漫画家の手塚治虫先生は、

マンガの締切りで複数の出版社の担当が待っていた時、

みんなに公平になるように、1ページずつ仕上げていったという

逸話がありましたね。

 

これは、頭の中ですでに作品は出来上がっていて、

後は紙に書くだけという状態であったから可能であったと

想像します。

 

小説家の栗本薫先生も、

膨大な量の小説を残されていますが

原稿を見るとほとんど修正が無かったとのことですから、

作品は頭の中でできていたのではないかと思います。

 

じゃあ、いつ考えていたのかと不思議に思いますが、

想像するに

①移動時間等をうまく使っていた

②同時に2つ以上のことを考えていた。

のではないかと思います。

 

このことは、弊社会長と

ジェー・アール・シー社長のお話で前回書きましたが、

日々激変する現代社会においては、

必要なテクニックではないかなぁと実感しています。

 

まさか、と思う人もいらっしゃるでしょうが、

考えてみると、

人間は2つ以上のことをやっていますよね。

会話をしながら食事をするとか、

音楽を聴きながら車を運転するとか、です。

 

だから、訓練すれば自分にもできるんじゃないかと

思って、ちょっとずつ実践しています。

今ですか?

お弁当を食べながらブログを打っています。

(#^^#)

 

老人ホーム紹介 はるかぜドットコム
242-0017 神奈川県大和市大和東3-9-3 JRCビル2F
電 話 046-240-6135/FAX 046-240-6136
メール info@harukaze.org
URL https://はるかぜ.com/