私自身が自己肯定感が低いからかな。

人の目が気になって、ついつい私好みのいい子ちゃんに仕立て上げたい欲望のせいで、毎日長男を叱っています。


それが良くない!今からでも変わらなきゃ!と思えるブログをリブログさせていただきます⬇︎

我が子達を両親の望むような子にするのではなく、


子が望む親にならなければならないのかもしれませんね。


それは、わがままに付き合うわけではなく、


子供のそのままを愛してくれる母親になること!


子供が嬉しくなるような、伸ばしてくれるような、プラス志向の言葉のシャワーで。


今は色んな変なことをしていても、動じない親の在り方のほうを勉強しようと思いました。


好きなように自由にさせて、両親はただただ見守るくらいの環境作りをすることで、良い子に育つのかもしれませんね。




うちの長男は、すごくワガママで、自分一番で、ふざけるのが大好き、意地悪大好き、辞めて!ダメだよ!と言われれば逆にやりたくなってしまうどうしようもない子。。。。。と短所はいくらでも出てくるし、


私の思い描いていた理想の子にならなかったので、もうイライラ。。。なのですが、もしかしたら長男は今、私の反応を探って色んなことをしているのかもしれませんね。やりたい!やりたい!これはどう?こうきたらどうするの?みたいに、憎たらしいことを笑いながら何度もしてくるあたり、ママに甘えたい!!色んなことに興味があるぜー!でも上手に出来ないの!ママの言ってることはわかるけど出来ないの!な時期なのでしょう。


が、私はこのままではいかん!叱らねば!となってしまってました。


目からウロコの短所は見逃し、長所ばかりを褒めて伸ばすを実践しなければ!と昨夜から学んでおります。


あと、怒らず、上手に、落ち着いた口調で、辞めて欲しいことを説明する練習からやっていたほうがいいのかもしれませんね。


時間がかかっても、イライラせずに優しく短く簡単な言葉で辞めて。と言い、やってくれるまで待つ。長い目で見守る。出来たら、ありがとう、嬉しいな❤️を口に出すこと、褒めること。


怒るくらいなら、何も言わないくらいが適切なのかな。と思いました。


私がまずは我慢するトレーニングをしなければならない。




今までは、最初は優しく出来ていたのですが、何度もしつこく嫌なことをして、エスカレートするので、辞めてよ!と突き飛ばしていましたが、


逆に抱き締めて母子ともに心落ち着かせる練習から。





忙しい!忙しい!と雑に子供を扱うのではなく、


毎日のことで、大変だけど、


長期戦になろうと、忍耐と寛容の気持ちで、短所ばかり突くマイナスな言葉ではなくて、丁寧なプラスの言葉で喜ぶような言葉を掛けてあげれるように。


というか、短所は見逃すくらいでちょうど良いんですよね。その場を離れる努力とか。




まぁ、こんな書いても、


毎日のことでイライラして叱ってしまいそうになると思いますが、


どうにかこうにか、毎回実践出来るようになるまで、


しっかり冒頭のリブログしたブログを何度も読むようにしたいです。





今頑張って習慣化出来たら、明るい未来が待っている!


今、ラクさを求めてしまって、努力することを怠って、悪い子育て習慣を続けたら破滅する!長男、さらに性格悪い子に!と危機感をもって、


緩くてもいいから、実践できるようになっていきたいと思います。




私自身、自己肯定感が低くて、


まぁ、そのおかげで、


どんな風に苦悩することになるかは、自分がよくわかっているので。


それに、冒頭のリブログのブログ読むと、


やはり、子育てって大変なのが当たり前なんだなぁ〜と思いました。


それなのに、自分はまだまだ我慢が足りないし、


子育ての勉強も足りていない。


まだまだだね!by越前リョーマ




親子関係は日本が最悪という現実。


だそうです。⬆︎のブログから引用。


と言うことはですね、自分の周りの大人達の子育てを真似していては、やはり良くない親子関係になってしまうんですね。


日本古来の子育ては間違っていた説!を勝手に作ってしまいました。


というか、大家族で生活していた頃とはもう全く違うのだ!と両親や義父母の悪口書いててハッキリ思います。昔は通用していた子育てが、今では全然通用しない、激変の時代にあることを、まずは両親がしっかり歴史から学ぶこと。義父母や両親、その辺のおじいちゃんおばあちゃんの言葉は軽く聞き流していいものと、まずは理解すること。


まぁ、変わらず良いこともあるとは思いますが、まずは自分の常識を全て捨ててしまって、色んな育児書を読み漁って、真っ白な脳みそに色を付けて行くような感覚で学びなおすことが必要!と思いました。


一度、家族も自分も子供さえ、全部を否定してみて、やはり自分が一番の原因だ!という結論に至った今、自分を否定して精神患者になるのではなく、真っ白なノートに1つ1つ新しい、出来るだけ正しい子育ての常識を書いていって沢山書き足しながら、ボチボチ実践して行きたい!そんな考えです。


亀の歩みでもいいんです!


むしろ雑になるほうが問題なので、1つ1つ噛みしめるように。


一進一退でもいい、


沢山紙を使って書いて、時には破り捨てても構わない!


兎に角、頭を柔軟にして、努力し続けること!心から子育てを楽しみながら!



私が目指すものの中で一番大切にしたいことは、やはり親子関係なんですよね。


全ては親子関係が良くないと、上手くいかない!と思っているので。というか、⬆︎のブログで学んだので。





長男長女の短所ばかり見て言葉にしてしまう癖を止めることから!


自分のわかったつもりでいたテキトーな子育てをまずは全て捨ててしまう!


自己肯定感を高めるための子育てや、良好な親子関係を気付くための習慣を勉強して一つずつ確実に実践出来るように。


子供達に沢山の褒め言葉と感謝の言葉を!


優しく歌うような学びの言葉を。


まずはそれだけで過ごせるように、


実践します!
やり抜く力かぁ。


確かに!


なんでもそうなのかもしれない。


私なんて、空気読みすぎて、


何にもない感じがありありするし。


空気読めても、


わからないことも、ま、いっかーで終わらせちゃうし。


真の強い母親目指してるのにぐにゃぐにゃグタグタな母親。。。




やり抜く力!大切ですね。


でも、それ強すぎると、おなごは家事出来ないね。


働き出して、やり抜く力強すぎると、柔軟な仕事出来ないし。


やり抜く力もバランスが必要そう。


やり抜く力って……、


結局難しいなぁ。。。。。


子供達には?と思うと、


やはり、バスが来た!とか、時間が来たらひとまずやめてバスに乗ってもらわなければいけないし、病院だと呼ばれたら速やかに診察室に入って速やかに診察してもらわなければなりませんもんね。


まぁ、他人に迷惑かけることのないように、他人の時間を大切に考えられる大人になってもらわなければいけないので、


そこは、しっかり、


先生は忙しいから、ちゃんと、速やかに終わらせるよ!と叱ったり。


速やかに終わらせよう!みんなの時間は大切にしないといけないよ!と教えなければいけないなぁと思いました。


それ以外なら、やりたいだけやらせてみる!


そういう、舵取りが大切だなぁと。




で、やり抜く力とは?


すみません、勉強不足です!


勉強しなきゃなぁ。。。


やり抜く力。


深そうだ。