先日、私の部署のスタッフが異動しました。


で、送別会があったんですね。


私、今の部署では責任者になって

もう4年ほどになりますか。


その間、こういう宴席があるときは

私が会費の支払額を決めるようにしています。


*自分の会費、皆の会費を自分で決めるいやらしさ


できるだけ各人がリーズナブルな感じを持てるようにしたい。


そんなふうに思いますので、だいたい比率的にいいますと、

まず女性スタッフの金額を、一番、安く設定します。

次に、管理職以外の男性スタッフは、その2倍。

1名いる管理職スタッフは、男性スタッフの1.6倍。

そして私が管理職の2.5倍。これが今回の設定でした。


送る人数、参加人数、さらには男女比などによって

微妙に異なりますが、まあだいたいこんなパターン。

宴会の設定料金(お一人様飲み放題込み3時間6000円

みたいなやつ)より管理職でほんの少し多くなる程度です。


で、この状況がなるべく全員には見えないように、

幹事をこっそり呼んで、金額メモを渡して集金してもらいます。


今回の宴席。幹事が女性スタッフのうちのお酒好きの1人でした。

たまたま私の隣に座っていました。


あ、本当にたまたまですよ。


言い訳するところが怪しいかもしれませんが(笑)、

参加9名で、席が4人がけのテーブル2つで

片方が5人で狭そうだったので、あえてそちらを選びですよ、

喫煙者をもうひとつのテーブルに4人まとめて、

自分のほうを非喫煙者卓にしたら、女性2名も非喫煙者で

こちらの卓になりまして、5人中2人が女性でしたので

必然的に私の隣も女性になったというだけなんです。


ほ、ほんとうですよ、ほんとうです(うろたえぶりが怪しい・笑)。


閑話休題、その席で幹事役の女性に

「いつもたくさん払ってもらってありがとうございます。

でもhi-nekureさん、自分がたくさん払っていると

主張しませんね」と声をかけられました。


「いや、まあ、別に・・」と、モゴモゴひきとって終わったんですが、

本当はこんなふうな気持ちでいました。


「主張するなんてとんでもない。

むしろたくさん支払わせてもらってすいません」


いえ、私、これは何回か、書いたと思いますが、

こと金銭に関しては、もらうよりもあげるほう、

おごってもらうよりおごるほうが、絶対に気持ちいいと思ってます。


ですから、たくさん支払わせてもらえるということは

気持ちのいいほうを譲ってもらっているわけなんです。


しかも、自分で決めて、自分を一番、気持ちいい

ポジションに置いているのですから、

本当にずるいやり方なんですよね。


さらに、私の中のもっと奥深くを自分なりに探ると

一定のステレオタイプな封建的思想があるのでしょう。

まず女性スタッフを一番安くする時点で、

一番下に設定しています。次に男性スタッフ、管理職、

そして一番上に自分を置いているじゃないですか。


ある意味、いやらしい考え方だと思います。


仕事上の単なる役職の違いを、

こんなところにも持ち込んでいます。


ほんとうだったら自然体で平等に負担すればいい・・・。


それをあえて格差をつけるような設定をしています。


さらには幹事役に御礼まで言わせています。


ほんとうに申し訳ないことだと思います。


でも、送る人の分を含めた総額を

残りの人数で頭割り・・・などという

すっきりした形に踏み切る勇気もありません。


自分がいかにいやらしく封建的な考え方の持ち主で

しかも臆病者であるかが、こうした会のたびに

突きつけられてきます。しかも突きつけるのは自分自身。

だったら直せばいいのに直せない。


今回はとくにあえて御礼などいわれてしまったために、

よけいにうろたえた宴席でした・・・。


※この文章自体が、もしかすると

自慢話に見えるいやらしさまであるかもしれません。


本当に罪深い存在です。ごめんなさい。


実は、ここ数日中でもうひとつ

自分自身のいやらしさ、ダメさ加減を

突きつけられたエピソードがあるのですが

とうてい2つまとめて書く勇気は出ませんでした。


次回以降、またカミングアウトさせていただきます。


お嫌でなかったらお付き合いいただけると幸いです。








昨日、拙宅で家内と録画したTV番組を観ておりました。


一定の年齢を迎えて、第二の人生を歩みだした家族が、

毎週、一組紹介されます。現役時代の仕事を離れて

都会から地方に移り住むケースが多いように思われます。


人生はどこにいっても考え方ひとつ、行動ひとつで

楽園が待っているというようなコンセプトと理解しています。


様々な地方での暮らしぶりが興味深く、

