Art for Light, Hope and Happiness

Art for Light, Hope and Happiness

現代美術コンセプチュアルアーティスト ヤナギ ハルヤス
オフィシャルブログ

--- アートから始まる幸せの循環 ---
プロジェクト:” St.Art スタート”

・・・・・・

心魅かれるアート作品を部屋にひとつ飾ってみる。それが起点となって、自分を取り巻く色々なものや環境に好きなものがどんどん広がっていく。自分の感性に沿って生活を満たしていくことに繋がる。さらにその先には、価値基準を自分自身に置いた人生をクリエイトしていく未来が待っている。

コンセプチュアルアーティスト Haruyasu YANAGIが創り出すクリスタルのように美しい絵画を、注文を受けて制作するオートクチュール式でお譲りします。作家が感じる依頼者の個性が反映されたユニークな作品になります。

このプロジェクトを通して、アートのもつ可能性を皆さんと一緒に創り出したいと思います。

******

"St.Art -スタート-" には2つの意味を込めています。
アートを飾ることから始まる新しい展開、ステージへの変化の始まり。
そして、アートを守護する存在を示唆します。

・・・・・・

詳細は下記ウェブサイトまたは本ブログ2014年4月21日の記事をご覧下さいませ。

プロジェクト"St.Art -スタート-"詳細:
http://www.haruyasuyanagi.com/Japanese/essay/entori/2014/3/1_purojekuto___A_Crystal_Piece_In_Your_Place.html

 

 

 

ロンドンでの大学院生活が2年目に入る。

この一年大学院の必修以外ではひたすら本を読んだ。デザインとアート関係以外では主に現代と古代の西洋哲学、東洋哲学の変遷、心理学。心惹かれるままに、慎重に限られた時間でどこまで行けるか自分への挑戦でもあった。

しばらくは東洋と西洋のものの見方の違いを学んでいる意識でいた。けれどここに来て、むしろ共通意識を見出す事に自分の意識の主眼があるのではと思うに至る。根源的且つ包括的に共有する世界観。ずっと求めていたものだ。

昔、既存宗教も心理学もどこか心の中でピンと来なかった。自分が求める物は社会の中で大きく流布されたり手に入りやすいような所にある訳ではないらしい。本屋に目立つように並んでいる本も、目につきやすいように用意されているものたちも、それらはもう少し広大で深遠な旅へと誘う興味の入り口になっていたのだなと。その先に心が納得する世界があるのだなと感じる。

自分から求めることの大切さ。心の声を聞く。たくさんの声の中で本当に気付く過程で経験する不安、そしてそれを常に超える思い。深く遠いところから語りかけて来るような安定した意識。それを識別し心に抱くところから始まる長い旅。

求めることは自分との対話であって、続けること、好機に手を伸ばして、手にしたものを愛しむ心にあること。そして執着せずに手放すことで旅を続けること。

そうある様に心の準備を続けること。日々のリセットも大切になる。

これからの1年はもう少し実践に目を向けるのだろうか。いやきっと1年後には別の発見をしているのだろう、笑。もう少し足元を固めながら進んでいこうと思う。

 

 

 

The second year in university starts soon this month.

 

For the first year, I read piles of books and articles all the time. Those were from the contemporary and antique philosophies in the West and the derivatives of the philosophies in the East to psychology and psychotherapy, besides art and design including ones suggested in the course. It was a challenge for me to read through as many the books as I was interested in, since the time was limited  so that all was done with carefulness following intuition.

 

While reading them, I was expecting that I would learn the clear contrast between Western view points and Asian ones. However, now I’ve realised that the main purpose could have been to find the sharable perceptions from both sides: essential, comprehensive universal interpretation.

 

When I was younger, then existent religions and psychology could not fit my seeking. What I delve for could not be found through popularly disseminated matters; instead those can be implicit thresholds to the broader, more profound world: the place I’ve been searching which is likely to exist beyond that realm.

 

The ultimate journey would start when I realise and embrace the fundamentals: the initiation of asking form myself and listening to my heart; the fear through the process of finding the truth among various distracting voices and the will to transcend the personal, societal limitation; the inner voice - the soul - incessantly whispering to me from the deep.

 

To ask is equivalent to reflecting on myself. It is essential for me to advance, sometimes being out on a limb for taking a chance and embracing what I have become and gained; then the further journey will be continued, realising and letting go of what is unnecessary any more. So as to be such a state of mind, cleasing everyday sediments in mind can be a key part in addition.

 

In the coming year, it can be said that I may focus more on actual practices, but I will highly possibly have found something else by a year from now. Let’s forge solid footing for a little while.