この週末は、パドックへ行くのが楽しみでならない

あゆおばちゃんです。

羊の尻を見てウキウキする変なおばちゃんですが何か?

 

我が家の羊、そろそろドラフトしたほうがいいな~と

思っていたんです。

野球などで使われるDRAFTと同じスペルなんだけど

どちらかと言えば徴兵とかで使うDRAFTの意味かな。

今回のドラフトは、男の子と女の子を分けるために行いました。

 

男の子グループにはタマツキ含む、お肉用。

女の子グループにはドライとウェット両方ね。

ドライってのは妊娠をしていないことです。

 

迷うのはこのドライを男の子グループに入れたほうが

いいんじゃないかってこと。

そうすれば、タマツキ君たちが頑張ってくれれば

時期の違う子羊が生まれると思うんだけど?

もしかしたらドライに見えても実は

まだおなかが膨らんでいないだけで

妊娠している可能性もあるしね。

 

ドラフトされた女子たち。

image

むっちりしてますな。

 

今後、女子たちは小さめのパドック5つを

1~2日周期で移動させます。

もしも草が無くなれば、大きいパドックも使うけれどね。

 

冒頭に尻を見ると書きましたが、

これはお尻の穴の確認をしているのです。

出産が近くなってくるとお尻の形が変わってくるの。

そしておっぱいも後ろからのほうが見やすいから。

 

この女子たち2頭はボトルミルクで育てた子ですが

あまり人間にべたべたしてこない性格。

他の子は自家生産で育った子なので

人間の手をかけずに大きくなった子たちです。

ということは、人間が触れようとすると基本的に逃げる。

 

ドラフトの際、ドレンチ(虫下し)もしてますが

イヤンイヤンの抵抗をするのよね。

男の子グループは数等を除き

全員ボトルで育てているからさっくりできるんだけどね。

 

パドックの移動のときに、差が大きく出る。

ボトルで育てた子は、私が先に歩くとついてくる。

そうじゃない子たちは、後方から追うと逃げる。

要は、先導の役目と後ろからの監視役がいればいいのですが、

たいていこういうのって私一人でやる羽目になるから

羊との知恵比べになるのよ。

ミニちゃんはファームのトレーニングをしていないから

時々興奮しすぎて羊の群れに突入してしまう。

せっかく一つにまとめた羊を二手に分けてしまうなんてことがあったの。

 

でも、この週末、グループを分けたから、

男の子のグループで練習でもしようかしら。

女の子は無駄に走り回らせたくないけど

男の子ならミニの練習台になってもらえるかしらね?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

うちのミニちゃんはビアデッドコリー。

ビアデッドコリーってあまり日本では聞かない犬種と思うのですが

ここニュージーランドでは牧羊犬として

ファームではよく見かけます。

ピュアではなくともほかの犬種と掛け合わされていたりして

顔の毛がぼうぼうな子は

「ビーディー(ビアデッドコリー)のクロス?」と聞けば

たいていイエスと返事が来るよ。

 

牧羊犬に使われる犬種ですから

スタミナ、従順性にかけているってことよね。

うちのミニちゃんは親バカと言われるかもしれないけれど

ものすごく利口だし、従順だし!キリッ!!

かといって誰にでもフレンドリーな従順性ではなく

いわゆる「オーナードッグ」なんです。

基本的に私にしかなつかない。。。

これは性格の問題で、生まれつき臆病者だった彼女は

ここ1~2年で初対面の人がすぐに触れるようになりました。

それまでは敷地の外ではまず人に触らせない犬だったんです。

 

そんなミニも大人になってきて冒険心が芽生えてきたよう。

いや、ふてぶてしくなったのか?