また絶対そんな勇気もパワーもないくせに

家内と二人で、自分達が移住したら・・などと

淡い幻想を抱いたりして、けっこう楽しませてもらっています。


*奥様が雪かき、ご主人が食事の支度


昨日の回では、秋田の小京都に魅せられて

移住したご夫婦が、それぞれの形で地域の活性化に

励んでいらっしゃる様子が紹介されておりました。


で、その中のある場面の話です。


雪国ですので、毎朝の雪かきは欠かせないようですが、

そのご夫婦、雪かき担当が奥様でした。

奥様が雪かきをしている間に、ご主人が朝食を作っています。


世間一般のご夫婦の役割分担からすると逆ですよね。


でも、拙宅夫婦、同時に「うちもきっとこうだね」と口にしていました。


もちろん嫌々そうなるのではなく、互いにその役割に納得のうえです。


以前にも何回か書きましたが、家内が日曜大工的作業を担当し、

私が食事の支度、後片付けを担当する場面がけっこう多いのです。


思うに、拙宅夫婦は、私が女性的な面の多い男性で、

家内が男性的な面の多い女性でして、

それゆえにうまくいってきた部分があるのではないでしょうか。


家内は自分自身が好きなので、まったくそういうことはなさそうですが、

私は男性的な男性(妙な表現ですが・笑)に憧れる部分あります。


でも、男性的な男性ではなく、女性的な男性ということで、

相手の気持ちに気づきやすい点があると思うんです。

家内のほうも男性的考え方を持つがゆえに

分かり合いやすい場面が、多々あったと思います。


男性的男性よりは女性の気持ちが、

女性的女性よりは男性の気持ちが、

日常的部分、ベーシックな部分で理解しやすい。


それって共同生活を送っていく上ではプラスなのかな、と

そんなふうに考えました。両端にいるのではなく、

バランスのいい中央寄りにそれぞれが立てると・・。


まあ、生物としての人間本来の形、

家族のあり方からは、やや遠のいてしまうという

デメリットももちろん大きいのですが、

とにもかくにも他人の2人がひとつ屋根の下で

暮らしていくには、やはりバランスは必要なのでしょう。


それが絶対的にいいと主張するものではありませんが、

拙宅はそんな感じなんです。


※なんだか、毎日毎日、どんどんと

中性的になっていく感じがいたしますね~。


それはエネルギーの減退と関係があるかも・・。


ちょっと不安だったりもしますが、それもまた人生ですからね。


昨日は東京もうっすらと雪でした。

寒さ厳しき折、皆様お体ご自愛ください。





気がつきますと、前回更新が1月14日。

ほぼ1ヵ月が過ぎようとしております。


当初、毎晩のように咳に悩まされて

夜眠れなくなる、という症状にさいなまれまして、

まあ、結局は風邪だったのですが、

それが長引きまして、週1回ペースだった更新が

ちょっと滞ったなと思ったところで、

会社のほうの業務が一気に難しい局面に突入。


どうしても更新の時間がとれぬまま、

今になってしまったわけです。


何しろ、会社で業務上の作業としてはパソコンに向いますが、

それ以外では、触る余裕もない状態でした。


この間、いただいたコメントやペタにもお返しができず、

本当に申し訳なく思っておりました。

この場を借り、お詫び申し上げます。


風邪のほうは、途中、家内にもうつりまして

夜中に二人で交互に苦しんだりしておりましたが

ようやく家内ともども、終息に向かったようです。


業務の難しい局面は相変わらず継続中ですが、

何とか様子を見つつ、ときどき更新させていただこうかなと

思える程度には難局に慣れてまいりました。


1週間に1回程度のペースが守れるかどうか

はなはだ不安ですが、またなんとか時間をつくって

ゆるゆると更新をさせていただこうと思います。


拙いお目汚しの文章ですが、

よろしければまたご来訪いただけるとありがたいなどと

勝手なことを思っている次第です。


実は、ペタ帳を通じて、互いの存在を知り、

訪問させていただいていた方も多く、

ペタ帳の履歴が、こんなに簡単に消えてしまうなどと

知らぬうちに訪問がかなわなくなってしまいました。

また一から探させていただきます。


やはり、体と心に余裕がないと、ひねくれたり、

ツッコミを入れたり、温かい気持ちになったり、もかなわず

ネタがうまく拾えない毎日でもありました。

↑このへん、私の本質がもしかしたら

まったく違うところにあったのではと

考えさせられたりもしたことなのですが、

そのへんは、折を見て考えたいな、と思っております。


また、よろしくお願いいたします。


※更新作業が滞るのも、復活するのも

まったくもって個人的事情であり、

