マルコ  1章  9~ 15節

 

 

 洗礼を受けられたイエス様は荒野に追いやられました。サタンの試みを受けられました。獣もいて御使たちはイエスに仕えていた。不思議な光景です。

 

 荒野。ギリシア語の辞書を見ると

「人のいない」「寂しい」「荒れた」

その他に「身寄りのない」「孤独な」とあります。

先々週、イエス様が夜の明けるよほど前に起きて「寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた」とありました。その「寂しい所」と「荒野」、実は同じ言葉です。積極的に祈りに行った寂しい所と追いやられた荒野とはちょっと違うでしょう。けれども荒野には「寂しい」「身寄りのない」「孤独な」というニュアンスがあります。

 

 寂しい、ひとりぼっちで。それは単に周りに人がいないというだけではありません。上手く心を通わせ合うことができないのは寂しいことです。

 

 悪意、攻撃。それは困ります。でも良かれと思っているのに、傷つけてしまうこともあります。誰も分かってくれない。心が伝わらない。

 

 主は荒野に追いやられました。けれどもその後もイエス様は積極的に荒野、寂しい所へ行かれました。祈るため、そして孤独の人を訪ねるためです。

 

 イエス様は病の人を訪ね、癒されました。その中の多くは病気であるだけではなく、人々から見捨てられていました。たとえば「重い皮膚病」の方は汚れた者とされ、人里離れた所で暮らさざるをえませんでした。

 

 昔の話だけではありません。ハンセン病の塔和子さんの詩を紹介しました。

「私の名よ/私というかなしい固有名詞よ」。病気が分かると家族が差別されるので本名が名乗れない。悲しいことです。

 そんな一人一人をイエス様は訪ね、誰もが嫌がるその人に触れ、手をとって癒してくださいました。病気だけでなく、ひとりぼっち、見捨てられた悲しみを癒してくださいました。

 

 その塔和子さん。こんな詩も書かれています。

 

「今日

 一節の聖句も読まず

 一篇の詩もかんしょうしなかった

 私は全く 

 今日という日を生きていなかったことになる

 その残念さ

 心をかきむしりたくなるさびしさ 

 大いなるものよ

 このさびしさを癒して下さい

 そして

 あなたの掌(たなごころ)の中の

 小さな私を安らわせてください」

 

 今日一日一体何やってたんやろう?がっかりする日はあります。気持ちが伝わらない。自分が嫌になった。でもそんな寂しい私たちをイエス様は訪ねてくださいました。その大きな御手にこの身をゆだねることができます。

 

 大切な家族。顔を見に行きたいけれども会えない。手術後、ひとりぼっちで寂しい思いしてるんやないやろか?胸が締め付けられそうになります。どうかイエス様が一人一人を訪ね、その心を慰めてくださいますように。

 

 見捨てられた。何よりもイエス様です。人々から。弟子たちから。

さらに父なる神からです。

「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」。

罪のない神の子が罪人として十字架にかかられました。

 

 ひとりぼっちの荒野を作り出すのは私たちの罪です。昔も今も偏見で人を傷つけ孤独に追いやります。しかしその罪全てを背負い、神の子ご自身が、罪人、神に見捨てられた者となってくださったのです。

 

 偏見、分け隔てする心は無くなりません。義人にして同時に罪人です。自分に偏見があるということをよくわきまえる。私の心はきれいではない。

 

 でも差別という行動、言葉につなげないように、主に祈ることはできます。一年も続く息苦しい中。感染した人、させた人等誰かのせいにしたくなります。でもどうかそんな誘惑に陥らせず 悪よりお守りくださいと祈りましょう。

 

 荒野での誘惑に勝利されたイエス様は、今も祈るあなたと共におられます。

 荒野の中も御使たちがイエス様に仕えていました。御使いたちと言えば、

教会讃美歌423にこう歌われています。

「闇にまよう 友を助け

 み使いのわざを われもはげまん」

 

 イエス様の恵みをいただいた者は、目に見える人に仕えていきます。今できる範囲で訪ね、電話し、手紙を書き…主の慰めを癒しを祈っていきます。そんな私たちと、誘惑に、罪と死に勝利したイエス様は共におられます。