「はなよりもなほ」

6月18日に無事に千穐楽を迎えることが出来ました。

全14ステージ、無事故で終えることが出来たのも、支えて下さった皆様のお陰です。

全ての方に、感謝の言葉が付きません。

本当にありがとうございました!!!

これからも劇団朋友は皆様の琴線に触れる作品創りを目指してまいります。

本当に本当にありがとうございました!!



公演情報

テーマ:
    ポケットスクエア応援企画
      ~HOPE・STEP・JUNP~♯1
    劇団朋友公演 Space vol.7

   『花よりもなほ』

    2017年6月8日(木)~18日(日)

      中野劇場HOPEにて

       原作 : 是枝裕和
       脚本 : 飯島早苗
       演出 : 磯村純

「 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 
      春の名残を いかにとやせん 」
          (浅野内匠頭の辞世の句)

時は元禄十五年…
今からさかのぼること三百年。
仇討ちに藩が賞金を出していた時代。

父の仇討ちのために信州松本から江戸に出てきた宗左衛門だが、実はこの男、剣の腕がからきし立たぬときた!

貧しいながらも人情あふるる長屋で暮らすうち、あろうことか「仇討ちしない人生」もあると知ってしまった!

宗左衛門、仇討ちするかしないか、しないかするか。
果たして仇討ち相成りますか!!


出演 : 芦田昌太郎(COME TRUE)
           小豆畑雅一(劇団青年座)
     館野元彦(劇団銅鑼)
     水野千夏
     こやまあつこ
     細田知栄子
     平塚美穂(風)
     本田玲央
     板橋恭史
     小泉真義
     岸ゆりえ(花)
     大澤拓巳
     野田裕
     河村光紀(風)
     船場未生(花)

※一部ダブルキャスト 風チーム、花チーム


原作 : 是枝裕和
脚本 : 飯島早苗
演出 : 磯村純
美術 : 根来美咲
照明 : 鷲崎淳一郎
音響 : 坂口野花
衣裳 : 小泉美都
舞台監督 : 浜辺心大朗
制作 : 夏川正一・岸ゆりえ
企画 : 小泉真義・岸ゆりえ
企画製作 : 劇団朋友
協力 : 松竹株式会社
     株式会社分福
     自転車キンクリーツカンパニー
     劇団青年座
     COME TRUE 
     劇団銅鑼
     ポケットスクエア


6/8(木) 19:00(風)
6/9(金) 19:00(花)
6/10(土) 13:00(花)/18:00(風)
6/11(日) 13:00(風)
6/12(月) 19:00(花)
6/13(火) 14:00(風)/19:00(花)
6/14(水) 19:00(風)
6/15(木) 14:00(花)
6/16(金) 19:00(風)
6/17(土) 13:00(風)/18:00(花)
6/18(日) 13:00(花)

※開場は開演の30分前です。
※一部ダブルキャストです(風チーム/花チーム)

チケット料金 : 前売・当日3,800円(全席指定)

お陰さまで全公演、チケットがほとんどなくなりました。
ありがとうございました!
キャンセルが出るかもしれませんので、まずはお問い合わせください。

チケット取扱・お問合わせは劇団朋友までどうぞ。
TEL 03-6661-1101
(平日10時~18時)
FAX 03-6661-1105
e-mail  foryou-jm@mtg.biglobe.ne.jp
🏣167-0043
杉並区上荻4-6-7サンケイマンション1F









初日の朝。
あいにくの曇り空。
正直、疲れのたまっているChikaです。チーン

いつものことですが、初日はやることがたくさんで、なんだか時間がありません。ガーン

劇場入りして、まずは昨日の風チームのゲネのチェック(ダメ出し)。
花チームの立ち位置確認。
それから花チームのゲネプロ。
チェック。
準備して本番。

ギリギリまで舞台面の直しや芝居のチェックをして本番を迎えました。

ま、このバタバタした中で迎える本番の緊張感が好きなんですけどね…。ニコニコ
今回の公演はいつもより忙しいです。。。

『稽古場日記』ラストday。
本当は、劇団代表であり、今回も制作を担当している夏川氏に日記を締めてもらおうと思っていましたが、
ありがたいことに、満員のお客様をお迎えし、初日の忙しさもあって、書いてもらう時間がありませんでしたアセアセ

最後の稽古、花チームのゲネプロは、
セリフは噛みまくる(私ね)、
出トチル(私じゃないですよ)等々のグタグダ、バタバタ感はありましたが、
最終確認としては良かったのではないかと思います。
だって、稽古でトチっておけば本番はうまくいきますから…!ウインク


そして迎えた初日キラキラ


上出来ではないでしょうか?ニヤリ
この約一ヶ月半。
どうなることかと不安に思う日々もありましたが、なんとか形になりました。
…いや、
形になったのではないでしょうか?
けっこう面白いかも?(自画自賛てへぺろ)

良いお芝居ですピンクハート

楽しい脚本を書いてくださった飯島早苗さんに感謝です。
そして、拙い私たち朋友メンバーに、根気よく演出してくださった磯村さん。
素敵なセットを考え、拵えてくださった根来さん、
ホントにほんとにカッコいい照明を作ってくださった鷲崎さん。
気持ち良く芝居が出来るように音響を入れてくださる坂口さん。
素敵な衣裳を作ってくださり、メイクの指導もしてくださった小泉さん。
舞台セットから置き道具まですべて手作りし、現場をスムーズに仕切ってくださる舞台監督の浜辺さん。

スタッフ皆さんの手作り感溢れる舞台に、私たち役者は立たせていただいているのです。
なんて贅沢な環境で芝居させていただいているのでいるのでしょう!


そして、劇団の仲間たち。
先輩から後輩まで、
舞台の仕込み、チケット係、舞台稽古中のダメ取り(演出家のダメ出しを暗闇で書き留めていく係)、道具の直しから小道具作り、会場のお掃除、受付の準備、初日の幕が開くギリギリまでお手伝いしてくれる…。

当たり前のように劇場に来て、一つのお芝居を創るために、お客様をお迎えする環境作りに手を貸してくれる。

すべて、本当は当たり前じゃないということ、
こんな素敵な環境で芝居させてもらっていること、
私たち、心して舞台に立たせていただきます。

そして、なにより
劇場に足を運んでくださるお客様。

感謝してもしきれません。

我ら出演者が『やるべき仕事』は
ちゃんと芝居することです。

千穐楽まで、さらに上を目指して突き進みます!

お陰さまで、チケットは全公演ほぼ完売しました。m(__)m

皆様、
ありがとうございました!
キャンセルが出るかもしれませんので、まずはお問い合わせくださいね!

さて、今回も稽古初日から綴ってまいりました、稽古場日記も今日でおしまいです。

日記担当は、細田知栄子、平塚美穂、河村光紀、水野千夏でした。
読んでくださった皆様、ありがとうございました!

カメラオマケショットカメラ
演出の磯村さんの声掛けで終演後に
一軒の居酒屋さんにキャスト、スタッフ、観に来てくださったお客様も大集合!
初日カンパイとなりましたシャンパンロゼワイン


音符オマケ2!ルンルン
『元禄・花よりもラジオ』最終回!
演出の磯村純さん、劇団銅鑼の館野元彦さんが、なめくじ権現に寄り道です。
お二人の出会いのお話や作品にかける思い等々…お聴きください!


明日からも頑張るぞ~! 

Chikaでした!バイバイ