八戸市小中野
常現寺で行われた
京都 清水寺 貫主 森清範猊下の
一筆御揮毫と講話会。


多くの人が笑い
頷いていました。


八戸市市制施行90周年節目の一文字
「令」
この文字の中に
「八戸」を見つけることができるとか。


森猊下が帰られた後の空に


不思議な形の雲


あっという間に形を変える


今年の漢字一文字展開催の
南部会館へ

音羽の霊水でお茶を


上質なおもてなしを知る。

まさか、ここに、
猊下の書かれた掛け軸が。

見えないご縁に
励まされた感謝の気持ちを伝える
そして、受け取る
あたたかい空間でした。

やっぱり
世界はつながっている。



入院していた友の
退院日が決まりました。

生きる意味を見つけられずに過ごした
入院生活。
やっと生きる意味を見つけたみたい。

病院から出たら空に



あ、羽。

羽ばたく。

そんな言葉が浮かんで

空と会話する私。