「中学受験と英語習得」にも書きましたが、本日、児童英語研究所の所長、船津洋先生の講演会を4年ぶりに聞いてまいりました。

 

その中から印象に残ったお話をピックアップ致しますと、、、

 

チューリップ赤中学受験にも英検の波は押し寄せる

 

20年度から小学5,6年生に英語が正式な教科として加わる。

教科になる、ということは、中学受験の入試に加えてもいいということになる。

そもそも中高一貫校の目的は、より良い大学に生徒をたくさん送り込むことで、それが実績にもなる。大学受験では英語が重要になるから、じゃあ、英語ができる子を中学から取っちゃえばよいって話になる。中学受験にも英検が採用されるようになるでしょう。

理想は小3までに準2級ですが、小6までに3級あればよいでしょう。

 

チューリップ赤ゴールは英語をスラスラ読めるようになること

 

そもそも、日本人は情報の取り方が下手。論文は英語で書かれているものがほとんどで、日本語で書かれたものは少ない。なぜ英語が必要かというと、英語は情報を得るために必要で、英語の読解力が必要となってくる。

そのために、英語をスラスラ読めるように育てることが大事。パルキッズではまずは幼児期に耳から。音をしっかり。しゃべったり書いたりは必要なし。小学生になったら単語を読ませる。文字の塊で認識させる。そして正しい音で本を読むこと。

(英語絵本の暗唱などによりしっかり読めるところまで育てると左脳に定着し、一生消えない英語力になると4年前の講演会でもおっしゃっていました。)

 

さて、私が一番聞きたかったのは、「英検準2級を取得した後、中学受験の勉強にシフトして英語力はどうなるのか?そもそも準2級レベルでキープできるのかどうか?」ということだったのですが、講演会の後に質疑応答の時間はナシ。様子を伺ってみると、会場で本を購入した人はサイン会で船津先生にサインをしてもらいながら質問もできるようです。

 

なので、私も気になる本を一冊購入しまして、サイン会の列に参加。

 

ここで、今後船津先生のサイン会に参加される方のために豆知識を。

 

豆早く並びましょう

 

最初の5人くらいは結構長い時間をとって一人一人とお話されてましたが、これを超えると先生もさすがに疲れてきます。

10番目くらいの私の時には開口一番、

「だから結局ね、、、」って、先生、まだ何も聞いてませんから(笑)

 

豆とりあえず「プリスクーラーしてます」と言っとく?

 

「子どもに何してるの?」と聞かれたので「I Can Readを持っています」と言ったですが、「プリスクーラーやってないの?なんで?」と聞かれて意味もなくタジタジしますから、とりあえずメイン教材はやってることにしときましょ・・・

 

そんなどうでもいいことはさておき!

先生に「準2級をとった後なんですが、5、6年生の熾烈な中学受験勉強の時に英語の勉強はどうすれば・・・?」と伺うと、即答、

「そんなのやらなくていいよ!」

「へっ?」

「中学受験で英語なんてやってる時間ないよ」

「そしたら英語力落ちませんか・・・?」

「準2級とってたら落ちないよ。あの長文がスラスラ読めたら絶対その力は落ちないから」と。

 

あぁ、なるほど。先生の準2級レベルというのは、あの長文問題がスラスラ読めるレベルなのだと。長文問題を捨ててリスニングで点を稼いでギリギリ合格(←息子の4級(;^ω^))ではない、「余裕の準2級合格」のレベルなのですね!とわかった訳です。遠い道のりね・・・。

 

<余談>

会場を出て駅に向かおうとしたところで、一人の女性に声をかけられまして。

「あのっ!パルキッズのプリスクーラーってされてますか?」と。

「すみません、それはやってないんです」と答えますと、

「そうですか、、、実際にされている方の話を聞きたかったんです。講演会では、パルキッズだけやっときゃいいからって先生がおっしゃってたけど、なんだか消化不良で。だから実際にされている方がいないかと、こんな出待ちみたいな形で声をかけてるんです、、、」とおっしゃってました。

 

わかる、わかります!