わざわざ言い訳や再開宣言するのもどうか、と思い、

さらっと・・・などと考えて書き出しましたが、

気がつけば、けっこう長々と・・・、

このへんは変わっておらぬようです。すいません。


この後、すぐに1本、書かせていただきます。


読者になっていただいている皆様の元には、

まずペタのお返しから始めさせていただき、

後日、また訪問、コメント欄にてご挨拶という

段取りを踏ませていただく所存です。

もうしばらく失礼をお許しください。



その日は、家から20分ほど歩いて

勤務先の下車駅まで1本で行ける路線の駅から

電車に乗りました。いつもより早い時間。


座席こそ埋まっていましたが、ある一列7人がけシートの

前には誰も立っておらず、私が、どこでも選んで立てました。


つり革は7つです。どこに立つか。

下車駅まで駅の数にして13駅、30分ほど。

前の座席の人が立ってくれれば、残りは座って行けます。


7人のうち、1人、非常に濃いお化粧の方が座っていました。

まつげが真っ黒でピンと立っている感じ。

思わずそこに見とれてしまいまして

その女性の左斜め前に立ちました。


正面よりも斜めのアングルのほうが、

まつげが見やすかったんです。


いったい何を盛っているんだろう。


家内は、基本はノーメイクですので

あまり化粧のことは私、わからないだけに

ちょっと興味をひかれてしまったんですね~。


で、まあ、観察するといったって1分ほどの話で

後は、前の人が立ったら座ることだけ考えておりました。


*よりによって・・しかもどうせなら・・・


駅を発車するときには、7つのつり革は埋まっていました。

座る7人、立つ7人という按配です。


次の停車駅。ターミナル駅でもないですし、

何の施設もないですから、下車する人は

ほとんどいないだろうと思ったら、

その化粧の濃い女性がさっさと降りていきました。


素直に興味のあるものの正面に立てば

すぐに座れていたんですね。


その後、私の前のシートからは1人立ち、2人立ち・・。

途中、乗り換えのできるターミナル駅が6つもあるので

けっこう人が降りていくんですよ。


なのに・・・そうです。結局、私の目の前の人だけ

ずっと降りませんでした。座ったまま。


でね、私の下車する前の駅が迫っています。

7人中6人が入れ替わって、私の前だけ

ずっと座っている状況を、ちょっと面白く思ってきたんです。


まあ、これはこれでいいかと、受け入れる気分ですよ。

前向きにとらえたんですね~。7分の1の確率を

引き当てたのだから立派なものだと。


そして私の下車駅の1つ前の駅。ここは乗換駅じゃありません。

なのに、そこで目の前の女性が下車してしまったんです。


どうせなら後、1駅座ったままでいてくれたら

せっかく前向きになった気持ちが完結したのに

まったくもって肩すかしですよ。


何気ない日常の中にひそむ

こんなにも思い通りにならないできごと。

こんなことまで拾うから、ストレスフルになっていくんですね~。


でも、そんな自分が好きですけど・・(笑)。


※どうでもいい話です。

もっと手短にまとめて、小ネタとして

あと2つくらい集めてようやく1回かな、と

そんな風に思っていたのに

持ち前のダラダラ気質で結構、長くなったので

ついつい安直に1回分に昇格いたしました。


ごめんなさい。コメントなんてしようがないでしょうから

ほんと放置でけっこうです。反省しております。


反省しつつ次回は来週更新ですね。

よろしくお願いいたします。

もう新しい年が明けて6日目です。


新年明けましておめでとうございます。

今年も拙いそして怠惰なブログですが

よろしくお願いいたします。


・・・と、時間はすでに謹賀新年なのですが、

昨年末に友人と飲んだときの話です。


話題はクリスマス。

いまさらで本当に恐縮ですが、いまさらクリスマス。


で、飲んだのはすでに27日になっておりましたので

クリスマスイベントは終了しております。


*サンタの存在を信じる友人の子供


友人には3人の子供がいます。


今年のクリスマスは苦労したそうです。


というのもですね、小学校3年になる末っ子の男の子が

まだ、サンタクロースの存在を信じていて、

プレゼントに何が欲しいかのお願いは済ませたのですが

それが何だかを、両親には内緒だと言い張ったらしいんです。


事前にばれるとサンタクロースがへそを曲げて

家にやってこないと、友達から吹き込まれたとか。


母親、父親が交互に、何とか希望を聞きだそうとしたのですが

直前になっても、がんとして口を割らなかったそうなんですよ。


