週末は岐阜へ。

日本からだワーク協会の

事業推進統括チームのメンバーが集まり、

からだバー®エクササイズを

解剖学、筋膜、運動学の視点で色々と検証。


日本からだワーク協会テクニカルアドバイザーで、理学療法士の灰方淑恵さんによる講義は、とにかく勉強になることばかり。


「難しい事をいかに分かりやすく」



これって本当に難易度高いんですよね。



でも、

灰方さんの講義はまさしく、

それ!


改めて、からだバー®の可能性を再開認識しました。


知識を知識だけで終わらさず、

知恵に変えて、

最終的に指導スキルに落とし込んで

参加者がエクササイズを受けて

「ふむふむ。なるほど~!」

と思って貰う事が指導者が目指すところ。


開発段階から携わらせて頂いている

からだバー®



今まで色んな試行錯誤を繰り返し、

どんどん進化していく。

一歩一歩前進していく。

壁にぶち当たりながらも、

どんどん前進していく。



多くの方々の

知識、知恵、技術、経験、情熱、想いが集結し

カタチになっていく道を見てきました。



これからのからだバー®は

もっと加速していく姿が見えました。