講演会の後に、参加者がテーブル囲んでドリンク飲みながら座談会でもできるといいのに。それで、取り組みの悩みとか工夫とか共有できるといいのになぁって。アンケートにそう書けばよかったな!って思いながら帰宅しました。

 

習い事(ギター7歳7ヶ月)

テーマ:

幼稚園年中の時に、ギターを弾いて歌ってくれる幼稚園の先生に憧れ、ギターを個人の先生について習い始めた息子ですが、最近大きな変化がありました。

 

まず、先生が変わりました。50代の先生だったのですが、先日突然の引退宣言と、「あとは新しい先生に任せたから」と連絡が。

しかし、これまで練習場所でもあった前の先生のご自宅はもう使えないので、新しい先生と二人で悩んだ結果、自宅まで来ていただくことに。

 

そして、これまでは3年間、ずっと単音で童謡を弾いてきました(もう少し手が大きくなったらコードの練習をやりましょうと言われていました)が、新しい先生は早々にコード練習をしましょうと。

 

「A」「D」「G」の3種類を教えてもらって「キラキラ星」を2週間ほど練習。手の大きさが心配だったのですが、一番上下の弦を同時に押さえる「G」も出来たので大丈夫なようです。

 

 

そして先生が次の曲はこれで、と渡された楽曲が「桜坂」

 

 

誰もが知っている名曲でありながら、これを弾く息子だけが知らないというシュールな選曲(笑)

 

私はギターの事は一切わからないので、桜坂で弾くコードの指位置一覧表を作って息子に渡すだけです。

 

 

あと、YouTubeで福山さんがライブで桜坂を歌う動画を見せました。息子の反応は「ふーん・・・結構、トシだね。」と。

むぅぅ、チミは若いから、こんな48歳は奇跡のレベルだということを知らんのだ。

あと、「この歌は、桜を見て昔好きだった人のことを思い出している歌なんだよ。」と説明。7歳男子に何を言ってるんだ私は。

 

んま、そんな訳で最近は調子っぱずれの桜坂を毎日聞かされているのであります。

 

(先生と息子。カホのホワイトボードが今さら役に立ってます。)

 

 

しつけ糸

テーマ:

数ヶ月前に、朝倉仁先生のお話を伺う機会がありましたが、その中でも特に心に残っているお話を。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

『子どもを制御しない、枠にはめないこと。』

 

「しつけ」の元来の意味は、「仕付け糸」のしつけ。

本人が出来上がった時に、それはあってはいけないもの。

出来上がった時に仕付け糸がいっぱいついてたらイカンでしょ。

「しつけ」というのは元々そういうもので、最低限これくらいのことはちゃんとやりましょうという範囲を決めてやるということ。

細かく細かく、事細かくやるんじゃないですよ。それ、縫い付けですからね。仕付けじゃなくて完成品になってしまうから。

それじゃあ、親の思った通りの縫い目しかない。

 

本人が育ちたい方向、それをある程度親が仕付けをしておいてあげれば、もう後は本人が動いて行く。その大元を決めて行くのが仕付けだと僕は思う。

 

算数で言うと、算数の仕付けは、「この問題はこうやって解くんだよ!」とやるんじゃなくて、こんな風に考えてもいいし、こんな風にやってもいいよ、答えを出すために君の好きな方法でやったらいいよ、とやること。一番いいのは、自分が納得できる方法で一番速い方法を選ぶこと。これが算数の仕付け。

 

徹底的に範囲を決め、ここは絶対にやらなきゃダメ!ここまではやらなきゃダメ!という枠を決めない仕付けが、算数の仕付けだと僕は思ってます。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

私が息子に施している「しつけ糸」は、キツキツで伸びしろを失っていないだろうか。折に触れ、朝倉先生のお話を思い出し、わが身を反省するのであります。          

「見守る」って「忍耐」と「勇気」が要りますね。

子どもって、「やり方は、いつも自分のこころがきめる。みつを」なので、このみつを達のやり方を信じて見守る勇気がね・・・。

 

さて、前回の記事の続きです。

伊藤先生が講演会の中でも強調していた「自分で思考させる」ということについて。

 

伊藤先生いわく、思考力育成プリントをやらせる時は、ポンと与えて「やってごらん」と放置。決して解法を教えないこと。なぜなら「その方法でしかやれなくなる」から。あなた、子どもに自分が教えた解法で上手に問題を解ける人間になって欲しいですか?違うでしょ?自分を超えて欲しいでしょ?と。

 

それは重々承知していますが、子どもが「わから~ん」と放置したものをいつまでも放置していてよいものか?

