鎌倉 長谷 由比ヶ浜 ベビー こども 布おむつ おむつなし ママサロン hananoko

鎌倉 長谷 由比ヶ浜 ベビー こども 布おむつ おむつなし ママサロン hananoko

鎌倉 由比ヶ浜駅より徒歩6分 
おやこのあつまるイベントいろいろ開催してます

《場所》
神奈川県鎌倉市長谷2丁目
(詳しい場所はイベント参加者様にのみお知らせしています)
090-2168-0018
hananoko.kamakura@gmail.com

< アクセス>       248-0016 鎌倉市長谷2丁目 



鎌倉駅より大仏・藤沢方面バス海岸通り下車徒歩2分 江ノ電由比ヶ浜駅より徒歩6分



(詳しい場所はWSイベントお申し込み後、ご連絡いたします) ※ワークショップ開催時間の15分前開場





<お申込み・お問い合わせ先>




フォーム  https://ws.formzu.net/fgen/S22732803/




メール   hananoko.yoyaku@gmail.com



連絡先TEL 090-2168-0018
  伊藤あきこ



鎌倉由比ヶ浜駅徒歩6分おうちサロンhananoko
伊藤あきこです。

日本中が布マスク2枚の衝撃にやられているけれども、
これに気を取られている間にも
時間はサラサラと流れていきます。

子どもたちもコロナの話題を見聞きし
自分の楽しみにしていた新学期の
見通しが立たないことを察知して
表面上は変わらないようでいても
親の気持ちが伝わるし
小さな心を痛めているようです。

気を取り直して日々の生活を丁寧に送ること
子どもたちに不安がないように接すること、 
感謝を込めて、衛生に気をつけて
お仕事することを意識して
過ごしたいと思っています。

が、どうも気持ちがフワフワしてしまいますね…

3月終わりのhananokoイベントは延期となり
4月以降の予定もわかりません。

わたしは毎日、夫の店
らーめんHANABIの手伝いをしています。

それも席数を減らしたり
より換気に気をつけつつ
ご自由にお使いください形式だった
箸やレンゲをスタッフから
お客様に個別に手渡しするようにしたり
努力はしているけれど
スッキリしません。

こんなに皆で会えない状況で
ママさんたちはますます孤独な気持ちになっているのではないかと心配です。

1日も早くこの事態が収束することを
願うばかりです。


ひたすら、お犬様に癒される日々。

鎌倉江ノ電由比ヶ浜駅徒歩6分おうちサロンhananoko伊藤あきこです。


3/10おうちサロンhananoko にベテランシューフィッターさんがいらして、ヨーロッパ直輸入の子ども靴販売会を開催します。


どこにでも子ども靴は売ってる。
そして子どもの足はどんどん大きくなる。

なのに、わざわざ1万円超えるような
ヨーロッパの子ども靴を買うのか。



下記のリンク、日本の靴教育の第一人者、早稲田大学招聘研究員の吉村眞由美先生の記事↓をお読みいただけると、お分かりいただけるのではないかなと思います。



月齢によっては3〜6か月しか履けない
そんな靴に1万円越え。

ママさんによっては悩ましいかもしれません。


わたしは悩ましいです笑

他を削って靴に回します。
(自分の靴はサンダル、スニーカー、ブーツ、パンプス全部合わせても5足しか持ってない笑)


6歳までが重要だと聞いて

もう6歳だから、そろそろいいかなと思ったり笑


でも靴は体全体の成長にも関わるものなんです。


なのに、その辺で売ってる靴の作りの多くは
赤ちゃんの足を守るチカラが足りません。

ヨーロッパの靴は赤ちゃんでも
足幅の設定が3種類あります。

そして歩き始めのヨチヨチのお子さんと
あんよが上手になってきたお子さんでは
サイズが同じでも履く靴の種類は違います。

なぜなら靴には足を支える大事な役割があるから
フィット感が大切だからです。


普通、靴を買うときってデザインを見ますよね。

あー、可愛い!これサイズありますか?

