるみんなに、

渇っ‼




口を酸っぱくしていいます。




「Aparimaを踊ってよ‼」




本当に大事。

それが全て。

見た目の美しさじゃない。

そんな表面的なのじゃない。

Aparimaは心で理解し感じて踊るもの。




一番、一番、重要課題は、これでしたホワイト花





こうして、怒濤の夏の3ヶ月が過ぎ、

本番を迎えるのでした。






続く、、、、、elmo

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス