花粉症で悩む方に朗報です!

花粉症の季節の到来です。
毎年、花粉症で悩んでいる方にお役に立てる情報をご提供していきたいと思います。

NEW !
テーマ:

花粉症対策に、「くしゃみとおじゃらば」をご紹介してまいりました。
ところが、花粉の季節が終わったと思われる今の季節でも「くしゃみとおじゃらば」は売れ続けております。
その理由は、花粉症に効果があるならアレルギー性鼻炎にも効果があると理解された方が、「くしゃみとおじゃらば」を利用されているからです。
とても賢い方々だと思います。

先ず、花粉症についてみていきたいと思います。

 

① 私たちの体は、“花粉”という異物(アレルゲン)が侵入すると、 まず、それを受け入れるかどうかを考えます。 

② 排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質をつくります。 

これが、「IgE抗体」です。

 ③ 抗体ができた後は、再び花粉が体内にはいったとき、花粉は鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。 

④ その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。 

 

 

このメカニズムにより、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるわけです。 

このメカニズム自体は、我々にとってとても有難い存在なのです。

 ただ、その症状、すなわち「くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまり」が激しすぎると、大変不快です。

 

 

だから、過敏すぎるアレルギー反応を抑制することにより、花粉症の症状を緩和すればよいのです。 

 

従来、花粉症を緩和してくれる「食べ物」は数多く紹介されております。 

それらの食べ物の多くは、確かに花粉症を緩和します。 

 

しかしながら、「毎日多量に食べなくてはならない」、「不味くて食べる気になれない」、「高価なので購入を躊躇う」などの不都合があります。 

 

 

そこで、花粉症対策用サプリメントが登場するわけです。 

サプリメント・メーカーはこぞって、

有効成分を濃縮し、

場合によっては数種類の有効成分を組み合わせ、

カプセル化あるいは錠剤化により、あるいは甘味料等の添加により飲みやすくし、

購入を躊躇わない程度の価格で提供しています。

 

【くしゃみとおじゃらば】は、高配合の「じゃばら」で花粉症を緩和するサプリメントです。
「じゃばら」は、医師が処方する「抗ヒスタミン剤」と同等の作用がありながら、
「天然の果汁」であるため副作用がありません。

詳細をご確認下さい。↓↓↓

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。
さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにも負けない丈夫な身体を作ることができます。

 

【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、

「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

 

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。


「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいですね。
だから、「じゃばら」の果皮を簡単に摂取できるように、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があったのです。

 

 

乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

 

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

 

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

 

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

 

おじゃらば


「じゃばら」は和歌山県の北山村周辺地域で生産されている柑橘(かんきつ)の一種です。
ユズなどの交雑種から北山村周辺の気候にあった種が定着したものと言われています。
邪気をはらうという「邪気ばらい」から「じゃばら」と命名されたようです。

 

「じゃばら」果汁は、抗アレルギー作用を持っています。
これは、じゃばらに含まれている「ナリルチン」が抗アレルギー効果をもっているからです。


この「ナリルチン」はフラボノイドの一種なのですが、

花粉症の症状が起こる過程で発生する「脱顆粒(だつかりゅう)」を抑制する作用があることが判りました。
このため、「じぁばら」によれば花粉症の諸症状を改善することができるのです。

 

 

花粉症が起こるメカニズムは、下記の通りです。
① 花粉が体内に入ると、花粉(抗原)に特異的に反応するIgE抗体が作られます。
② 花粉(抗原)が肥満細胞と呼ばれる細胞のIgE抗体に結合するようになります。
③ 結合による刺激で細胞からヒスタミンが放出されますが、

この放出現象を「脱顆粒」と呼んでいます。
④ 放出されたヒスタミンによって花粉症状が発現します。 

すなわち、③で放出されたヒスタミンがH1受容体に結合して鼻水、くしゃみ、目の痒みなどの症状を発生させます。

 

「じゃばら」に含まれるフラボノイドである「ナリルチン」は、 

③の部分の脱顆粒抑制作用を持っています。
だから、「じゃばら」は花粉症の症状改善に極めて有効なのです。

 