みたいな感じ。


でも3/10の販売会もそうですが
ヨーロッパの子ども靴の買い方は違うんです。

シューフィッターさんに採寸してもらい、
足を見て、歩き方を見てもらう。

この足なら、この靴が合いますよ

と、靴を出される。

その中から買う。


ヨーロッパの子ども靴には買い替え目安が付いてます




なかなか、お客様主体の日本にはない
販売の仕方ですよね笑


でも、ヨーロッパでは子ども靴って
専門家に選んでもらう育児に必須のものという感覚なんじゃないかなあと思います。

靴ジャーナリスト大谷知子さんの記事もあわせてどうぞ。

靴は大事。

とくに日本の子ども靴の幅は広め。
足幅の細い華奢なお子さんは
ぜひキュっと締まる靴を探して
履かせてあげてくださいね。

今回お越しになれない皆様も
ぜひ靴の履き方だけは注意して
足にフィットさせた履き方をさせてあげてください。



ちなみに、両手を持ってのあんよの練習や手押し車などはやらないでくださいね〜。重心が前に行って転びやすくなってしまいます💦💦

鎌倉江ノ電由比ヶ浜駅徒歩6分おうちサロンhananoko伊藤あきこです。

長女の1回限りの中学受験が終わりました。

昨年7月半ばに行きたい学校ができて
勉強スタートしたものの、 
結果は残念ながら不合格でした。

もっとレベル低いところなら
受かったと思うけど
目的が私立中学に行くことではなく
目標とする学校に行くことだったから
仕方なし。

受験した日の帰り道、
明らかに出来なかった顔をしてたので、
どうせ振り返ったところで
他を受けるわけでもないので

「なんかこれで終わったはずなのにやっぱり結果が出るまでスッキリしないね」
(受かっても受からなくてもどちらでも良いというスタンスだったので)

という会話だけお互いにして、
その他は受験については一切触れずに
たわいもない話をしながら
帰ってきました。

そしたら最寄りバス停を降りたとき
ふと、長女が
「ママが、どうだった?って聞いてこなくてよかった。もう切り替えたから、受験の話はしないでね。」
と言われました。


わたしが自分と親との関係で
言われて嫌だったことを一切排除して
子どもを尊重して子育てしようと決めて
子どもに接してきて良かったなと思いました。
(ちなみに、わたしがフツー?の親みたいな発言をすると注意されます笑)


この半年、本当に長女はよく頑張りました。
こちらが言わないと勉強しなかった子が
自分から勉強するようになっただけでもびっくり。
国語の問題文にすごく為になることが書いてあったよ!
と、わざわざ読んでくれたり、
勉強の面白さを知りましたね。

友達と一緒に地元中に行きたい気持ちや
勉強しなければいけないのはわかってるけど
遊びたい、好きなことしたい
という気持ちに挟まれて
自分を責めてグラグラしたり…

塾も90分×週3だけだったので
自宅学習メインだったけど
6歳次女に邪魔されること多数…

わたし自身が中学受験し、中高一貫校に入ったこともあり、

中学受験して欲しかった部分もあって
ちょっと仕向けたところもありました。
(本人は全くそうは感じてません)


塾での時間が短い分、
たくさん一緒に勉強できて、
母としては楽しかったです。


今朝はスマホ欲しかったと少し泣きましたが笑笑
(受かったらスマホ買ってもらえるはずだった)
その後、入学後の話、いろんな高校の話などしてるうちに切り替えられた様子。


長女受験にかこつけて
自分自身のこれからについて考えることを
放棄してきたわたしも、わりと放心状態。

だけど、親バカなので笑 今度は長女の制服が楽しみで仕方ない。

そしてますます手がかからなくなると思うと
(お弁当は作る気満々だけどね!)
それも嬉しくてしょうがない。

さてさて、もうすぐ立春。
わたしも新しい目標をたてて
切り替えていこうと思います。

鎌倉江ノ電由比ヶ浜駅徒歩6分おうちサロンhananoko伊藤あきこです。

すでに2度開催し、リクエストの多い「ミキ」を作るワークショップ、今度はhananokoには珍しく土曜日開催です。

長寿の島として知られる奄美大島で、赤ちゃんから高齢者まで幅広く愛飲されている「ミキ」の作り方を教えていただきます❤️

冷凍もできますので、忙しいママさんも
簡単に毎日の生活に取り入れることができますよ!


