こんにちは!
獣医師エリコです。
 
 
最近、妊娠の猫さんが多くなってまいりました。
 
堕胎そのものもかわいそうだけど
手術自体も時間はかかるし、傷が大きくなるので
猫さんには本当に負担をかけてしまうなと
心配になってしまいます。
 
 
 
TNRの猫さんは
術後に経過を診ることが難しいだけでなく
 
手術を実行できるに至るまで、
餌やりさんやご近所との話し合い
捕獲成功のために、時間をかけてしっかり餌付けし・・・・
と、
捕獲主さんの沢山の苦労が背景にあると思うと
 
猫さんの手術は
絶対に無事に成功しなければいけないと思います。
 
 
低価格で手術を行うことを目的にしてるとはいえ
野良猫の手術だからと
手を抜いたり、道具をケチったり
猫の命を軽視するような
安かろう悪かろうな手術は、あってならないと思っています。
 
むしろ、様々なストーリーを抱えた野良猫さんだからこそ
丁寧に丁寧に
一刻も早く、元気で元の生活に戻れるよう
また一生に一度の病院になるかもしれないこの機会に
ワクチンやのみとりや
ケガや風邪の治療も受けてもらって
 
 
かわいそうだからと手術を反対していた餌やりさんや住民の方などに、
術後のツヤツヤ元気な姿を見てもらって
手術に前向きな気持ちになっていただけるよう
 
「術後できるだけすぐに元気に生活する」
ことを最大の目標にした手術を心がけています。
 
 
 
koji2思ったよりたいしたことなかったにゃ!
 
 
でも
毎回同じように手術をしていても
 
やっぱり100%はありません。
 
たまに、術後に具合が悪くなったり
キズの治りが悪かったりする猫さんがいます。
 
 
最近の私の悩みは
そうした術後の不具合に、私がどこまで対応できるか・・・
 
術創の不具合(糸が取れた、傷が開いた)などには
もちろん対応していますが
 
何だか元気がない
などの、原因追及と、経過観察が必要な不具合に
どう対応しようか
 
 
 
元気がないことが続く場合は血液検査が必要になることが多いが
うちでは外注して2日ほどかかる
 
腹腔内の異常を調べるには
エコーやレントゲン検査が必要だけど
うちにはない
 
身体検査で、例えば心音の異常などが見つかったところで
うちでは継続治療をしてあげられない・・・
 
原因不明だから、とりあえず点滴だけして様子をみましょう
も心配。
 
 
 
なので
 
主治医さんがおありであれば
そちらで診ていただいたほうが安心だと思うので
 
もし、術後に何だか元気がないとのご相談があった場合には
主治医さんに診ていただくよう
ご案内させていただいています。
 
 
でも
できることが少なくても、
まずは私が診るべきだったのかな?
でも、わざわざ来ていただいて
結局転院になっても申し訳ないし・・・
でも、やっぱり診もしないのは無責任ではなかったかな
 
 
モヤモヤが残ってしまいます。
 
 
その答えは
すみません、すぐに出ないです。
今後、皆さんのご意見や、経験を通して
答えを考えて行きたいと思います。
 
 
そのためには、
上記のように、残念ながらお力になれないケースもありますが
術後に何か不具合があった場合には、ハピタビにお知らせください<m(__)m>
 
 
何がいけなかったのか
考えるきっかけになります。
 
シンプルにスペイだけといっても
麻酔を変えたほうがいいのか
抗生剤を変えたほうがいいのか・・・
など、考えるところはいくらでもあります。
 
今の方法がベストだとは思っていません。
 
手術を普及させるためにも
 
もっともっと安心して手術を受けてもらえるように
できるだけの努力をしていきたいと思います。
 
 
どうぞよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
 
 
★ ・ ・ ★ ・ ・ ★
 
「地域猫活動のすすめ」上映会
2月20日水曜日
↑↑↑
満員御礼につき、只今は募集停止しましたm(__)m
 
★ ・ ・ ★ ・ ・ ★
 
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします! 
 

●----------〇----------〇----------●

【猫の避妊手術・去勢手術に関することはHappyTabbyClinicのホームページをご覧ください】

★ ・ ・ ★ ・ ・ ★

【猫と人・猫に関わる人と人との出会いをお探しの方はHappyTabbyRoomへどうぞ!】

★ ・ ・ ★ ・ ・ ★

【HappyTabbyClinicでおうちを探す猫さんはペットのおうちからもチェックできます!】