こんにちは。お母さんです。

 
 
出掛ける時、誰かしらお見送りをしてくれます。
 
そんなシーンを、お父さんが地道に撮りためてくれました。
 
階段から一緒に降りてきて、靴を履くところをジッと見つめる秀吉。
 
 
それは秀吉だけではなく、オデコや、豆大福、ひまわり、ひのきまでも、
 
それぞれの”気が向いた時”なんでしょうけど、こうして見送ってくれるのです。
 
 
 
 
時々、既にもう居る時もあります。
 
 
こういう場合は、見送るために居る訳じゃなく、
 
居るからついでに見送ってやろう、、、って事だと思うんですけど。。。あせる
 
それでも行く時に自分を見てくれてることには変わりないです^^
 
 
 
 
で、一番心苦しくなるのが、この瞬間です。
 

ドアを閉める時ぐすん
 
『バイバ~イ、、、待っててね~』って閉める訳です。
 
この後、しばらくこの場所で待っている時もあれば、
 
すぐに上がってくる時もあるんですが、
 
一度、秀吉とお父さんを玄関まで見送った時、
 
ドアの方をずーっと見て、そのまま玄関に座り込んだ時があって…。
 
普段も足元でウロウロするのもそうなんですけど、
 
秀吉が一番、忠犬みたいなところがあるなぁと思いました。
 
 
帰って来たらお出迎えもしてくれます。
 
玄関開けて、タタタタタ~と走って来てくれると、凄くうれしいですデレデレ
 
 
 
ちなみになんですが、ひのきだけは誰でもお見送りする訳ではありません。
 
お出迎えもあまりしてるイメージはないです。
 
ただ、息子と娘が帰って来たら、さっきまで居なくても、
 
いつのまにか傍に居るのがひのきです。
 
そしてひのきが玄関までお見送りするのは、息子が出る時だけです。
 
あ、この写真は、9月中頃に撮ったもので、今回の動画には入ってませんあせる
 
 
子猫の時は、お父さんのお見送りしてたと思うんですけど、
 
今はあまりしてない気がするんですよね~。
 
お母さんが知らないだけかもしれませんが…(笑)あせる

 
見送る姿って、健気です照れ
 
 

 

 

 

ひのきが息子を見送る姿もとてもかわいいので、

 

そちらもまたアップした際は見てやって下さい爆  笑

 

 
 

ポチッと応援宜しくお願い致します。

 にほんブログ村 猫ブログへ