うちの場合は魔方陣が1年近く埃をかぶっております・・・ゲホッ

 

(こんなやつです。縦・横・斜めの合計が全て同じ数になるように数字を入れるもの)

https://stat.ameba.jp/user_images/20170206/23/haruiro-lavender/6e/ad/j/o1870170713862937714.jpg?caw=800

 

すると伊藤先生からこんなアドバイスをいただきました。

 

うーん、そういう場合はね、裏技とかじゃないけどね、もう、答えを見せちゃう。そしたら子供がその答えをじーっと見るでしょ。そして、どうしてその答えになったのか考えるでしょ。そんで発見するかもしれないでしょ。答えを導き出す喜びを感じられるようにしてあげなさいね。

 

答えを見せちゃうって!目から鱗でした。

正解を出すことは重要ではなく、自分で解法を導き出す喜びを積み重ねることが大切なんだと。自分で思考させることの真の目的はそこにあるんだと痛感いたしました。

 

さて、埃をかぶった魔方陣をそろそろ出してこなければ・・・

 

計算が絡まないような空間認識系は好きです。トレーニングで出来るようになる印象です。「サイコロころころ」も、1回だけコロッ、から練習して、頭の中で転がすスピードも速くなってきました。

 

(最近、記録に残そうと撮っておいたサイコロころころ)

 

確かに、出来るようになると、その快感でますますやりたがるようになり、どんどん上達するという好循環に入りますね。

 

できないものは寝かせておくことが多かったのですが、苦手だからとあれもこれも寝かせておくと、得意と不得意がどんどん分かれてきてしまうので、伊藤先生のおっしゃった裏技的なものも取り入れて、バランスよくやっていくのが理想なんでしょうね。

現在、小2カリキュラムの小数を、いつものように苦戦しながら進めております私とノホホン息子ですが・・・年長3月に「目標としていた就学前に4桁の加減暗算を終えた」と記事を書いてから1年半が経ちました。今日は、振り返って思う事や、前回の講演会で伊藤先生とお話して感じた事などを勝手に書いていきます。えぇ、勝手に!

 

まず、3歳でピグマリオンを始めてから大きな区切りとして目標にしていた「就学前に4桁の加減暗算ができるようになる」ですが、今思えば、ピグマリオンのHPにも書かれているこの到達目安は、私の中で呪縛のように重く重くのしかかっていました。もしそこに到達できなければ母親である自分の導き方が悪いんだと。家庭保育園での「3歳でIQ200!」と同じ呪縛をここでも引きずっていたのですねぇ。働く母の奥底にある罪悪感がこの呪縛を強くするのでしょうか。

 

結局、年長の最後になんとなくできるようになった4桁の暗算は、数ヶ月後には引き算の方が怪しくなっていることに気付きました(息子は形だけ教えても、しっかり腑に落ちていないとすぐ忘れます)。そして、小1カリキュラムを進めながらも、100の塊、1000の塊をしっかりとらえる所まで戻って、4桁の加減暗算をやり直しました。今は、HPに書かれている方法とは別の方法で出来るようになっています。(伊藤先生いわくそれで良いのだそうです。また後述します。)

 

私は今では、就学前の到達目標は3桁でも充分かなと思っています。私と息子がもっと重点をおくべきだったのは、100や1000を塊、単位としてしっかり認識し、同時にそれを構成する部分(補数)の感覚をしっかりとつかむことだったなぁと。実際、この「全体と部分を同時に把握する力」の重要性は、小1カリキュラムを進めて行く中でヒシヒシと感じています。

 

