年末年始あれこれ

テーマ:
いまさらですが、
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
m(_ _)m

ということで、かなり長いことブログを放置しておりました( ̄▽ ̄;)
2018年は12/29から仕事も休みに入り、2019年1/4まで年末年始休暇でした。
で、12/29・12/30・1/3・1/4とクラブが営業してる日は毎日クラブに入り浸るという生活をしてました。

年末年始の騎乗は選定にもかかわらずラッキー配馬が続き、アゲハスカイバリオンマヤノレジェンドが年末に、年始にはクリスティーナアゲハとナイスな選定でした。
ちなみに新年最初の騎乗となったクリスティーナには、この時初めて乗りました。

あ、年末ラストの騎乗はスカイバリオンだったので、2018年最後の記念撮影も。
こんな感じで。

そんなバリオンも今月からリースとなってしまい、また貴重な障害馬が貧乏会員には乗れなくなりました。
リースした会員さんはすでに自馬もいる方で、バリオンの調教も一緒にやっていました。

そのリースを勧めていた指導員は、お金を使う会員以外にはほとんど興味がないタイプ。
というか、その指導員はチーフなんだけどやりたい放題なんですよね。

1/3の初乗りの日、私は午前と午後に障害の90分レッスンを入れていたんです。
午前のレッスンは普通に障害馬場でレッスンしていたんですが、「午後の障害レッスンは(普段は馬場レッスンをやっている)B馬場でやります」とUHR先生から言われたんです。
理由を訊くと「障害馬場は他の方が使うみまたいなんです」と。

改めてレッスン表を見返しても、その時間に障害馬場を使うレッスンは我々のものしかない。
その時点で予想はついていたんです。
「アイツだな、間違いなく」と。

案の定、B馬場から下馬場にある障害馬場を見てみると、「アイツ」と自馬オーナー2名で障害馬場を占拠していた。
「アイツ」が自馬オーナーに声をかけ、特別レッスンを作ったんだろうことはすぐに想像できた。

「アイツ」からしたらこういうことなんだろう。
自馬を持つことも馬をリースをすることもできない貧乏ライダーは、まともなところでレッスンを受ける資格はない
と。

そんなことはない、と反論する人もいるかもしれない。
だが、こちら側には「年始の最初のレッスンを楽しみに来ている会員」が4名、アイツ側には「自馬を持つ金持ちライダー」が2名。
そして、こちら側は「馬場レッスンで蹄跡が深く抉れた20×40の馬場」、アイツ側は「普段の障害レッスンよりもさらに広く作られた(40×40かそれ以上)馬場」。

「その自馬会員さんたちはそれだけの金を使っている」と言われればたしかにその通りなのだが、アイツはあまりにも横暴すぎる。
アイツがやっている特設レッスンやマンツーマンレッスンは、たいてい他のレッスンの馬場を大なり小なり侵食している。
だが他の指導員はアイツがチーフだからと逆らえずにいる。
投書をしてなんとかしようとしている会員もたくさんいるが、揉み消されているのか何も変わらないままである。
所詮、クレインにとっては金がすべてらしい。


あ、新年最初のブログの更新だというのに、ものすごくダークなものになってしまった。。。
なので、最後に少し楽しい話題。
うちには競走馬の調教をやっていた経験のあるOGWという指導員がいます。
その指導員が競馬の鞍を持ってきてくれて、跨がらせてくれました。
これで鐙の長さは最大なんです。
本来はこの半分とかの長さで乗るらしいですね。
この写真では「競馬って手綱はこのへんで持ってたっけ?」なんて言いながら少し真似てます(笑)
あ、一見すると鬣を掴んでるように見えるかもしれないですが、何も掴んでないっす。
あと、この鐙の長さは個人的にまだ余裕でした。
この半分となると微妙なところですが、3分の2くらいまでなら何も掴まずにバランス取れそうですね。

1/6の記事は、どこかのタイミングでまとめられるかな???
ではでは!( ゚∀゚)ノシ

出会い

テーマ:
どーも、ゴルカメです。
まだ12/16とかの記事も書いてないんですが、今日はひとつ先に話しておきたいことがあります。
というか、記憶が薄れていて騎乗日記を書ける自信がない(笑)