今年6月、ミニは脱走をしました。

そのときのブログはこちらね。

うちのミニ、知りませんか。

 

その後、フェンスの強化をしたワタクシ。

そして、賛否両論のある電気ショック首輪でトレーニング。

image

 

脱走経路を突き止めたので、

そこを通過するときに電気を与えて教え込むというものです。

時間があるなら地道にトレーニングするけれど

脱走すると一般道路に出てしまうので私には猶予はありませんでした。

この効果はすぐにありました。

なのでショックを与えたのは2回だけ。

そしてミニは今までどおり、敷地内での放し飼い生活に戻ったのです。

 

それから、しばらく何もなかったの。

ところが1か月ほどしてからご近所さんから

「ミニちゃんが道路にいるわよ!」と連絡が来ました。

ご近所さんがミニを保護できるわけがありません。

外ではミニは人に触らせませんからね。

この時、すでに職場がハミルトン(車で30分)に変わっていたため、

私はすぐに戻ることができませんでした。

唯一、私以外で簡単に触らせてくれるのが

隣に住んでいる大家さん。

大家さんにお願いしてミニを保護してもらうことにしたの。

大家さんは車でしばらく探した後、あきらめて家に戻ろうとしたら

ミニが家の敷地のすぐ近くにいたんですって。

ミニは先導して家のゲートの前に行き

「ここ、開けてくださる?」とすまし顔。。。

 

こうしてまた何事もなかったわけですが、

やはりミニは脱走を悪いことと認識していない。

そして脱走は私が不在の時に行われる。

だって私がいるときは絶対にフェンスには近寄らないんですもの。

これではリトレーニングができません。

なので次の対策を考えることに。。。

 

ファームで使うエレクトリックフェンスをまず探しに行きました。

ソーラーパワーで電気を蓄電し、

テープに触れると電気が流れるシステム。

これは、羊や牛などにも使うのやつね。

複数の動物がいる場合は有効的ですし、

今後もファームのほうで使用することができます。

しかし、うまくテープに触らずに潜り抜けてしまうと

まったく意味がない。

家畜には有効的でしょうが、頭の良いミニにはどうかなあ?

ビアデッドコリーの習性を考えると下のほうを潜り抜ける

可能性が高いため効果が得られないのではないかと考えました。

 

次に考えたのは、こちら。

image

 

犬の行動範囲にあわせてワイヤーを張ります。

ワイヤーに近づくと警告音が流れ、

もっと近づくと首輪から電気が流れるシステムです。

ずっと昔からこれは効果があると言われていたんだけどね。

 

私がいない時を見計らって脱走をするミニには

これが一番かなあ。。。

 

というわけで。設置完了。

私が不在の時は電気ショック首輪をつけて

生活してもらいます。

いつ電気ショックを受けたかは知らないのですが

ミニはもうフェンスに近づきません。

たぶん、すでに学習したんだろうね。(;^ω^)

 

でも、念のため、1か月ほど

私がいないときだけ首輪をつけますよ。

 

設置前は、不在時はケネルにつながれていたミニちゃん。

つながれることにもすっかり慣れて

朝ケネルの近くに行くと座ってつながれるのを待つ子です。

今は涼しいからいいけれど、夏につなぐのはかわいそうだからね。

 

ちなみに、今度ステラがやってきたら

首輪だけステラにも付け替えようと思っていますよ。

 

ミニとステラ、仲良しでいつも走り回っていますが、

ご近所のファームドッグが近づくとフェンス越しに吠えあいます。

毎回それをやるのは知っているけれど

私も先方もそのたび犬達を大きな声で呼び戻すのも

ナンセンスと思っていたのでね。

今は、ミニはフェンスからかなり離れたところで吠えている。

だからおかしな興奮も抑えられています。

 

このフェンスを設置してからあった変化。

パドックに行く際、長い棒を持っていくのですが

それで軽くおなかを数回こつんと叩きました。

ミニちゃん、何かのトレーニングと勘違いしたようで

私と羊の間に割り込むことがない。

羊を執拗に追いかけることもなくなり

私が羊をチェックしている間は離れたところで

座って待つようになりました。

次の日は手に棒を持つだけ。こつんすらしていない。

それでも離れたところで待てるようになった。

 

要するに私のトレーニングがダメだったってことだね。。。

恐るべし、電気ショックの威力!