「抗ヒスタミン剤」という名前をご存知の方もいらっしゃると思いますが、 

薬局で販売されている薬や医師から処方される「抗ヒスタミン剤」は

 ④の部分に働きH1受容体にヒスタミンが結合しないようにすることで花粉症の症状を抑えます。
 

花粉症の人はIgE抗体の量が多くなっています。
花粉などのアレルギー源(アレルゲン)に長期間曝露されることで、

肥満細胞表面のIgE抗体が増え、ある一定量まで増えたときに花粉症が発症するのです。

 

花粉症の「鼻水やくしゃみ」は、IgE抗体による花粉排除の働きによって発生する免疫反応なのです。


じゃばら果汁は天然由来の安全なものであり眠気などの副作用もありません。
「じゃばら」は医師から処方される薬(抗ヒスタミン剤)と同等の有効性を持つ「天然果汁」なのです。

 

くしゃみとおじゃらば

 

鼻炎について、みていきましょう。

鼻炎の種類 

鼻炎には感染症とアレルギー性があります。

鼻は呼吸するために欠かせない役割をもっています。

鼻がつまれば、呼吸がしずらくなります。

呼吸を休むわけにもいかず、また、口だけで息をすることも大変です。

 

鼻炎は鼻粘膜症の炎症をさします。 

感染症で代表的なのは、急性鼻炎(かぜ)と慢性鼻炎です。

主な原因は病原微生物です。

かぜのウィルスに感染したり、披露が蓄積して鼻粘膜や全身の抵抗力が弱くなっているところに、細菌が感染しておこることもあります。 

 

アレルギー性鼻炎は花粉症やカビ、ペットによるものです。 

その他には、鼻中隔湾曲症などがあります。 

 

鼻炎の代表的な症状 鼻炎の代表的な症状は、鼻詰まり、鼻水、くしゃみです。

これらの症状がひどくなると、物事に集中できなくなり、マスクとティッシュが手放せなくなります。食べ物の匂いも、味の匂いも感じられなくなり楽しみが消えストレスがたまります。 

 

アレルギー性鼻炎とは 一年中、鼻のつまり、くしゃみ、鼻水など鼻に関する不快な症状が続く通年性アレルギー性鼻炎と、特定の季節に症状がでる季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)があります。 

これらはアレルギーが原因による病気です。

そのアレルギーの原因物質をアレルゲンと呼びます。

アレルゲンで多いものはハウスダストやダニです。

最近急増しているアレルゲンが花粉です。

特にスギ花粉は春の3月~5月にかけて大量に花粉を飛散して、アレルギーを起こします。 

感染症を原因とするタイプと、アレルギー性のタイプとでは、症状が少し違い、アレルギーが原因の疾患では、においがよくわからなくなる嗅覚異常を訴える人が多くいます。 

 

アレルギー性鼻炎の種類 

●通年性アレルギー性鼻炎→家のほこり、ダニやフン。

ペットのフケやカビ。

 ※ネコアレルギーと言われる方はこのタイプになります。 

 

●季節性アレルギー性鼻炎→花粉症です。

花粉症にはスギ花粉、ヒノキ花粉、イネ花粉、ブタクサ花粉が代表的です。

花粉が飛散する季節もそれぞれことなります。 

スギ花粉→2月後半から5月末 ヒノキ花粉→2月後半から5月末 

イネ花粉→5月後半から9月末 ブタクサ花粉→9月 

花粉症かなと思ったら、お医者さんでアレルゲンを特定するために診療をうけましょう。

 

上記の説明で、アレルギー性鼻炎の発生のメカニズムが、花粉症発生のメカニズムと同一であることをご理解いただけると思います。

 

発生のメカニズムが同一であれば、その緩和方法も同一というわけです。

私の調査によれば、アレルギー性鼻炎対策用サプリメントがいくつか販売されております。

 

真っ先に眼に留まったのは、乳酸菌を主成分とするものです。

これは、間違いなく一応の効能があると思います。

 

 

【花粉症対策】くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. 【花粉症対策】くしゃみとおじゃらば
  2. 【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶エキスは花粉症に有効です

くしゃみとおじゃらば

 

 

 

ブロトピ:花粉症でお悩みの方にお伝えしたいことがあります ブロトピ:花粉症対策

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【くしゃみとおじゃらば】は、
花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。

 

 

そもそも「じゃばら」は、和歌山県の北山村に一本だけ自生していた自然雑種です。


「へんなみかんが育つ。でもそれが独特の味で美味い」。
原木の持ち主でもある福田国三さんが、 子供のころからから慣れ親しんだ味として広めようと立ち上がったのが歴史のスタートです。