◆ミキを飲む人たちにおこった素晴らしいこと

・便秘が解消した
・高血圧が良くなった
・夏バテ解消
・高血圧、動脈硬化が改善した
・鬱が改善した
・アトピーが良くなり、ガサガサ肌が綺麗になり出血もなくなった
・下肢動脈瘤が劇的に改善した
・母乳の出が良くなり、イライラが解消した
・ミキに1食置き換えたら、便秘が改善し、ダイエットに成功



奄美大島は、人口10万人当たりの100歳長寿者の比率が、全国平均のおよそ3倍です。調べていくと、奄美に住む人たちの腸内には、驚くほど善玉菌が多いことがわかりました。
ビフィズス菌の数は、健康な成人で、およそ100億個。60代から80代は平均して1億個まで減少します。

腸内細菌研究の権威である博士が、奄美在住の家族を調べたところ、
100歳女性のビフィズス菌の数が、31億個。
そのお子さん(推定70代)が770億個、
お孫さんは740億個という驚くべき結果が出ました。

70代で比較すると、770倍の差があります。
健康長寿において最も大切なことは腸内環境です。
私自身、10代20代のとき、便秘やアレルギーに悩まされ、食べ物には試行錯誤を繰り返してきました。いま実感しているのは、日本人の体には日本人が長年食べてきたものが最も合うということです。ミキは、奄美大島という土地で長年に渡って伝え続けられてきたもの。日本人にはピッタリの発酵飲料と言えます。

奄美では、夏の暑いときの食事替わり、回復食、離乳食、咀嚼がしづらい方、おっぱいの出を良くしたい方、また神事祭事の際などいたるところで日常的に飲まれています。植物性で、砂糖は入っていませんから、大豆、牛乳アレルギーのお子様も飲むことができます。また、そのまま飲むだけでなく、スムージーにしたり、塩を足して野菜を漬けたり、ドレッシングにしたり、ケーキに入れたりとさまざまな料理に応用可能です。

“ミキ”は、「神酒」の語源と言われており、奄美大島ではお盆やお正月、お祭りなどの特別な時に神様に奉納しつつ、それぞれの家庭でも作られて飲んできたものです。

映画「君の名は」で有名になりましたが、お神酒は元々は巫女が「口噛み酒」と言って、米などの穀類を口の中で噛み、それを吐き出し溜めておくと、自然の酵母が働いて発酵し出来たものです。
古代では、お神酒(酒)づくりは女性の仕事でした。それが糀の出現によって男性の仕事に移行したと言われています。女性原理社会から男性原理社会への移行と言えます。

現在、調和の時代、女性性の時代と言われ男性性と女性性の統合が進んでいます。腸内環境を整えることは、直感力を高めることや女性性アップに繋がります。

女性性の象徴とも言える発酵食品“ミキ”を生活の中に取り入れ、これを機に自分の中の女性性も見つめ直して見ませんか。


◆参加者の声

①お米の拝み洗い・右回りで、ざるに挙げて水切り
さっそく昨日の夜やってみました、いつもどおりタイマーで今朝炊飯器で炊きましたが、ヤバかったです、同じお米なのに全然おいしさが違う。改めてご飯とみそ汁をちゃんと作りたいと思った。(1汁1菜+常備菜) (40代主婦)
②感動はミキのおいしさ、用途の多様さ、発酵食品の良さです。(40代4児の母)
③ミキの素晴らしさ♡を知ることができました。
また、お米を丁寧に研ぐということ♡ (30代保育士)
④自律神経を整えることは腸内環境を整えること、腸内環境を整えることは自律神経を整えることを知ることができました。
丁寧作られたお粥が美しく見えたし、本当に美味しかった。みんなで混ぜ混ぜ、嬉しかったです♪(30代男児2人のママ)
⑤ミキを今の時代に摂ることの大切さを実感しました!甘酒と組み合わせて日常に取り入れたいなと思います。(40代女性)
今回は奄美大島に移住され「ミキ」の素晴らしさを広める活動をされている「自然料理家 田町まさよさん」から伝授していただいたお米の研ぎ方を含む基本の「ミキ」の作り方をお伝えします。みんなで作ったミキは、それぞれ200ml程度お持ち帰りいただけます。
更に!今回は、自律神経を一瞬で整える「神門ワーク」ミニワークショップ付きです。
ぜひ、お気軽にご参加ください〜。





==============


●開催日 3月28日(土)