 

もうパドックで

「ミニーーー!!カーーーーム!!」と叫ぶこともありません( *´艸`)

怒らなくていいから私もミニもご機嫌パドックウォークできるしね。

image

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

今日も穏やかな天候のケンブリッジ。

仕事から帰宅してすぐに

いそいそとパドックへむかう

あゆおばちゃんですが何か?( *´艸`)

 

パドックへ行くとご近所さんの牛が寄ってくるよ。

image

この子たち、数回脱走していまして・・・・

恋の季節に、近所の雄牛をみて発情してしまったのよ。

最近は発情期が終わって落ち着いたけれど、

隣接するミルキングカウの牧場に紛れ込んだこともあるww

そこの牧場で飼育されている牛とは

全く違う種類だから牧場主のマークが

あちこち連絡して「お宅の牛ですか?」と

問い合わせして戻してくれたという経緯があります。

 

お隣りマーク牧場は

ミニの背後に広がっています。

ヘッジの向こう側がマーク牧場。

image

 

もふもふのミニが座っています。

image

 

我が家の白いモフモフたちは広いパドックに

数日前から移動しています。

小さなパドックの草が尽きてしまった。。。

image

 

でも、週末には小さなパドックに移動させるよ。

こないだ、具合の悪かったビッグマミーは

image

 

すっかり回復してもうおなかはパンパン!

image

 

明日にでも生まれる!

というようなおっぱいではありませんが

膨らみは日に日に大きくなっています。

近々、赤ちゃんの写真を撮れると思います。

 

こうご期待!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

あゆおばちゃんが住むケンブリッジは

ニュージーランドの北島にあります。

四方を山で囲まれた地形なので

日本の盆地気候と似ているのか、

寒暖の差が激しいのも特徴です。

旭川みたいだよね。(ドサンコ的発想?)

 

ちなみに。

うちの桜、今、満開。

image

 

タウンの桜並木もピンク色になってきたよ。

まだ2分咲き程度だけどきっとあっという間に

咲き誇ることでしょう。

オークランドよりも開花が早いのよ。

 

桜の時期って、まだまだ寒いですよね?

なので今夜は野菜ごたまぜスープにしたわ。

いつもは千切りにするんだけど、

ランチにも持っていきたいので、

ランチではスプーンでサクサクすくって食べたいから

具材は小さめにカットしました。

見た目が悪い。

でも、にんにく、玉ねぎ、にんじん、カリフラワー、

キャベツ、ゴボウ、セロリで7品目の野菜入りで

栄養満点よ( *´艸`)

image

 

今日は、仕事帰りにご近所さんのギャリーに会いました。

ギャリーは牛をメインに飼っているファーマーさん。

すでにリタイヤしているから規模は小さいのですが

毎年、繁殖をしています。

2週間ほど前に行ったときに、

パドックに1頭だけ個別管理されていた牛がいたの。

調子が悪そうだったけれど、彼女、妊婦さんでね。。。

無事に生んでいればいいのだけど・・・と心配していました。

けれど、彼女は子供を産んだ後に亡くなってしまったの。

なので子供は人間が育てることになりました。

ラッキーなことに女の子。

子供を産める女の子は繁殖用にキープです。

男の子だったらもう天国に行っていただろうね。

 

生後一週間のみなしごちゃん。

image

な、、、

なんて、かわいいの~~~~( *´艸`)

 

現在ボトルミルクは一日2回。

ミルクの量は一度につき3リットルです。

 

やあああ。

やっぱり赤ちゃんかわいいよねえ~。

無類の動物好きのあゆおばちゃんにはたまらん!!

