皆様、こんにちは、くまミミですニコニコ

姫は昨日検査入院に入り、一泊か二泊の予定でしたがデータが取れたので今日帰って来られました。1週間前に発熱しPCRを受けた事を電話で確認しましたが、陰性で今はお熱も症状もないことから、予定通りOKがでました。今回の検査は、脳波、血液、二酸化炭素の検査です。

久しぶりの入院でしたが、病棟の看護師さん達がみんな覚えていてくれて、なんかすごくホッとしました。大きくなったね〜って沢山言われたよウインクラブラブ

姫は…脳波の検査は眠った状態でやるのですが…薬を使っても寝ずキョロキョロキョロキョロケタケタ笑って何やら変なテンションになっていました。1時間半程粘りましたが全く寝る気配なく、でも安静時の脳波は取れたので今回はこれでいいか、ということになりました。
姫は目立ったてんかん波はいつも見られません。怪しいてんかん波はあります。きっとそれが悪さをしているのだろう、と言われていますが発作はちょこちょこあるので、お薬を切る事は出来ない。今回もそんな感じでした。

血液検査。
相変わらず、全く動じる事なくただただ自分の採血シーンをガン見キョロキョロキョロキョロ
これにはいつもみんな驚かされます。病院慣れ。
複雑ですが、姫には頭が上がりません。偉いね、姫おねがいラブラブラブラブ

さて、呼吸障害のある姫。今回のメインは、身体に二酸化炭素が溜まりすぎていないかの検査でした。身体に流す酸素の量を増やさなければ不安定な日が増えてきた姫。人は、酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出します。苦しくならないように、呼吸回数、深さ、脳や神経が働き司令が送られてバランスを取っています。
しかし、神経の病気である姫は、その司令がうまく働かず、苦しいと感じにくい。だから疲れたり眠ったりすると呼吸が浅くなり吸う力も吐く力も身体がバランスを取れなくなります。
中枢性呼吸障害、というそうです。
いつもサチュレーションモニターを付けているので、身体の中の酸素の量は分かります。そして、ある程度の処置や、救急搬送の目安も決めてあります。しかし、本来ならしっかりと吐き出さなければならない二酸化炭素が身体に溜まりすぎているかもしれない事は専用の機械を付けなければ分からないので、定期的に入院して検査をします。

前回の入院から平均二酸化炭素体内値が、10も上がっていました…ショボーン
やはり呼吸障害は進んでいます…。

この検査で、気管切開をしての人工呼吸器をつけるかの判断材料となります。
とりあえず、ギリギリまで待ちたいので、あとどれくらい上がったら人工呼吸器をつけなければならないか話をして来ました。ジリジリと悪化している呼吸障害がここで止まって欲しいと願います…。

帰る支度を始めたら嬉しくて嬉しくて、脈が200近くまで上がり、落ち着くまで待って帰宅しました。

えへっウシシ音譜おうちが1番です音譜音譜
今日はゆっくり寝ますラブラブラブラブ

今回もよく頑張りました。
今週は、学校はお休みしてゆっくり過ごしたいと思います口笛口笛

これから姫とお昼寝ターイムチューチュー


皆様が笑顔沢山で元気に過ごせていますように。

具合の悪い方々が早く良くなりますように。