======================================
2019年5月に脳出血
後遺症(右半身麻痺高次脳機能障害)
6ヶ月のリハビリ入院後、退院
再び2020年1月に脳梗塞を起こした父の
リハビリ闘病の毎日書いてます。
======================================

脳梗塞の再発での
回復期病院を退院したその日に
容態が悪くなり救急搬送
深部静脈血栓で治療の後
食事、介助に対して一切の拒否が始まり
入院が必要となった父
改善しない日々が続いたものの
回復の兆しがようやく見え始めた

8/6 オンライン面会
親戚からメッセージ動画を預かってたので
それを見せた。
うんうんとは言うけど喋らない。

混乱したような電話もなくなったし
薬の効果がなくなった?
食事をまた摂らなくなってたりしてない?
と心配になって
看護師さんに様子を聞いてみたら
食事は3食摂れるようになってますよ!
と。
3食も食べれてるの...ヨカッタ...。

お粥と好きなおかず+デザート
(リハ病院の時とそんなに変わらない)
+持っていった介護食レトルトや
スムージーやプリンも
看護師さんが声かけしてくれて
気まぐれで食べてるみたい

食事量はだいぶ安定してきてるし
車椅子に座って
左手で自分で食べれるようになってきた
と聞いて安心した。

ようやく生きるための
スタートラインに戻れた気がした。

8/10
看護師さんが
最近よくしゃべってくれるんですよ!
家族さんに何か言っとく事あるか聞いたら
「会えへんで寂しいなぁ」
って言ってましたし
お昼にテレビ見ながら
「もうすぐ甲子園やなぁ」とか
「ウイスキーのみたい」って言ったり
お酒の話とか話してくれるんです!
って嬉しそうに報告してくれた

父の回復を私たちと同じように
喜んでくれてる人がいるんだなぁって
本当に嬉しかった

8/12 胃ろう処置実践会
胃ろうの実践。
父に面会出来た。
車椅子移乗を見せてもらったけど
横になっていると
足が胸に付くくらいまで曲がっていて
ベット際に座ると重力で足は下に降りるけど
宙に浮いたまま
伸びないから立つ事も出来ない状態
なかなか厳しいなぁって感想ショボーン

胃ろう処置自体は
それ程難しくなくて安心。

しっかり食べれて来てるから
ゆくゆくは
胃ろうは足りない水分と薬だけ
というのも可能そうとの事。

8/14 カンファレンス
退院前カンファレンス
デイ、週4回
訪問リハ、週2回
訪問看護、週1回
往診、2週間に1回
で末に退院で大方決まりました。

看護師さんからADLの報告を見て
かなり落ちたな...って思った。
立てなくなって
歩けなくなって
トイレが使えなくなって
だから
分かってたけどズシっときたな。

足の拘縮で立てないというのを
目も前で見せてもらって納得した。
立ち上がってるのに足は90度。
地面に着きそうにもない。
退院後もリハビリは入れるけど
過剰に期待はしてはいけなさそう...ショボーン

食事は
朝は胃ろうからの経管栄養
昼と夜は経口摂取
それで1日1300カロリー程
3食経口も可能だけど
摂取量が日によってムラがあるから
1食はしっかり経管栄養を入れる方がいい
との事。
痩せすぎたから摂取カロリーは多くしたい。

リハビリは出来てないけど
食事が進んでることが
本当に嬉しい

嚥下、咀嚼、呂律は
やっぱりだいぶ落ちてる
経口摂取を増やしいくためにも
またリハビリしていくしかない

立ち上がれたら
歩けたら
また欲張ってしまう

ちょっと前は
生きれるかどうかしか考えれなかった
今はリハビリの事を考えれるようになった

回復して来たって事。

コロナのせいで
家族が寄り添えなかった分
丁寧に寄り添ってくれた
主治医に、看護師さんに、
感謝しないといけない...❗

胃ろう処置指導の看護師さんが
凄く丁寧なこんなの作ってくれた...❗
どれだけかかって作ってくれたんだろう💦
大変だっただろうなぁ...えーん
ラミネートまでされてるし...
めっちゃ丁寧にトラブル処置の方法まで
在宅になった時に困らないように
総合病院だけど
ほとんど精神病院だと言われていて
嫌煙してしまっていた病院だったけれど

色んな病院から断られた父を
引き受けてくれて助けてくれた。

丁寧に寄り添って貰って感謝しかない...。

本当に本当に
ありがとうございます。