 

当初は誰も注目せずなかなか広がることはなかったのですが、福田さんはあきらめませんでした。

「じゃばらの味、香りは他の柑橘類よりも優れている。
じゃばらの栽培はきっと村を過疎から守る産業となりうる」 として、
村長をはじめ村議会にも積極的に働きかけを続けていきました。

 

 

福田さんの情熱は、活動を始めた数年後、昭和46年から実を結び始めます。
その年の秋、村がみかんの分類で有名な権威者田中論一郎博士に調査を依頼しました。

翌年の47年、現地にて花の分析など専門的な調査、研究を行った結果、
「じゃばらは国内はもとより世界に類のないまったく新しい品種である」 ことが判明したのです。

 

さらに、紀南かんきつセンターに依頼し、成分の分析やその他の特性調査等を行い、
「じゃばら」そのものの特性・個性を解明すると同時に、 味については料理の専門家が試食しました。

 

日本でここにだけ生育する柑橘に多くの料理専門家が驚き、
個性的な「じゃばら」の味は可能性の広がりを伝えるとともに高い評価を得ることになりました。
結果、村が動き、同年の秋に農園の規模を拡大してのじゃばら栽培に踏み切ることに至ったのです。

 

これは耕地面積が極めて少なく、産地化するだけの決定的な作物を見出せずにいた村が、
「じゃばら」を評価し、8年を費やし、北山村の特産物として育てるということも意味していたのです。


その後、昭和52年農林水産省に対して農産種苗法による品種登録を出願、
2年後の54年に現地調査が行われ、種苗名称登録許可を取得しました。

 

 

今では、じゃばらの知名度が全国区になり、村の一大産業となったことから、
役場そのものの意識も変化しております。

 

じゃばら農家では、村の子供達に栽培について知ってもらうための取り組みを行っています。
村の財産として次世代に引き継ぐために、村内の小中学校に苗木を植える活動を行っています。

 

これまた村の伝統産業でもある「筏下り」の後継者に栽培を委託するなど、
村の雇用対策や農業後継者の育成へとつなげる活動が村をあげて本格化しています。

 

「じゃばら」は、ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類です。
ユズよりも果汁が豊富で、ユズやスダチとは違った風味があり、糖度と酸度のバランスのとれた、まろやかな風味が特徴です。


果実は球形あるいは短球形で、重さの平均は130gです。
冷暗所で3ヶ月保存でき、貯蔵しても果汁の減少率は少なく皮まで有効に使えるので料理の風味づけはもちろん、入浴用として美容と健康にも利用されています。

 

 

その味を一言で表現すると「にがうま」です。
酸っぱさの後に残るほんのりの苦味が独特で、まろやかな風味の中に隠れたこの味こそが年間通じ、加工品も含め2億円以上を売り上げる人気の秘密です。


また、種がほとんどないので、そのまま搾って果汁にしたり、また自宅でマーマレードや調味料として活用したりとその用途は様々です。
幅広い年齢に支持される食材として注目を集めています。

 

「じゃばら」が爆発的にヒットした理由は、日本人を悩ます季節病に効果があるとの口コミと評判です。


「じゃばら」には、花粉症抑制効果があるのです。

インターネット通販を始める前、実はじゃばらを買われる多くの方が少量ではなく、10kg、20kgという大量購入の傾向がありました。


お客様にその用途を問いかけたところ、 「じゃばらが花粉症に効くので欠かせない。
だから大量にまとめ買いしているんです」
という声を数多くいただいたのです。

 

 

そこで村では、平成13年と14年にインターネットで千人の「花粉症モニター」をスタートしました。
100%果汁300mlを無料で試飲していただき、その効果を計るというもので、千人の募集枠に2日間で1万人の応募が殺到しました。
期待の大きさを実感すると同時に、その効果のほども大変気になるところでした。


モニター調査の結果、約半数の方から「効果あり」との回答を頂き、
その多くがリピーターとなって、インターネット、マスコミを通じて広がった結果、
今日の爆発的なヒットにつながったという訳です。

 

では、なぜ花粉症の症状が緩和するのでしょうか?
これまでは人の噂、お客様の声でしか証明できなかったことを、
何とか化学的に、また医学的に解明できないかと考え、
そのメカニズムを徹底的に調査・研究し始めました。

 

