スピードワゴンの井戸田氏(現在46歳)と言えば2005年、女優の安達祐実と離婚したが、彼は離婚後初めて付き合いたいと思ったという女性の話をTVで披露していた

ある日、居酒屋でその女性と二人で飲んでいる時、井戸田氏がその女性に

『どうする?もう俺たち付き合う?』

と聞いてみた

すると彼女は

「そんな冗談っぽく言うんですか? そういうの、私よくないと思います。ちゃんとしてほしいです」

と、交際を申し込むのであれば、そんなに軽く言うものではないとたしなめられたのだとか

そこで井戸田氏は、数週間後、東京タワーが望める30階のイタリアンレストランを予約赤ワイン

改めて

「付き合ってください」

と切り出すと

何と彼女から

「無理です」

と言われてしまったのだそうショボーン

まさかの回答に井戸田氏は

「意味が分からない なんで?」

と問うと、なんと彼女は

「私今、24歳です
私にはまだ未来があります」

と答えたのだゲロー

井戸田氏は
彼女が考える交際できない“理由”に

『じゃあ
あの数週間前の居酒屋で言ってよ〜えーん

と、相当なショックを受けたアセアセ



確かに彼女の居酒屋での言葉は、交際をお断りしているとは、男性は受け取らないだろう

わたしも、多分そこはわからない…ガーン

でも、この話の全体像を把握して思うのは
この女性はあの居酒屋の時点で断っていた(つもりでいた)と思う

24歳の未来がある女性にしてみたら
バツイチで、その前の結婚を引きずっていて、しかもずっと歳上の男性と真剣に交際するなんて、論外なのかもしれない…

でもあの文言だと、告白は受け入れてくれたが、場所が悪く、ムードがなかったために、やり直しの要求をされていると捉えてしまうよねショボーン

24歳という年齢は、それだけで男にそんな驕った態度を取っても許される
それだけの価値がある
若さには…
それはそれでいいと思う
わたし自身も、若い頃は勘違いから来る傲慢さは持っていたと思うから…タラー


この話
また美沙(親友)と話してたんだけど

美沙『うちらなら、居酒屋の時点でその気がないなら丁重にお断りしたよねアセアセ

coco「お断りするのにこんな言い方をして、素敵なお店を探してそのシチュエーションを用意させるのは申し訳ないし、無駄なお金を使わせることも心許ないわショボーン

『でも、相手に気持ちを伝えられた時、こっちに気持ちがなければ、お断りするしかないんだけど、相手が出来るだけ傷つかないような言葉選びをしようと心掛けたために、相手にしっかりとお断りしたという印象を与えられたのか?そこはぼやけてしまうことは、あるよね』

「断るって、やっぱり女は苦手だし、察して欲しい部分もあるから、これくらいの文言でわかって!みたいなところはあるね… でも、はっきり言わないとわからないから、やっぱりはっきり言った方が後々誤解が生まれたり、また言い直したりしなくていいのかもアセアセ

『相手のお財布を気にしたり、断り方を一生懸命考えて相手の気持ちに配慮する…
それも、妙齢だからよ笑』

「妙齢…チーン


結局だいたいのことは妙齢で片付ける美沙とcocoであった…笑笑爆笑



トロピカルカクテル新しいホームページ開設しましたトロピカルカクテル
      上矢印ここをクリック





 あしあとcontact to cocoあしあと

恋愛相談・メール相談
男性専用相談


・失恋から立ち直りたい

・復縁したいがどうすればいいか

わからない

・お付き合いが上手くいかない

・音信不通などお相手からの連絡が来ない

・遠距離恋愛のお悩み

・誰にも言えない恋のお悩み(不倫)

・結婚したいが前に進んでいない

・婚活・マッチングアプリでのお相手探し

・片想いのお相手に気持ちを伝えたい

・別れたいけど別れられない

・etc…


上記以外でも様々なご相談を

お待ちしてます

女性の方でもお気軽にご相談下さい

これまでの経験をもとに

共感し合い心に寄り添うことを大切にし

解決への道を開くお手伝いを

させていただきますガーベラ


心に抱えるお悩み

吐き出してみませんか




即効性のあるクレジット払いやコンビニ支払いはこちら下矢印



ホームページ開設しました!
匿名性を重視される方、詳しく利用ガイドなどをお知りになりたい方は
こちら下矢印



サイト・ホームページからのご依頼は
メール一往復1800円
初回ご利用のお客様に限り
一往復後、一問一答で
お答えするサービスをお付けしています
詳しくはホームページをご覧ください


やしの木よろしくお願いしますやしの木