もうしょうがない、勝手にこっちで買うかと

父親である友人があきらめかけたところ、

前々日に遊びに来た、男の子の別の友達が

「願い事は紙に書いて、外に向けて窓に貼っておけ」と

そんなありがたいご託宣をしたらしいんですね。


素直な私の友人の息子は、それを実行。

その紙を盗み見て、ようやく今年のクリスマスに

末っ子が何が欲しいのかを把握した友人夫妻は

あわててデパートに走り、なんとかプレゼントを入手した・・。


そんな話だったんですね。


それを聞いていて、拙宅には子供がいないから

そのような面倒がなくてよかった、と思ったと同時にですね、

ふと、こんなことに気づいてしまいました。


「私はサンタクロースの存在を信じていたことがない・・・」


*サンタクロースがプレゼントをくれるのは御伽噺


いえ、もう一人、同席していた別の女性の友人が

「小学校3年生で、まだサンタクロースの存在を

信じているのは、ちょっと遅くないか」と疑義を呈しまして、

いったい、普通はいくつくらいまで信じているものか、などと

話が進んでいたのですが、そこで私、気づいたわけです。


「私には、サンタクロースの存在を信じていた時期がない」


恐る恐る、そう宣言してみたところ、

同席していた2人の友人は一瞬、絶句しました。


しばしの沈黙の後、女性のほうの友人が言いました。


「hi-nekureさんは、前世から生まれ変わるときに、

前の人が記憶を消し忘れて生まれてきたんじゃないの・・・」


普通は、生まれ変わるときに、前世の記憶を消して

まっさらな状態で誕生するものを

記憶を消し忘れてしまったため

サンタクロースなんて本当はいない、と知ったまま

生まれてきたんじゃないかと、そんなふうにまとめたんですね。


あまりに現実的というか醒めた話だったので、

なんとかファンタジーの香りをふりかけて

話をきれいにまとめてくれたんでしょう。


それで飲んでいるときの話題は次のネタに移ったのですが、

私、いまさらながら、自分の子供らしくなさに気づきましたね。


小さなころから、ひねくれ者だったんですね。


サンタクロースがプレゼントを持って

クリスマスイブの日に煙突から

入ってきて枕もとの靴下に・・・。


ああ、そんな想定はまったくありませんでした。


家がバリバリの仏教徒でクリスマスの

存在自体がなかったわけじゃありません。

ケーキも買いましたし、鶏のモモ肉も買いました。

別にとりたてて豪華ではないですが、

まあ普通のクリスマスだったと思います。


父親はそんな夜も仕事の飲み、と称して

夜遅くまで帰ってきませんでしたが

当時の家庭では、まあ、それほど珍しくもありません。


プレゼントも何かしらは買ってもらったと思います。


でも、そのプレゼントがサンタクロースからとは

全然思いもしませんで、母親が父親の月給で

買ってくれたと認識していましたね。


幼稚園に入る前、幼稚園、小学校と

記憶をたどっても、ずっと母親にありがとうと

言っていた記憶しかありません。


夜中に枕元に置いておくくらいの

演出はありましたが、それでも御礼は母に言いました。


サンタクロースという概念自体は

もちろん絵本などで知っていましたし

プレゼントを持ってくることになっているのは

知っていましたが、それは物語の中の話。


そんなふうに割り切っていたんだと思いますよ。


もっとも、何が欲しいとかもあまりなかったのも

覚えています。欲しいものがあるときもあったでしょう。

でも希望を言ったとして、それがかなわないこともあるわけで

もしかなわなかったら、とても悲しいから

だったら最初から希望なんか言わないほうがいい・・・。

そんなことを日常的に考えていた記憶はあります。


幼稚園のときには、そう思っていましたね。

これはクリスマスに限らず、日常的な話。


いえ、絶対に希望なんてかなうはずがないから、などと

思うほど不幸な家庭ではなく、希望がかなうときも

もちろんいろいろとありましたが、かなわないことも

それはあるわけで、そのときの悲しみがいやなので

だったら希望自体を消し去ることだと考えたようです。


こんな子供が大人になると、こんなひねくれ者になります。


皆さんはいくつまでサンタクロースを信じていましたか?


※やはり年末年始はバタバタでした。

ずいぶん間の空いた更新になってしまって

しかも話も去年のクリスマスですから間抜けです。

しかも久しぶりだからダラダラと長いこと。申し訳ありません。


こんな拙いブログですが、よろしかったら

今年もお付き合いお願いいたします。


また来週、更新させていただきます。

よろしくお願いいたします。