婚約記念品について。

テーマ:

スバルくんへの婚約記念品を買いに行った時の話ですキョロキョロ

婚約記念品をどうするかという話は以前からしていて、両家顔合わせまでには間に合わせたいね、と言っていたのですが…

 

そこはおしゃれに興味のないスバルくん。

初めてペアで買った腕時計はダニエルですが、それも今思えば付き合い始めで私の好みに合わせてくれていたのかもびっくり

仕事中にしている時計はチープカシオですてへぺろ

 

私も男性用腕時計ブランドは全く詳しくなく、「婚約記念品 腕時計」で検索するとロレックスとかオメガとか出てきてビビッておりましたガーン

相場は婚約指輪の1/2~1/3くらいらしいのですが、ロレックスを婚約記念品に贈る女性はその倍はする指輪をもらってるということなのか…滝汗

指輪より高いっちゅーねん。

 


そもそも私の周りの友達に聞いてみると、婚約指輪をもらっていないという人も意外といて、お返しを贈ってなかった人もいるようでした。

ネットのまとめ記事はあてにならないな~と思いました。。。



さて、それでも私なりに高級腕時計のブランドを調べていて気になったのが、グランドセイコー。

私も実用主義のスバルくんに感化されてきたのか、やはり時計は国内の時計メーカーの方が好みです。

セイコーの高級ブランドなら、お返しにもちょうどいい!と思って調べてみたんですが…

 

 

やっぱり高いのね~~笑い泣き笑い泣き

 

 

いや、私の指輪と同じくらいの価格帯ぐらいからあるので、買えないこともないんですが。

でも当のスバルくん自身にこだわりがない以上、そこまでの高級時計を買う必要性が感じられない…。

 

そこでもうちょい調べてみたら、普通のセイコーでも、婚約記念品に贈るのにぴったりなラインものがありました。

スバルくんもセイコーに異論がないようでしたし、よし!セイコーだ!と、2人で銀座のセイコードリームスクエアまで行ってきたわけですニコ

 

私達が選んだのはセイコーのプレザージュというラインです照れ

 

スバルくんはフォーマルに着けられるかどうかということを気にしていて(そもそもプレザージュのライン自体がスタンダードな定番デザインばかりですが)、それなら白い文字盤に革のベルトだよね…となったのですが、着けてみるとやっぱり革よりステンレスベルトの方がしっくりくる。

 

私が気に入ったのはこちらのデザイン。

文字盤の部分がつや消し加工のシルバーで(和紙の質感をイメージしているんだそうキラキラ)、秒針だけブルーになってます。

さらにベルト部分はチタン製なので、びっくりするほど軽いんです爆笑





しかしスバルくんが選んだのはこちらびっくり
理由は「文字盤黒い方が見やすい」だそうで…。
どこまでも実用性重視なスバルくんなのでした~アセアセ

あ、もちろんこちらもシックで素敵なんですけどねキラキラ
文字盤に反射しにくい加工がされてるそうで、墨のような落ち着いた黒なんです音符

機械式の腕時計自体が初めて見るものだったので、セイコーの店員さんの説明もとても興味深かったです(*´ω`*)
自動巻きなんですが、文字盤の裏側がスケルトンになっていて中身がくるくる動いているのが見えるんですニコニコ
(この説明で通じるのかどうか甚だ疑問ですが…)



この間のデートにも早速着けてくれてましたウインク
気に入ってくれたみたいで良かった~笑い泣き