勉強させないわよ。

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



一応受験ですから。

娘。

勉強しているんですけどね。


ここに座るんですよ。

寒いからか、紙の上がいいんですかね。


そろそろホットカーペット出してあげないと

昼間寒いよね。


夜はたいてい私の布団にはいってきて

私の顔に手をおいて寝ているのですが

朝になると足元の羽毛布団の上に寝ていて

いい感じで冷え症の私の足が朝冷たくない。


今までは、ちびっこと一緒に布団で寝ていたので

冬も寒くなかったのですが、

今年は寒いかなあと思っていたのですが

大丈夫かも。

iPhoneから送信

AD

うちのお嬢さん

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



めっちゃやんちゃです。


ここのところ、私の布団で一緒に寝ています。

寝る時はまくらもと。

途中で足元の羽毛布団の上にふわっと寝てます。


なので朝型足が寒くありません。


2か月前に長男が別の部屋で寝るようになり、

今まで二つの布団に下二人と三人で寝ていたのが

ようやく一人で寝られるようになったのですが

実際は一人と一匹です。


いつか子どもがみんな出ていっても大丈夫よね。

iPhoneから送信

AD

モンスターズアンセム

テーマ:

大学時代の友人が脚本を書き

高校時代の友人が出ているミュージカルを見てきた。


今日明日だけ。

もったいない。このキャストでこの内容で2日4回だけなんて。

特に後半の頭は泣けるよ~。

そして、キャストの歌唱力、ぱなく、すごい。


当日券もあるので、ミュージカルに興味がある方はぜひ!


http://monsters-anthem.com/cast/


3曲目の「ともだち」という曲は

先月、12年ぶりに私と会った時に作った詩だという。

大学時代の彼女といろいろな事を語り合った

密度の濃い時間を思い出して…泣けた。


大学時代のサークルで一緒だった

映画の脚本書いている友人と観に行った。

この3人のスリーショットは30年ぶりだろうか・・・。


脚本家2人と3人でお茶しながらおしゃべりして

私は脚本書かないけど、

文章を書いたり企画つくったり

ある意味同じような仕事だね、って笑った。

AD

ゆうべ姉の勉強のじゃまにならないようにと

兄の部屋でテレビを見ていたちびっこ(小2)が

テレビを見ながら寝てしまったようで、

階下におりてきて、

トイレと間違えて

台所のドアをあけたところで普通におしっこをして

はっと目が覚めた。

「おかあさん、どうしよう、おしっこしちゃった…」


ひえ~。

今までも寝ぼけてやばい時があったが

ついにか!


と思ったが、

見事にからっぽのごみ箱を便器にみたてていた。


多少汚れたものの最悪の事態は避けられた。


まさに

不幸中の幸い。


月曜日がごみの日なため

ゴミ箱がからっぽだったのも

不幸中の幸い。


そうか

不幸中の幸いっていう言葉は

現代でいう

「ポジティブシンキング」

なんだね。


そして、

小2はまだ

「育児」

だと改めて痛感したのでした~。


よくわからない遊びを作りだしては熱中している

そんなお年頃。

これもよくわからない遊びだったなあ。


少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



パソコンフリーズしたのが、きのうの昼。強制終了⏩再起動したら、インターネットはつながらないは、iPhoneは読み込まないは。
一応、ケーブルテレビのサポートセンターに電話してあれこれしたが、接続はされている。
きのうは、ここで力付き、IPPON
見て酔っ払って就寝。今日は午前中は兄の野球、午後はちびっこの野球で夕方帰宅し、多分セキュリティだろうと電話するが案の定全くつながらずiPhone片手に検索しながら、いったん今のプログラム解除して、インターネットつながった時には、ここ最近で一番の達成感…。
で、再度インストールした。

FacebookとTwitterができて、喜ぶ長男。

いや、今週末の課題は難しかった~。



iPhoneからの投稿

受験バトル

テーマ:

たしか長男の時も、この頃からバトルが本格化。


理由は簡単。

いつまでもスイッチがはいらないから。


頭が悪いわけではなくて、

「受験にうかるためにやるべきこと」

ではなく

「塾の宿題」

をきちんとやる娘に


「宿題なんかいいから、できない問題を一問でもできるようにする」

ということをわからせることが

まあ、大変で…。


眠い時間に難しい問題を説明してといい、

自分で考えられるように促すのに全く

自分で考えようとせずに

えさを待っている猫のようにしていて

少しなんか言うとすぐこーいってくるので

もう今日はキレておきました。


ああ、あと3カ月、のとが枯れそう。

読書の秋・・・もう冬?

テーマ:

なぜこの1年こんなに本を読まなかったのかな、と考えた。


1つ目の理由は、老眼が進んでしまったこと。

2つ目の理由は、単純に仕事が忙しく、疲れきっているので

電車の中で爆睡することが多く、読書タイムをねん出できなかったこと。


でも、一番の理由はi-phoneだ。

facebookだの、ツイッターだのに

気持を奪われていたからだ。

特に電車の中で。


ようやく、1年やってみて、

自分の投稿に対するイイネの数とか誰がイイネしてくるかだの、

コメントだの、有名人のつぶやきだの

誰かと繋がっているような感じのこの気持の整理が

出来た気がする。


飽きたというより、

ああ、ま、こんなもんかって腑に落ちたというか。

LINEの怖さを体験する出来事があったことも大きい。


で、読書する気が起きてきた~。

ようやく。


先週は大好きなこの本を読み終わり。

ずっと読み終わりたくなかったな。

バーニング・ワイヤー/ジェフリー ディーヴァー
¥2,520 Amazon.co.jp

今日からも新しい推理小説を読み始めました。

ようやく本来の落ち着いた自分の生活ペースに戻れそうです。



中学校。

テーマ:

土曜日は長男の学校の進学保護者会だった。


中高一貫私立なので、

高校に上がる時に必要な成績の説明やら

高校でのカリキュラムの説明やらなにやら。


実は、3年前…。

親子ともども一度も学校を見ないままに第一志望として

本人は受験の日に

私は翌日の発表の日に初めて学校を訪れたという状況だった。


というのも、

「野球がそこそこ強い進学校」という選び方だったので

見るまでもなく数校しか受けたい学校がなかったのだった。

さらに、会社の先輩の御子息がそこの野球部で

その人がいいって言っているんだし

野球専用の広いグランドもあるからいいだろう、くらいの。


しかし、おとといの学年保護者会で

いろいろな先生方のお話を聞いて

なんていい学校なんだ!と改めて感心した。

(遅い…?もう3年だって)


先月、中3で彼らは東北地方に修学旅行に行った。

岩手県も訪問し、三陸鉄道に乗って被災地の現状を見て

息子もショックを受けて帰ってきた。

新聞やテレビにも取り上げられ

聞けば、関東の中学で岩手県に修学旅行に行く学校はほとんどないとか。

例年東北だから東北に行っただけの事だが

去年の中3は、震災後たった半年でも行っている。

去年も今年も変わらず修学旅行で来てくれたと

地元では歓迎されたと、先生が話していた。


さらに、高校進学にあたり、彼らにこの詩を読みました…と

ある先生が朗読してくださった詩に

私も感銘を受けた。


長男はとにかく野球部キャプテンとしてのこの1年で

多くの苦労をし、ずいぶん成長したので、

監督や仲間には深く感謝していたのだが、

それだけではなく、

学校のそうした教育姿勢などが

大きく影響していると、改めて思った。


今、小6の娘の中学進学を前に

娘にあった学校を選ぶために

きちんと情報収集しようと改めて思った。

ちなみに、兄の学校は男子校なので行けません…。