即決(即決め)とは、引越しの営業担当者がお客様宅にお伺いした際にご検討頂かずに、その場で引越しを決めて頂けた状態を表す引越し専門用語です。

 

 

 

 

この営業手法は主に業界最大手のサカイ引越センターが確立したもので、その場で受注&即配車し、ダンボールも即配達することができるのでコストを極限まで抑えることができ、計画配車を創業以来遂行するサカイ引越センターならではのものと言えるでしょうね。

 

 

ちなみに、このような即決(即決め)で引越しを決めた場合の割引を即決(即決め)割引と言います。

 

 

 

アーク引越センターは愛知県名古屋市中川区に本社を置く中堅引越し業者です。代表取締役は杉原正貴氏で1980年2月1日に創業されました。

 

 

アーク引越センターの特徴としては業界大手のサカイ引越センターの作業員に匹敵する強靭な基礎体力からなる作業スピードと、特に近距離作業におけるトラック往復のピストン作業、2台配車作業が押し並べて低価格であり、アーク引越センター・オリジナル資材で特殊キルティング加工を施した厚みのある素材を使用し、家具全体をすっぽり覆うことができる「タンスパット」の存在も評価できる点でありますね。

 

 

「アーク引越センターホームページ参照」

 

 

私はこの会社の部長職についている方に直接聞いたことがありますが、電話帳で検索しやすいア行から始まる点と同じく業界大手のアートコーポレーション(アート引越センター)のような会社を目指すという点から似た名前のアーク引越センターにしていると聞いたことがありますが、アートコーポレーション(アート引越センター)がこの名称を名乗り始めたのが1976~1977年の間であり、その時期から創業までの間に創業者がアートコーポレーション(アート引越センター)を知っていたのかは疑問ではあります。

 

 

今後、アーク引越センターが更に発展するには似た名前のアートコーポレーション(アート引越センター)のような丁寧な作業と、エコ楽BOX(食器専用ケース)のような革新的な新サービスを考案と、アートコーポレーション(アート引越センター)に似た名前の業者というイメージを払拭できるかが明暗を分けていくと考えます。

 

 

 

関連記事「アートコーポレーション(アート引越センター)」「タンスパット(アーク引越センター)」もご参照下さい。

 

 

 

有機ELテレビは、製品発売以来引越し業者泣かせの家電として有名で、家具におけるIKEA(イケア)のような存在でしたが、業界大手ではアートコーポレーション(アート引越センター)が初めて有機ELテレビ専用ケースを公式に採用しました。

 

 

当初は各営業所に1~2ケースしかなく、在庫の関係で長距離便も未対応、1日に数件の有機ELテレビ輸送作業がある場合は離れた現場へわざわざ取りに行かなければならない等、かなり非効率的な配車も見られたようですが、今では原則全車両に配備されているようですね。

 

 

 

 

大手の中でも有機ELテレビ輸送対応な引越し業者は現在でも少なく未対応か15000円程度の有料作業となる場合がほとんどですがアートコーポレーション(アート引越センター)は現在も無料対応しており、今後も無料サービス対応を継続していって欲しいところですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事「アートコーポレーション(アート引越センター)がエコ楽有機ELテレビ専用ケースを開発!!」もご参照下さい。

 

 

東京オリンピック2020は、本来昨年の2020年に開催予定でしたが新型コロナの影響により今年度の2021年に開催される運びとなったのは周知のとおりです。

 

 

オリンピックでは当然大規模な備品移動や重量な機器の扱い等、まさに引越し力が試される場かと思い、設営に当たってどこかしらの引越し業者が関わっていないかと個人的に興味があったので、知り合いのオリンピック関係者の方に取材をしてみましたら、予想どおり我が国日本の引越し力が活躍していました。

 

 

「Wikipedia画像参照」

 

 

ヤマト運輸(引越し部門はヤマトホームコンビニエンス)とアートコーポレーション(アート引越センター)が備品輸送設営を担当したようですね。私は個人的に国の行事だけに日本通運がメインかと思いましたが、メインはヤマト運輸で人員の確保等のサブとしてアートコーポレーション(アート引越センター)も動員されたようですね。これはヤマト運輸とアートコーポレーション(アート引越センター)の引越し市場における協業の影響があると思われます。

 

 

無事に日本の国家的行事であるオリンピックを成功させるためにもヤマトホームコンビニエンスとアートコーポレーション(アート引越センター)には我が国が誇る日本の引越し力を世界に見せつけて欲しいですね!!

 

 

 

有機ELテレビは超薄型のテレビとして人気の家電製品ですが、買い替えを検討する際に家電リサイクル処分することは可能なのでしょうか?

 

 

 

 

結論的に申し上げると2021年の現行制度上では家電リサイクル対象外となっております。一般的な処分方法としては自治体による粗大ごみ回収がメインとなりますが、詳しくはお住いの各自治体にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

関連記事「超繊細な家電『有機ELテレビ』を安全に運ぶ方法!!」もご参照下さい。