そして、地元の和歌山県工業技術センターの熱心な研究により徐々に解明されました。


平成15年9月12日、東京農業大学で開かれた日本食品化学工学会第50回大会で、
「じゃばらに花粉症などの原因となる脱顆粒現象を抑制する機能がある」 という発表が行われました。

さらに平成17年には、岐阜大学により、
「じゃばらの果実、特に果皮に抗アレルギー作用がある成分が含まれている」
という研究結果が発表されました。

 

これらの研究報告により、「じゃばらの花粉症抑制効果」が、単なる噂ではなく医学的見地からも認知されました。

 

今や引く手あまたの「じゃばら」ですが、何も栽培が始まった当初から売り上げが順調だった訳ではありません。
昭和57年、村内3区画に農園(8ha)を確保しパイロット事業をスタートしました。
61年には集出荷施設を新設するなど生産環境を確実に進化させたものの、
やはり知名度のなさによる販路の狭さがネックになりました。


収穫量が60tを越えた昭和63年、平成元年には、商品の余剰在庫を抱え、
平成3年から11年までは生産調整するほどの苦難の時代がありました。

 

出荷量が急カーブで増加したのは、Web事業への進出です。
それ以前は、村内の販売や近隣への卸販売を中心に行なっていたのですが、
交通の便の悪い「飛び地村」ゆえのPR不足、不便さがネックになっていました。


この不便さを解消する方法として、村が着目したのが流通ルート不要で直接販売ができるインターネットショッピングモールへの参画だったのです。

 

じゃばら村センターの直販サイトが開設されたのは平成13年です。
花粉症モニターなどのキャンペーンを実施することで着々と噂が広まり、
その3年前までは売れ残っていたじゃばらが、
平成14年の2月から爆発的に売れ始め、 4月には事業始まって以来初めての完売を記録しました。

 

 

そして14年、15年秋収穫分に至っては、
お客様の問い合わせが殺到したことで 11月の収穫を前に10月1日から予約受付を開始し、
果実、果汁共に数日で完売するという偉業を達成することとなりました。

 

この年、年間売り上げ1億円を突破いたしました。
ネット通販の大手「楽天市場」へ出店するやいなや オープン3ヶ月でアクセス数52万PVを記録し、
2009年3月12日分の楽天市場デイリーランキングでは
じゃばら村センターの「じゃばら果汁360ml」がなんと名だたる商品をおさえ、 堂々の一位になりました。


全国区の称号を得たことで、さらなる発展を予感することなったのです。

そのため、果汁や果実だけでなく、様々な加工品にもチャレンジを開始しました。


現在は多くのじゃばらアイテムが登場したことで、
売り上げ3、4臆円を目指し、現在も楽天市場など有名通販サイトでPRを継続しています。

 

じゃばら栽培の一年 当初1戸から始まったじゃばら農家は、
平成22年には13戸、関連従事者は40人に増え、現在9haの農園で、8000本を植栽しています。

 

元々、北山村の気候は温暖多雨で年平均気温が15.2度、海岸部に比べ寒暖の差が大きく、
地勢気候上から生食用普通柑橘類(みかんやレモンなど)の栽培には適地とはされていませんでした。

 

しかし、じゃばらは北山村のような冬季気温が低い山間地によく育つ特性があることが研究で判明し、
柑橘系でありながら寒さに強いという独特の性質が村の気候、環境にフィットしています。

 

日本唯一の飛び地村といういわばオンリーワンの地域ゆえ、
日本で唯一この品種が自生、定着できたといっても過言ではないのです。

 

和歌山県北山村[観光サイト]から転載

 

【花粉症対策】くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. 【花粉症対策】くしゃみとおじゃらば
  2. 【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 【くしゃみとおじゃらば】「シソエキス」は花粉症に有効です
  6. 【くしゃみとおじゃらば】緑茶のカテキンは花粉症に有効です
  7. 【花粉症対策】今!大ブームとなっている「じゃばら」の歴史

くしゃみとおじゃらば

 

ブロトピ:花粉症でお悩みの方にお伝えしたいことがあります
ブロトピ:花粉症対策

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

花粉症で悩む方に朗報です。 

 

先ずお伝えしたいのは、 

『「じゃばら」という名の柑橘系果実が、花粉症抑制効果を持っている』 

ということです。

 

