はんこ職人 齊藤江湖のブログ

はんこ職人 齊藤江湖のブログ

小さい畑で大根を
ハンコ屋ときどき書家
齊藤江湖とは。

もう5年前か、この時は今の近江八幡に
お店を持つなんて思っても見なかった。
江湖庵、新しい私の場所もオープンして
2年を過ぎた先の事はわからないが、
52歳になった今。
これから先をまた手帳に書いてみよう。



竹根印を送らせて頂きましたお客様から
嬉しいメールを頂きました
写真掲載の許可も頂きましたので
掲載させて頂きます
以下はお客様からのメールを掲載させて
頂きます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ハンコってただ押すだけじゃないと
思うんです。
誰かが代わりに押せてしまうような、
必要なのかどうなのかわからないものは
衰退の一途かもしれませんが、
一生自分を守ってくれるような
そういう大切にしなきゃいけない
ハンコは絶対にあると思っています。
応援していますので、どうか頑張ってください!
子供達だけでなく、いずれは私たち夫婦の分もと考えていますので、その時はまた宜しくお願いします☀︎」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このメールを頂いた後
心が温かくなりました

これからも記憶に残る物を
作っていきたいし
小さな手の中に収まる
素晴らしい日本の伝統文化を
発展させ新しい価値観を生み出す
努力をして守って行きたいです

世界に誇れる
捺したくなる自分の証

江湖庵
齊藤江湖

おはようございます

田崎宏さんの個展も終了しました

御来店ありがとうございました

さて先日、取材された映像が

youtubeにUPされました

お時間あればご覧下さい


素敵に撮影頂きありがとうございました