こういった機会をせっかくいただけたので、実際に韓国のPatronホルダーの皆様や、まだPatronのことを知らない方々とも直接会って意見交換ができればと考えています。


Coinzest上場は、チームやホルダー、私も含めて、みんなで決めて、みんなで行動してきた結果です。

継続して、コインゼストとの信頼関係を構築していきたいと思います。


上場審査や協議など、既に進行していたことに関しては継続して進めていきます。


今回長文でメッセージを書いたのは、みんなの声やサポートが嫌になったとか、そういったことではないことをご理解ください。



そうではなくて、新しいことを始める前に、特に今回は正しい道を進めたのだから、それであれば、先ずはやるべきことをやりきろう、ということをお伝えしたかった迄です。



新しいことを始める前に、先ずはやるべきことが在る筈だ。ということです。



私たちは、今まで冒険したこともなかったような世界を、ましてや法律が定められていなかったり、急に目の前に法律や規制といった壁が立ちはだかったりするような環境下で生き残ってきた。言葉の壁も立ちはだかる中、多くの判断や多くの決断を下して、何とか乗り越えてきたのです。 そしてもちろん、多くの失敗を経験してきました。







けれども、そういった多くの失敗や経験を身を以て体験してきたことから、それ以上に得たものは大きく、今後も強豪たちが蠕く地へと、自らの挑戦心と行動力で、失敗はあれど結果的には成し遂げていくのだろう というマインドで倒れるまで走り続けます。
私たちが果たさなければならない一番重要な使命として、ICO時にコミットメントしたことを果たして、当初から応援や支援してくれている多くの方々のために必ずプロジェクトを完成させること。公言してきたことを、できる早い段階で達成させなければならないという想いがもちろんあります。



久積、高田、テリー。


この三人は、使命感を持ち続け、決してブレることなく、昨年2月の設立時から最後まで残ってくれている
皆さんとの約束を、決して諦めることなく何とか果たして実現させようとしている当社の本当の創業メンバーです。


この度めぐり逢えた、最高のパートナー達を一番に信頼し、最高の結果をみんなで迎えることができれば、それが幸せってやつかもですね。



Best

Founder Atsushi.




PS.  米国 “Crypto Night Ventures の Founder” が、Patronのアドバイザリーボードへ就任することが決定いたしました。詳しくは追ってご報告いたします。

https://cryptoniteventures.com












私の過去の間違いや想い、今行っている事業などを深く知ってくれた上で、パトロンのことも綴ってくれているサイトがあったので、ご紹介させてください。

→    https://crypto-cci.com/about-patron/






    お世話になっております、PATRONファウンダーの久積です。

私の過去の間違いや想い、今行っている事業などを深く知ってくれた上で、パトロンのことも綴ってくれているサイトがあったので、ご紹介させてください。

→    https://crypto-cci.com/about-patron/


本日は、みなさまにお伝えしたいことがありますので、最後まで目を通してもらえたら幸いです。

無事、CoinZestへのPATRONの新規上場を終えることができました。これも皆様のお陰です。本当に感謝しております。

ありがとう!


更に上昇を見込んでのことだとは思うのですが、多くのホルダーの皆様からお問い合わせをいただきましたので、こういった形で私が思ったことを素直にお伝えさせていただければと思います。


先ず、第一に今回の韓国市場への進出でPATRONが、更に信頼を獲得し、更なる躍進のために必要となるパートナーとして選ぶべき相手は、『CoinZest』取引所です。


これは、現在進化を続ける私たちの歴史の中で、私たちPATRONが忘れてはならないことです。


思い返してください、上場までの長かった2ヶ月間の道のりを。


CoinZestチームは深夜に渡って、監査や、上場準備、多くの助言や、手厚いサポートを継続してくれたことを。

思い出してください。


 チームやスタッフ、多くのホルダーがCoinZestへの上場を私に向けて強く熱望してきたことを。


確かに昨日、近い将来私たちが手にしなければならない、バイナンスへの上場や、UPbitへの新規上場についてのお話しやオファーを複数の方からいただきました。

もちろん、アプリリリースに併せて、クリアしていかなければならないことです。

しかし、忘れてはならない。

今、最も勢いがあり、新規登録者数も日々2500人以上の規模で増加し続けている、コインゼストのことを。



バイナンス、OKEX、ビッサム、アップビット、Huobi。



確かに、どれもが業界を牽引してきた取引所ではあり、いずれ全ての取引所がPatronには必要不可欠な存在となることには間違いない事ではありますが、そんな反面、これらの巨大な仮想通貨取引所では、それぞれ120~140以上のコインがリストされていることを知って欲しい。(ビッサムのみ56コイン)



つまり、巨大な取引所へ上場すればするほど、それだけ競合他社やライバルたちが存在する、ということです。



私たちが一丸となって、今すぐにやらなければならないことはなんでしょうか。



そういった多くの強豪が集中する場所へ、何の武器や装備も持ってないままで乗り込ませていくことが、投資家として本当に正しいことなのでしょうか。



上場したら、更に大切な資金を使って上昇させることが、果たして本当に正しいことなのでしょうか。



投資にはリターンがあります。もちろん理解しています。



しかし、私たちは何の価値も持たない期待値だけで染められたようなトークンや、マネーゲームをするために、この市場へ乗り込んできたわけではありません。



また、仮想通貨市場全体が、今後はさらに発展と成長を果たして行くために、一度低迷していることは、PATホルダーの皆様であればご理解いただけている筈です。



忘れてはなりません。



PATRONに本当の価値を与えてくれた、唯一の仮想通貨取引所、Coinzestのことを。

そうです。

今、私たちがやるべきこと。それは、決して大きな取引所へのリスティングを急ぎ、計画も定めることなく新しいことを実施することではありません。

リリース前に上場をしても、120のコインに埋もれて陳腐化するだけです。

今、私たちが本当にやるべきこととは、今も尚 圧倒的なスピードで急成長を遂げ続ける『CoinZest』取引所と、日米で大きな期待と多くの支持者が存在する、シェアリングエコノミー『Patron』が、共に手を取り合って、過去に類を見ないほどの成果と成功を掴み取り、世界的に両社が共に勝利することです。

我々はCoinzestの海外へのマーケティング戦略面で力になれます。

現在、Coinzest取引所でのPatron の取引ランキングでは、KRW⇄PATが9位、ペア BTC⇄PATが6位、ペア ETH⇄PATが20位、となっています。

果たして本当にこのままでいいのでしょうか。

Coinzest取引所への上場は、そもそも多くのホルダーが望んできたことではありませんか。


チームやホルダー、私も含めて、みんなで決めて、みんなで行動してきた結果です。ですから、新たな新しいことを取り入れる前に、現在上場しているCoinZest上でランキング上位を保てるようなことをしていきたい。

そしてまた、Coinzest上場に関する全てのタスクを終えたわけではありません。

買い戻し実施の通知と周知、Coinzest取引所での買い戻しの実施、Coinzestの為のPATRONの特別なキャンペーンの実施、PATの出金確認、この4つをしっかりと終えることがパトロンがやるべきことです。

そして私たちチームは、韓国のブロックチェーンやクリプトカレンシーを取り扱う現地の人々との信頼関係を築くことを目的とし、Coinzest社が特別に招いてくれた10月23日 Coinzest社が500名規模で開催する大型ミートアップ への参加と、翌日に予定している、Coinzest社とPATRON社による今後の事業拡大拡充とPATRON Coinの成長戦略について、パートナーシップ締結に向け合同会議へ出席することを決めました。




→      つづく