これは本来、12/23の騎乗日記として書きたかったことなんですが、記憶が薄れる前にどうしても書きたかったことです。
そう、12/23の初級障害で初騎乗となる馬が配馬されました。
アゲハという元・自馬です(自馬時代の名前はまったくの別名)。

じつはこの日、朝の90分の馬場レッスンでドロシーが跛行し、レッスンお休み状態に。
そのせいなのかはわからないですが、私に配馬されたのがアゲハでした。

アゲハのプロフィール↓
この日、馬房にアゲハを迎えに行って、初めて気付いたことがありました。
みなさんも気付きましたか?
そう、2頭ともジャングルポケット産駒なんです。
アゲハのほうが1歳お姉さんです。

細かい内容は省きますが、レッスンで走らせて驚きました。
駈歩の揺れ方、ストライド、ハミの感触、引き具合、そのほとんどがブルーノと似ている。
そりゃまぁ多少違いはあるものの、「扶助に対してうるさくないブルーノ」みたいな感じでした。

まぁ、そりゃいままでずっと一緒だったブルーノのほうが愛情も思い入れも強いんですが、アゲハで駈歩をした瞬間にブルーノを思い出して楽しくなっちゃって(笑)
MYK先生にも、「ゴルカメさん、すごく楽しそうてなすね。メッチャ笑顔ですよ(笑)」って言われましたw

アゲハには、ブルーノにはないクセがあります。
「障害前で右によれる」
このクセは知ってればそこまで問題にはならないです。
ちゃんと障害に向かうときに脚で支えてあげればいいだけですから。
それを怠るとどうなるのか。。。
答えは簡単。
「思いっきり横に避けられる」
ただそれだけです。
1回やられました(別のことに気をとられてて誘導が甘くなったときに)が、今回は危なげなく耐えられました(笑)

ブルーノがいなくなり、このタイミングで異母姉アゲハと出会う。。。
まぁ障害で人気のある馬なので選定でなかなか乗る機会はないとは思いますが、ひょっとしたら部内競技会で乗ることもあるかもしれません。
現状、ドロシーよりは現実味があるかもしれないです。
面白いからアゲハとドロシーのダブルエントリーなんてのもあるかも。

なにはともあれ、面白い出会いがありましたよ、っていうお話でした。
( ゚∀゚)ノシ
12/15、12/16の騎乗日記は一旦置いといて、ちょっとした小話を。

じつはこの土日、少し散財しました。
ちっちゃい会社に勤める貧乏ライダーのゴルカメですが、いちおう今年もボーナスが出ました。
なので、欲しかったものを少し(?)買いました。

まずは
はい、新しいジャケットです。
少しタグが見えると思いますがユーロスターのやつです。
なんか今年の新作らしいですが、見た目が気に入って即購入しました。
背中の裾の部分にはファスナーが付いていて、騎乗のときにはそこを解放することで燕尾服のようになります。

そして
ずっと欲しかった本が3冊。
買ったのはいいけど、いつ読み終わるんだろ( ̄▽ ̄;)

さらにBDのマルタン胸がい。
今後、障害の高さを上げていく予定なので、とりあえず買えるときに買っとこう作戦。

ここまでがお買い物小話。
ここからはお馬さん小話。

12/16(日)の帰り際、洗い場で手入れをされているドロシーを見つけて少しドロシーとお話をしてたんですが、ふとした瞬間にドロシーが一歩前に出てきたんです。
「なぁに?どしたの?」
と声をかけながらドロシーの顔を見上げていると、ドロシーの顔が下がってきました。

そのまま動かずにドロシーを見ていると、ドロシーにチューヽ(o´3`o)ノされました(笑)
しかもお口にwww
5秒くらいそのままにしてみたんですが、ドロシーもそのまま固まってたので、ゴルが一歩後退してみました。

すると、ドロシーが再び一歩前進してきて、もう一回チューヽ(o´3`o)ノされました(笑)
どうしたドロシーwww
ゴルをメロメロにする作戦ですか!?
まぁでも、可愛かったっす(笑)


あ、これで小話終わりです。
ではまた次回!
( ゚∀゚)ノシ