Kikiのキャラ弁1年生

たくさんのブログの中から来てくださってありがとうございます。




日々の料理・出来事ブログですクッキング

なんでも作って挑戦してみるがモットー!!




まだまだ修行が足りませんが時間の許す限り

見ていってくださいね。


最近はキャラ弁から遠のいてます…

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-15 21:26:09

【嚥下食】基本のおかゆ

テーマ:嚥下食

比較

 

同じおかゆなんですよ。

ブレンダーで作ると一瞬であっという間に作れちゃう!

コトコト煮たりすることなくできちゃいます。

 

 

【レシピブログの「レシピブログの「ハンブレでらくらく♪

 時短レシピコンテスト」参加中】

ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト
ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト

 

 

作り方(1~2食分)

ごはん…150g

水…150cc

 

※ごはん:水=1:1

 

1.耐熱容器にごはんとお水を入れレンジで温める。

 

2.ブレンダーで撹拌する。

 

ここで終わると緑の皿のような状態です。

もぐもぐゴックンが上手な子はもちろんこのままでも食べれるでしょう。

現に離乳食では赤ちゃんはこんなベタベタなものを食べますしね。

 

 

 

でも、長女はムリです。

てコトで、デンプン質を分解してくれる添加剤を加えています。

 

そうするとピンクの皿のようなサラッとした状態に。

 

 

スプーンを使うとさらに違いがわかるかと…

 

グリーン

 

 

 

 

ベタベタと残ります。

 

 

ピンク

 

 

 

 

とぅるん♡

 

「水分足せば?」とお思いでしょうが

ごはんのデンプン質はいくら水分を足しても

口の中に残ります。

なめらかさゼロ。

 

そして、シャバシャバになるだけで、とろみ剤を使ってまとめても

このべたつきは残ります。

デンプン質を分解してくれる添加剤を知る前は

いろんな方法で試してきたけど

あきらめて長女は食べてくれていたけど

これになってからは驚きのスピードで食べてくれるようになりましたキラキラ

 

やっぱり食形態って大事なんだな。

 

 

そして、毎日のことだからこそ自分に負担をかけぬよう

わざわざおかゆを作らずにチンして温めた状態でブレンダーが定着してます。

 

ブレンダー手放せない~顔

 

 

レシピブログランキングに参加しています!

よろしければ応援クリックお願いします♪


レシピブログに参加中♪

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス