晴れ晴れ晴れレイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」100前山寺晴れ晴れ晴れ

 

・ 本堂

 

 

 

・ 塩田城の鬼門に位置し、

 

その祈禱寺として

 

武将の信仰も厚かったようです。

 

・ 貞享年中(1684年~)鶏足寺を離末し、

 

京都の智積院末となり

 

新義真言宗信州常法談林所(お坊さんの学校)として

 

数学の殿堂

 

あったようです。

 

・ 真言宗「信濃の四談林」の一つであり

 

三楽寺とともに

 

「信州の学海」としての役割を担っていました。

 

・ かつては、四十数か所の末寺を持ち

 

歴史あるお寺として知られています。

 

つづく

 

宝石緑クローバー宝石緑オオカサゴケクローバー宝石緑クローバー

 

 

 

 

・ 環境が変わったので

 

スプレーをかけて

 

湿度は上げてはいたのですが

 

足りず

 

乾燥の為かはてなマーク

 

枯葉が目立つような状態になってしまった。

 

・ そこで水を多めにし

 

九割方沈めた。

 

・ 何日かすると

 

新しい芽はてなマークが出てきた。

 

・ 形はまだ違うが

 

やがて

 

同じ形になるのだろうかはてなマーク

 

・ なってほしい。

晴れ晴れ晴れレイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」99前山寺晴れ晴れ晴れ

 

・ 本堂

 

 

 

・ 間口十間、

 

奥行八間の

 

木造萱葺です。

 

 

 

 

・ 本尊は、

 

大日如来です。

 

・ 独鈷山麓の前山寺は、

 

塩田城の祈願寺と伝えられています。

 

・ 弘仁年中(812年)空海上人が

 

護摩修行の霊場として

 

開創したと伝えられています。

 

・ 当初古義真言宗として法相、

 

三輪両宗を兼ねていたが、

 

元弘年中(1331年)讃岐国善寺より

 

長秀上人が来止し、

 

正法院を現在の地に移し、

 

前山寺を開山したと伝えられているそうです。

 

つづく