●時 間 10:30〜13:30

※進行状況によって終了時間に変動が出る可能性がございます。


●会 費    8000円
ミキを使ったランチ付き

●場 所 
鎌倉由比ガ浜駅徒歩6分
おうちサロンhananoko

*参加者の方に詳細をお伝えします。

*当日部屋には入れませんが室内犬がおります。
犬アレルギーの方はお気をつけください。


●申し込み 
gmailが受け取れる設定のメールアドレスのご記入をお願いします

またはメールでもOKです。
hananoko.kamakura@gmail.com

●お持ちいただくもの 
200ml入る口の広い容器(ミキを持ち帰る為)筆記用具 エプロン、ハンドタオル    


●講師 KAORUKO KITCHEN 主宰 松野薫子

プロフィール
季節(陰陽五行の五季)や体質に合わせた食べ物と食べ方の提案、アドバイスを行う。また、身体に取り込んでしまった余計なものを排毒する「デトックス」の重要性を啓発するため、デトックストレーナーとしても活動中。
過去、花粉症、肌荒れ、慢性的な疲労、冷え性、便秘など体調不良に悩んだ経験によって、腸内環境を整える重要性を実感。雑穀(穀物)とオーガニック野菜、発酵食品を中心とした、動物性タンパク質、乳製品、白砂糖を一切使わない料理に出会ってから、身体が軽くなり長年悩んでいた体調不良が解消。自然料理研究家の道へ。
茨城県取手市のサロンや、東京青山などで料理教室や味噌づくりなどを開催。経営者やママたちに、食を通して自分と向き合い、自分自身と繋がるサポートに取組んでいる。
また、自分の身体で起こっていることと、現実(地球)に起こっていることは同じであることを実感し、地球に優しい暮らし方の提案を本格的に開始。ホッキパウダーを普及するプロジェクトをスタート。食や環境に意識を向けるホッキ人仲間を1万人に増やすことが目標。
料理研究家(雑穀・オーガニック野菜・発酵食品)、Detoxトレーナー、林学博士


【キャンセルポリシー】開催日2日前から当日キャンセルの場合は全額をキャンセル料として100%承ります。家族やお友達に代理で参加していただくのはオッケーです^^
鎌倉江ノ電由比ヶ浜駅徒歩6分おうちサロンhananoko伊藤あきこです。


hananoko伊藤が2人の子の子育ての中で
知っていてよかった!と思えるものを
皆さまにもシェアしたく
抱っことおんぶについて学び練習できる会を
講師の先生をお招きして開催します。 

ママの体もラク、赤ちゃんも嬉し楽しい、
そんな抱っことおんぶを学んでみませんか?




皆さま、お待ちしておりますね!

・・・・・・・・・・

子供を育てていく日々で
繰り返される「抱っこ」や「おんぶ」。
お母さんと赤ちゃんが
ピッタリ密着した抱っこやおんぶは
お互いの身体への負担が少なく
また、心地よいものです。
そして、赤ちゃんはふれあいの中から安心感を得ます。



練習会では
「スリングを持っているけれどうまく使えない」「おんぶが上手くできない」
「使い方はこれであっている?」
「今、使っている抱っこ紐をもう少し楽に使えない?」
「赤ちゃん期だけじゃない大きくなってもできる心地良いおんぶは?」
などの疑問にお答えしていきます。

ちょっとした工夫とコツで抱っこもおんぶも
心地よくなります。是非、体験してみて下さい。
毎日の子育てにまた一つ笑顔が増えるように
お手伝いをさせていただきます。

お手持ちの抱っこベルト、抱っこ紐、スリングなどをお持ち下さい。
スリング、兵児帯は体験用をご用意します。
ご希望の方にはベビーラップの体験もしていただけます。

赤ちゃんを育てている人(お母さん、お父さん、おばあちゃん、お姉ちゃん、お兄ちゃん)、
そして妊婦さんも。
どなたでもご参加下さい。


◎日時:
3月23日(月)10:00-12:30

◎会場:おうちサロンhananoko
江ノ電由比ヶ浜駅徒歩6分 詳細はお申し込み後ご連絡。

*当日部屋には入れませんが室内犬がおります。
犬アレルギーの方はお気をつけください。

 
◎参加費:3500円(ご家族参加の場合、1000円追加)

◎定員 5組

【講師】加田洋子
セラピスト、NPO法人抱っことおんぶの研究所認定ベビーウェアリングコンシェルジュ、ARTQ認定妊産婦ケアマスター、ミッシェル・オダン氏の Doula Course修了、和の頭蓋仙骨療法セミナー講師。
鎌倉由比ヶ浜のサロンでアロマセラピー、リンパドレナージュ、クラニオセイクラルセラピーのセッションを行っている。
特に産前産後の方のケア、赤ちゃんや小さいお子さんのマイナートラブルのケアを積極的に行っている。
http://mar-kamakura.jimdo.com/
https://www.facebook.com/mar.cranio.lymph




●お問合わせ、お申込み:


または
hananoko.kamakura@gmail.com

までお願い致します。