 「じゃばら」について 

「じゃばら」は、和歌山県の北山村に自生していた果実だそうです。

 一本の原木からスタートしたじゃばら栽培は、今では村の特産品になっています。

 

 その一番の理由は、「花粉症に効くので愛用している」という方が急増し、

多くのマスコミに露出したことでブームとなったことです。 

 

つまり、爆発的なヒットにつながった理由は、 

日本人を悩ます季節病に効果があるとの口コミ、評判から一気にブレイクしたのです。 

 

じゃばらを大量購入される方が多かったので、 

その理由を聞いてみたところ、

 「じゃばらが花粉症に効くので欠かせない。だから大量にまとめ買いしているんです」

 という答えが返ってきたというのです。 

 

村では、平成13年と14年にインターネットで千人の「花粉症モニター」をスタート。 

100%果汁300mlを無料で試飲していただき、

その効果を計るというもので、

千人の募集枠に2日間で1万人の応募が殺到。

 期待の大きさを実感すると同時に、

その効果のほども大変気になるところだったそうです。

 

 モニター調査の結果、約半数の方から「効果あり」との回答があり、

多く人がリピーターとなり、

インターネット、マスコミを通じ広がったことで、

今日の爆発的なヒットにつながったのだそうです。

 

 「じゃばら」で花粉症の症状が緩和する理由; 

 

そのメカニズムは、和歌山県工業技術センターの熱心な研究により解明されました。 

平成15年9月12日、東京農業大学で開かれた日本食品化学工学会第50回大会で、 

「じゃばらに花粉症などの原因となる脱顆粒現象を抑制する機能がある」 

ということが発表されました。 

 

さらに平成17年には、

じゃばらの果実、特に果皮に抗アレルギー作用がある成分が含まれている

ことが岐阜大学の研究結果が発表されました。 

 

これらの研究から、 「じゃばら」が高機能性食品素材として認知されました。 

 

もう1つお伝えしたいのは、 『「じゃばら」をサプリメント化した製品が存在することです。 

前述のとおり、『「じゃばら」には、花粉症抑制効果があります』 

この効果は、じゃばらの果皮や果汁に含まれている「ナリルチン」というフラボノイドによるものです。 

 

これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、

 「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれているのです(いよかんの4~5倍くらい)。

 

 「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。 

 

そして、「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのです。

 

 じゃばらの果皮を食べるのは、みかんの皮を食べるのと同じで難しいですから、

 「ナリルチン」を充分に摂取するためには、 

「じゃばら」をサプリメント化するのが効率的なのです。

 

 じゃばらをたっぷり配合した花粉症対策用サプリメントがありますので、ご紹介したいと思います↓↓↓ 。

くしゃみとおじゃらば

 

ブロトピ:花粉症でお悩みの方にお伝えしたいことがあります
ブロトピ:花粉症対策

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【くしゃみとおじゃらば】は、花粉の症状を抑える『じゃばら』をたっぷり配合したサプリメントです。
さらに、【くしゃみとおじゃらば】には免疫力を向上させる乳酸菌(EC-12)が配合されているので、
Wパワーで「くしゃみとおさらば(おじゃらば)」できます。

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉症のつらいくしゃみ、痒み等を「じゃばら」の力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れたことで腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにも負けない丈夫な身体を作ることができます。

 

【くしゃみとおじゃらば】の「こだわりの成分」について;

じゃばら
じゃばら」は、柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとほぼ同じ大きさです。
「じゃばら」という名前は「邪気をはらう」から名付けられたと言われています。
じゃばらの果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれています。
これは主に柑橘類に含まれる成分なのですが、

「じゃばら」には他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4~5倍くらい)。

 

「ナリルチン」には、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあります。


「じゃばら」の果皮には、「ナリルチン」が果汁の13倍も含まれているのですが、
果皮を食べるのはみかんの皮を食べるのと同じで難しいですね。
だから、「じゃばら」の果皮を簡単に摂取できるように、
「じゃばら」をサプリメント化する必要があったのです。

 

 

乳酸菌(EC-12)
乳酸菌(EC-12)には、体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る作用があります。
【くしゃみとおじゃらば】によれば、この「乳酸菌(EC-12)」を1日1000億個摂取できます。

 

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制します。

 

緑茶
緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護します。

 

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールには、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和する作用があります。

 

【くしゃみとおじゃらば】の詳細は、公式ページでご確認ください↓↓↓

くしゃみとおじゃらば

 

