古田です、

サッカー界は
競争を避けることができません。

サッカー界で競争から逃げてしまうと
試合に出ることはできないし、

監督やコーチから
認めてもらうことはできません。

もしかしたらあなたのお子様は
一番身近な存在である

“親”

に認めてもらいたくて
サッカーをやっているかもしれません。

僕もそうでしたが
一番近くにいる親に
褒めてもらうと、

凄く嬉しかったのを
覚えています。

なので僕たちが、
ライバルたちとの
競争に打ち勝ち、

監督、コーチ、そして
親を認めさせるためには、

『コミットメント』

することが大切になってきます。

 

コミットメントとは
「公約」「約束」「責任」という意味です。

要するに、
自分との約束を作ること。

「俺はサッカー選手になるんだ」
「もっとサッカーが上手くなりたい」
「ゴールを絶対に決めてやる」

強い意志と覚悟で
サッカーにコミットすることが
めちゃくちゃ重要です。

極端なことを言うと、
24時間サッカーのことを
考えること。

全ての行動は
サッカーが上手くなるための
行動であることです。

監督、コーチ、親は
必ず見ています。

頑張っている姿を見れば
自然と心が動かされるはずです。

 

僕自身、友だちと遊ぶ時は
外でサッカーするのが定番だったし、

ドリブルしながら
登下校したり、(危ないからね)

家でのご飯中に
足元にボールを置いたり、
(行儀悪い)

ボールを抱きかかえながら
寝たりしていました。(かわいい)

チームの練習が休みの日は
サッカースクールにも通っていました。

もう努力しているなんて
感覚は1ミリもなくて、

とにかくサッカーするのが
楽しかっただけでした。

そんな僕の姿を見ていた親も
裕福な家庭では全くなかったですが、

高いお金を払って僕に
ボールを買ってくれたり、

サッカースクールに
通わせたりしてくれました。

おそらく親も
僕をサッカー選手にさせるために
コメットしてくれたんだと思います。

そして僕は
プロサッカー選手という
夢を叶えました。

僕自身がサッカーに
コミットしたこと。

僕の親が、
コミットしてくれたこと。

僕がサッカー選手になれた理由は
間違いなくこの2つです。

夢は1人では叶えられません。

必ず協力者がいないと
夢を叶えることができません。

それは僕たちも。
そして僕たちの子供も。

我が子の夢を
一緒に追いかけること。

我が子の目標達成に
コミットすること。

これが、僕たち親が
果たすべき義務なのかもしれません。

 

古田寛幸



オンライン・マンツーマンサッカースクール

HERO'S FOOTBALL ACADEMY

https://soccer.on-line.website/school/



オンラインサロン

【古田寛幸サポーターカレッジ】

https://on-line.website/hiro-salon/



YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC-P07AhCZfjHZEaIZCHJGuQ