少し前のブログにも書きましたが、

今年の4月にぐんが突然ご飯を食べなくなるという

ラブラドール的にありえない事件が起きました雷

 

大好きなボールもくわえなくなったので口の中に何か原因があると考え、
獣医さんに診てもらった結果、咀嚼筋炎の疑いと診断されたのです。
 
咀嚼筋炎
ラブラドールやシェパードなどの大型犬に多い病気で
口を開けたり物を噛むときに使う咀嚼筋の炎症です。
咀嚼筋固有の筋繊維を自己抗体が攻撃する自己免疫疾患。
 
 
この時はあくまでも咀嚼筋炎疑いとのことでしたが、
病気を確定するには口の中をもっと細かく
歯や歯肉部分も含めて調べないと分からないのですが、
2週間痛み止めを飲ませた結果元気になったので
今更全身麻酔をかけたりリスキーなことはしなくても良いだろうと思います。
私自身が薬を飲まない主義で難病を克服しているので
我が家の犬も出来るだけ薬を使わずに健康を保ちたいのです。
今回は食事も出来ない状態だったので短期間痛み止めを使いました薬
 
ちなみに治療は
自己免疫疾患ですから人間と同様ステロイドですアセアセ
ステロイドの怖さを知ってる私がぐんに飲ませるわけがない。

 

 
 
 
写真は少し良くなって久しぶりにボールをくわえたところ。
ちょっとまだ顔が元気ありませんショボーン
 
 
 
 
ぐんは今年の11月で10歳になるのですが、
大型犬の10歳って人間に換算すると75歳ですってガーン
そう考えると、少しずつ不調なところが出てきてもおかしくないよねタラー
 
犬は痛みに強いので今回みたいにご飯を食べないとか
よほどのことがない限り飼い主が気付きませんので
人間以上に予防が大事ですねウインク
 
私は人間も犬も同じように考えますので
今年10歳になるぐんの予防を強化することにしました。
咀嚼筋炎が治ったあと、知り合いにおしえてもらった
CBDオイルをあげ始めたんですけど
今飲ませ始めて2週間くらいですがなんだか元気になってる気がしますラブラブ
 
 
すっかり顔つきが戻りましたキラキラ
 
 
 
一昨日のぐん
元気ハツラツ~
 
滑り台も復活ルンルン(具合が悪かった時は滑り台の横素通りでした)
自信みなぎる顔チョキ
 
 
 
そして今朝は若いお友達とワンプロまでしてました。
 
 
 
 
なんだか若返ったんちゃうか?
 
元気になってくれてとにかく嬉しいラブラブ
 
別れが来るその時までお互い元気でいようねニコニコ
 
一緒にピンピンコロリ目指そうねチョキ