Illusion Museum 幻想博物館

テーマ:



神武天皇即位紀元
二千六百七十八年
水無月二十日水曜日



皆様、今晩は\(^^)/
下元景太です(*^^*)
本日は
マジシャンメイガスさんが
プロデュースする
ミライザ大阪城の中の
幻影博物館に初訪問しました。
先ずチケットを
販売機で買う事になります。
障碍者手帳を
お持ちの方は
割り引きになります。
展示を観る事が出来れば
展示とマジックショーを
観る事も出来ます。
さて、最初に
訪れたところが、
人体浮遊のコーナーで
私、記念撮影しました。
子供の時に遊んだ
マジックの玩具が
勢揃いしていて
感動しました。
幻影博物館は
記念撮影出来るところが
数カ所だけあります。
名古屋でのメイガスさんの
マジックショーで観た
白いハンカチが、
自動的に動くのを
久し振りに見ました。
そして様々なパネルから
西洋より始まった
マジックの歴史を拝見しました。
明治時代に、既に
我が皇国にも
マジックの歴史が
ありました。
主な明治時代の
マジシャンが
帰天斎正一氏、
西洋マジックの開祖です。
他は養老瀧五郎氏、
松旭斎天一氏です。
松旭斎天一氏は
米国人マジシャン 
ジョネスから学び、
明治天皇に関連したりします。
中には作業を確り
出来るマジックの
頭の体操があります。
自分の身体が
大きくなったり
小さくなったりする
マジックの世界があります。
私の身体が
小さい時の私の顔が
映画マスクの
スタンリーに
なってます(o^^o)
後、顔だけ登場して
話せる方いました。
音楽が
昔のディズニー映画、
トムとジェリー
みたいな感じです。
そんな感じで、
マジックの歴史は
我が皇国に於いて、
明治時代から始まった
事を初めて知り、
ある意味私の専門分野と
リンクし、マジック武術を
作ってもいいぐらい
感動しました。
メイガスさん、
貴重なミュージアムを
作っていただき
有り難う御座居ます。
マジックはある意味
貴重な技能で、
時代の
レボリューションと
改めて認識しました。
私と知り合う皆様
及び先生方、是非
ミライザ大阪城の中にある
幻影博物館に訪れて下さい。
明治天皇に関連する
明治時代のマジシャンが
いましたので、
特に先生方は
勉強になりますよ!
皆様、良い夜を!