ちなみに、数の分野でいえば、息子が3桁の繰り下がり引き算でとても苦労した時、私は2桁の引き算の時から減加法で指導していれば、こんなに苦労することはなかったのかも、と思っていました。本当は「100という塊を感じる力」「いくつといくつで100になる、という補数の感覚」をしっかりトレーニングしなかったから苦労したのだと今ではわかります。「100の補数もだいたいわかっているようだし」程度で3桁の計算に取り組むから息子も戸惑っていたのでしょう。なので、キャンディー理論(自称)で100の塊を強烈に意識させた途端、理解がスムーズになったのだと思います。

 

2桁の引き算で減減法か減加法か、というお悩みは結構皆さん持たれていると思うのですが、この違いは、数の塊という意識を早く取り入れるかどうか、の違いだと思います。

 

例えば81-36=だと、

減加法では80から36を引いた後に1を足す、というやり方になるかと思うのですが、「80」という塊を強く意識したやり方ですよね。

「塊をとらえる」という段階を、3桁計算の「100の塊」でやるか、2桁計算の「10の塊」からやるか、の違いなんだと思います。

 

でも、3桁で100の塊をとらえた処理が出来るようになればどちらでも出来るようになるので、2桁のうちは子供が選んだ方法でいいのではないでしょうか。最初から減加法を好んでするならそれでよし、減減法ならそれでもよし。やり方はこれ一つ!と強制すると混乱を招くお子さんもいらっしゃるのではと思います。

 

ちなみに、塊をとらえて数を処理する方法は「長さ」の問題でも活かされてきます。例えば次のような問題が並んでいる時。

 

 

息子は⑥は単位をmmに揃えて4桁の引き算で答えを出し、⑧では7mから3m275mmを引いて12㎝を足す方法でやっていました。1mという塊を構成するのが275mmと725mmという補数の考えを使っています。

 

図形分野でも同じで、 

例えば下の、黒い部分の面積を求める問題。

 

 

全体の四角から、白の三角部分を引いて黒の面積を出さないといけないんですが、点描写をサボっている時なんかに息子に上の問題をやらせると、もう黒い所しか見えてなくて、ひたすら黒の三角を切り刻んで面積を出そうとして唸っているのです。

点描写も全体と部分をとらえるトレーニングですよね。すぐサボっちゃいますが。

 

計算の話に戻りますが、伊藤先生は「子どもが導き出した方法なら何でもOK」ということに関してはかなり寛容なのだと思った話を。

 

半年前に伊藤先生の講演会の後で、会場で会ったお知り合いのママさんと一緒に伊藤先生とお話をさせていただきました。その時にそのママさんが「うちの息子(当時年長さん)、4桁の計算を勝手に千の位から1桁ずつ計算していくんです。」と相談されたんですね。筆算を大きい桁からやるような感じです。

ピグマリオンでは4桁の数量も100を1単位として把握し、70-32で3800、次に120-75=45で、3845と解答しますよね。だからそんな勝手な方法でやっていていいのか?と。

 

伊藤先生の答えは、

「OKOK。自分で考えたんでしょ?すごいじゃない。自分でやり方を考えて、それで正解してるんならOK。」と。

そして付け加えられました。

「そのやり方を認めて褒めてあげたうえで、『こういうやり方(100の塊を意識して2桁ずつ処理するやり方)もあるよ』って言ってあげたらいいよ。」と。

 

解法は一つではない、子どもが自分の力で導き出すのをお手伝いするのだというピグマリオンの理念をあらためて先生から感じました。

 

実は息子も今はそのママさんの息子さんと全く同じ方法なんです。1000の塊、100の塊と順に考えてやっているみたいです。

 

そんな訳で、「全体と部分を同時にみる力」のトレーニングは3桁の暗算の時から実はすでに始まっていて、数も図形もその点で大いに関連があり、さらにこの先の小数分数、面積にも繋がっていくのだろうなぁと感じている今日この頃です。

 

長々とすみません。ピグ友さんが先日おっしゃってくれた「伊藤先生の言う『視野が広い人間に育てる為のピグマリオン』の意味を時々振り返らねばですねー。」は名言です。噛みしめています(^^)/

 

伊藤先生とのお話はまだ続きがあるので次回に書きます。