 

おじゃらば


「じゃばら」は和歌山県の北山村周辺地域で生産されている柑橘(かんきつ)の一種です。
ユズなどの交雑種から北山村周辺の気候にあった種が定着したものと言われています。
邪気をはらうという「邪気ばらい」から「じゃばら」と命名されたようです。

 

今、「じゃばら」が花粉症抑制効果があるとして、大ブームになっています。

「じゃばら」がブームになるまでのエピソードが、和歌山県の北山村の観光サイトで紹介されております。

ご興味のある方は、ご覧ください。

北山村の観光サイト

 

【くしゃみとおじゃらば】は、高配合の「じゃばら」で花粉症を緩和するサプリメントです。
「じゃばら」は、医師が処方する「抗ヒスタミン剤」と同等の作用がありながら、
「天然の果汁」であるため副作用がありません。
詳細をご確認下さい。↓↓↓

 

ブロトピ:花粉症でお悩みの方にお伝えしたいことがあります ブロトピ:花粉症対策

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【くしゃみとおじゃらば】には、
花粉の症状を抑える「じゃばら」をたっぷりと配合するとともに、
免疫力を高め体内バランスを整える「乳酸菌素材(EC-12)」を
3兆個も配合しております。

季節特有の「カラダの反応」は、
体内にアレルギー源(アレルゲン)が入ってきた時にそれを排除しようとすることで起こります。

このとき、崩れてしまった体内のバランスを整えるために役立つのが乳酸菌です。
しかし乳酸菌の生菌は、そのほとんどが胃酸などで殺菌されてしまい、腸に届くまでに死滅してしまいます。


ところが、【くしゃみとおじゃらば】に配合されている乳酸菌素材「EC-12」は、
高度な加熱処理を行った死菌なので、
そのほとんどは消化も分解もされることなく腸まで届き、
善玉菌の増加をしっかりサポートしてくれます。


(コンビ株式会社のサイトから転載)


「EC-12」はヒト腸管より分離したエンテロコッカス・フェカリス(乳酸菌)を
独自の培養・処理技術により加熱殺菌処理→高密度濃縮した乳酸菌素材です。
高い機能性とフレキシブルな実用性、高付加価値性を併せ持つ機能性食品原料です。

ひとくちに乳酸菌といっても、その性質や形状で分類され、多くの種類があります。
そして、菌種・菌株によって、生理活性が異なることが、数多くの研究により明らかになっています。

さらに、乳酸菌は「生菌」「殺菌菌体」「乳酸菌生産物質」など、
様々な形状で利用される優秀な機能性食品素材なのです。
「殺菌乳酸菌体」は、「生菌」や「乳酸菌生産物質」とは体内での作用メカニズムが異なり、
腸管にあるパイエル板に取り込まれることで免疫活性を誘導します。

「EC-12」は「殺菌乳酸菌体」の一種であり、
乳酸菌Entercoccus faecalisの菌体で、
その微小な菌体サイズが作用メカニズムに適しているだけでなく、
適切な殺菌でその性能を高めることにより、機能性の最大化が図られています。

「EC-12」の特徴
① 少量で多くの菌数を摂取できます(グラムあたり5兆個)
② 高いサイトカイン誘導能を持っています
③ 生菌ではないため、耐熱性に優れ、品質が安定しています
④ 生産ラインを汚染しないため衛生的です
⑤ 最終製品中の配合菌数測定が可能です

 

【くしゃみとおじゃらば】によれば、
花粉の症状を抑えるたっぷりの「じゃばら」とともに、
体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る
乳酸菌素材(EC-12)を、1日1000億個摂取できます。

 

くしゃみとおじゃらば

 

【花粉症対策】くしゃみとおじゃらばの詳細記事↓↓↓

  1. 【花粉症対策】くしゃみとおじゃらば
  2. 【花粉症対策】「じゃばら」と「EC-12」を多量に配合!
  3. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶・カテキン・シソエキスも配合
  4. 【くしゃみとおじゃらば】甜茶エキスは花粉症に有効です
  5. 【くしゃみとおじゃらば】「シソエキス」は花粉症に有効です
  6. 【くしゃみとおじゃらば】緑茶のカテキンは花粉症に有効です

くしゃみとおじゃらば

 

ブロトピ:花粉症でお悩みの方にお伝えしたいことがあります ブロトピ:花粉症対策

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。