渋谷で就活 キャリアコンサルタント上田晶美のハナマル日記

渋谷で就活 キャリアコンサルタント上田晶美のハナマル日記

キャリアコンサルタント歴20年の通称「ハナマル先生」上田晶美です。女性の活躍推進、大学生の就職、転職、主婦の再就職のアドバイスをする三児の母。企業研修、各種セミナー、就活、転職、主婦の再就職のセミナーや個別相談を受け付けています!ハナマルで内定!

【連載・大学生向け】

読売新聞「就活ON」女子ナビ 火曜日朝刊 1回/月 

日本経済新聞「就活のリアル」 月曜日夕刊 2回/月

日経キャリアカレッジ「大学生のためのコミュ力アップ講座」 オンライン 2回/月


【連載・女性向け】

AERA with baby 「ママの再就職」 毎号

とらばーゆネット「子育てママの再就職」

サンキュ 「働きママンビギナーズ」コメント監修 毎号

キレイスタイル アラフォー総研「コミュ力★きらり」 1回/月


【就活・転職相談】 無料相談あり。渋谷駅から徒歩7分。青山通り沿い

詳しい内容はホームページ をご覧ください。

お問い合わせ、ご連絡はinfo@hanamaru-souken.com まで。




テーマ:
View this post on Instagram

松竹の本木克英監督のお話しを聴きました!「空飛ぶタイヤ」の監督です。写真真ん中。左はテレビの名プロデューサーさん。 映像新聞社が母体となった「稲門映画人・文化人ネットワーク」主催の第一回シンポジウムの後の懇親会です。 シンポジウムは角川歴彦会長と本木監督が登壇なさり、早稲田の岡室美奈子先生が司会。なんとも豪華な鼎談でした。 なぜ「君の名は」がヒットしたのか。今後のコンテンツの未来は? 世界の中で今後、日本のコンテンツがいかに貴重なものになるのか。 そのお金の流れなど。 私は単なる映画好きとして参加しましたが、聴衆にはプロデューサーや脚本家やその道のプロの方が勢ぞろい。後の懇親会でも貴重なお話の数々を伺えました! 特に岡室先生が女性として斬り込んでくださった話しには大共感! 「今までの映画は女性は添え物の"花"のことが多かったけれど、もっと女性が主役の群像劇が見たい!創って欲しい」と。 その通りですね! 男性は1人でも映画館に行く。女性は必ず誰かを誘って行く。興行的にも女性ファンが大事(本木監督談)だそうです! #映像新聞 #木本克英 #角川歴彦

上田晶美さん(@ake870)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス