渋谷で就活 キャリアコンサルタント上田晶美のハナマル日記

渋谷で就活 キャリアコンサルタント上田晶美のハナマル日記

キャリアコンサルタント歴20年の通称「ハナマル先生」上田晶美です。女性の活躍推進、大学生の就職、転職、主婦の再就職のアドバイスをする三児の母。企業研修、各種セミナー、就活、転職、主婦の再就職のセミナーや個別相談を受け付けています!ハナマルで内定!

【連載・大学生向け】

読売新聞「就活ON」女子ナビ 火曜日朝刊 1回/月 

日本経済新聞「就活のリアル」 月曜日夕刊 2回/月

日経キャリアカレッジ「大学生のためのコミュ力アップ講座」 オンライン 2回/月


【連載・女性向け】

AERA with baby 「ママの再就職」 毎号

とらばーゆネット「子育てママの再就職」

サンキュ 「働きママンビギナーズ」コメント監修 毎号

キレイスタイル アラフォー総研「コミュ力★きらり」 1回/月


【就活・転職相談】 無料相談あり。渋谷駅から徒歩7分。青山通り沿い

詳しい内容はホームページ をご覧ください。

お問い合わせ、ご連絡はinfo@hanamaru-souken.com まで。



この投稿をInstagramで見る

昨日のハナマルキャリア研究会第9回の様子をご報告。 今年はオンラインなので、「ハナマルオンライサロン」と名前を変えようかな?なんて思っています。どうかな? ブレイクアウトセッションを入れ、双方向性を高めて充実してきました! 今回のゲストはモーハウス代表の光畑由佳さん。 渋谷の事務所を紹介してくれた友人です! 日本の女性経営者を代表してAPEC北京会議でスピーチをした素晴らしい方! それなのに温厚な人柄で気取らず自然体。皆さんから慕われています。 「女性の働き方改革 ワークライフミックス」 と題してお話しいただきました。 授乳服ってすごい! 人前でも肌を見せずに授乳できちゃう。 光畑さんが自らの3人の子育ての中で考案したもの。 ママが社会から分断されないようにとの願いから生まれました。 授乳ケープというのもあるけど、赤ちゃんにとっては真っ暗な中での授乳になるし、夏は暑すぎる! 私も授乳服が欲しかったなー。 なので出産祝いは必ずモーハウスの授乳服を贈っています。便利でおしゃれで、頑張ったママへのプレゼントだから! 最後に会の中で気になる発言がありました。 ワークライフミックスって 最近ネガティブに使われることが多いらしい。 でもそれって男性目線ではないのかな? ママはいつも子どもを切り離しては仕事のことを考えられないでしょう? もちろん切り離される時間も大切ですが。 私は子どもを産んでから、この27年、ずーっとミックスでした。初めの10年は週の半分は家で3人産んだ幼な子をあやしながら働いて来ました。 赤ちゃんが寝たら、仕事! 子どもが遊びに夢中になったら、仕事! 子どもはお絵描き、私は仕事! この春から急にテレワークになり、子どもをそばで見ながらの仕事になって、若いママパパは大変だったと思います。それも慣れればやり方次第でしょうか。 私は子どもの様子を見ながら、子どもに合わせて働いて来れました。 会社員として時間給で働くのは難しいでしゃうね。ぜいたくですね。 大きくなった息子に「ママがずっと働いていて、寂しくなかった?」と聞いたことがあります。 息子は「ママはずっと家にいたよ!」という答えでしたっけ。 光畑さん、ありがとう! こうして時々、私も子育ての大変だったことを思い出さないと! 今現在、大変な思いで子育てしているママたちに寄り添うために。 そして、フリーに全ての時間を自分の好きなこと、仕事に費やせるようになった自分の今に感謝するために。 #モーハウス #光畑由佳 #ハナマルキャリア研究会 #ハナマルオンライン #オンラインサロン #ハナマルオンライサロン #ハナマルキャリア

上田晶美(@ake870)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

昨日は5ヶ月ぶりにスタッフが渋谷事務所に集まり、フェイスシールドをつけ換気に気をつけながらミーティングしました! 楽しかったー!毎週zoomミーティングしておりましたが、やっぱり会うといいですよね! 髪の毛伸びた? 痩せたんじゃない? お子さんたちはどう? など女子らしいトークが繰り広げられました。 雑談不足の日々を少し解消です。 そしてまた今日はテレワーク。zoomで打ち合わせをしながら、あとは1人でコツコツ仕事に集中です。 朝、ゴミを出した時に庭で蝉の抜け殻の写真をパチリ。 とにかく家には蝉がたくさんおり、早朝に蝉の羽化を子供たちと観察したことを懐かしく思い出します。 ミンミン蝉は羽化したては薄緑色でそれはそれは神々しいばかりに美しい。 二男がそれを色鉛筆で丁寧に描いて、先生に褒められたことを覚えています。 その二男は今年、東京都の中学の理科の先生になりました。 鈴虫、クワガタ、カブトムシ。ずいぶん虫を飼わされました。廊下にズラーっと虫かごを置いて積み上げていましたっけ。 小学生のアルアルですね。 私は田舎育ちでしたが、決して虫が好きな方ではなかった。でも母としてはそこを我慢して、虫たちにきゅうりやナスやスイカをあげてフォローしましたよ。 全国のお父様お母様方!その苦労、決して無駄にはなりませんよ! うちのように理科の先生になるやもしれませんので! ガンバレ!! #雑談不足 #蝉 #蝉の抜け殻 #理科の先生

上田晶美(@ake870)がシェアした投稿 -