 

ところで、我が家の羊たち。

本日は天気が良かったせいか、

出産第一号予定のブサイク・ビッグマミーの乳は

パンっと張っていました。

これならあと1週間~10日くらいで産みそう(*^_^*)

他の羊のおっぱいもチェックしたけど、

第2号はビッグマミーの後間もなく。

おそらくあと2週間くらい。

ざっとおなかの大きめの子たちのチェックをしたけれど

あとは少し間を開けて1か月とか先になりそうな気配です。

 

これは、天候にも左右され、

なぜか暖かい日が続くと急に準備を整えようとするのよ。

そりゃ、そうだよね。

好き好んで大嵐や大寒波の日に

「うっしゃー!産むか~!」とは思わないわけです。

生まれてくる小さな命を考えると

できるだけ穏やかな気候のほうが

生存率も高まるわけですから

きっと動物たちはそういうのを察知するんだろうな~と

思っています。

 

今日みたく、寒くてもいい天気の日とか

急に暖かくなった日とかは

しっかりパドックチェックに行かないとね!

 

万が一、生み落として育児放棄した場合は

すぐにレスキューしないと子羊はすぐに死んでしまうからね。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

あゆおばちゃんは、

去年から日本一時帰国する計画をしていました。

 

ナツオンナのあゆおばちゃんは

ぐはーー。あっちーーーー!というような

日本の夏が好きなのでできれば

暑い時期に帰りたいのですが

残念ながらそうはいかない。

なぜなら、帰国の目的は

日本の運転免許証の更新だから。。。

誕生日をはさむ2か月の間となると

残雪残る北海道、桜前線到達前の北海道。

それでも雪深い2月の北海道よりはいいので

できるだけ誕生日の後に一時帰国したいと思っていました。

 

ぼちぼち、飛行機探さなきゃなあ・・・と

思い始めて約一か月。

北海道の母に

「来年4月に一時帰国するから

美味いもの食べさせてね~」と連絡。

そしてその後、姉にも連絡。

すると姉のほうから

「あんた、免許更新来年?

再来年だと思っていたんだけど?」て。

 

おやおや?

とは思ったんだけど、たまたま友人が3月の末に

飛行機に乗る予定があるので

同じ便にしたい一心のワタクシは

安いチケットを探しまくっていたのですよ。

私の買いたいチケットは

オークランド~成田~新千歳 とか

オークランド~インチョン(韓国)~新千歳 など。

「成田ーーー羽田」の移動をしたくないのです。

で、探していたらオークランドー成田ー新千歳の往復で

10万円~11万円のチケット発見。

ニュージーランド航空とANAの乗り継ぎだからいいかな~って

思いながらぽちっとする直前、

姉の言ったことが妙に気になった。

 

念のため、日本の免許証を確認してみた。

「平成33年の誕生日1か月後」の日にちが

有効期限に書かれていた。

 

今って、平成何年?

 

こうなると、調べないとわからないのよね。

西暦ならわかるんだけど、、、、汗。

 

ネットで確認してみたら

「令和元年」になっています。

で、平成のままなら今は平成31年らしい?

マジか?

 

日本の友達(一緒に飛行機に乗る予定だった)に電話してみる。

「平成33年っていつ?」

里帰り中の友人の周りには実家のご両親たちがいた模様で

「今は平成じゃなく令和なんだよ~」と教えてくれましたwww

「もしも平成が続いていたら今は何年?」という

不思議な質問をするワタクシ。

ことの事情を説明したら

「令和元年は平成31年だったから、来年が32年で、

再来年が33年のはずだよ~」って。。。

 

免許更新、、、来年じゃなく、再来年だった!

 

あやうく、飛行機取るところだったよ。。。

今、日本円が70円くらいだから支払いは日本のカードで

やっちゃおうかな~とか考えていたし!

あぶねーーーーー。。。。

 

ちなみに、オークランド~〇〇~〇〇~新千歳で

一番安い往復チケットは7万円以内。

免許更新じゃなくてもぽちっとしてしまいたくなるねw

ただし、乗り継ぎの関係で所要時間30時間以上になるけれどねw

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村