踊る阿呆に見る阿呆
同じ阿呆なら踊らにゃ損損

 まさしく
このフレーズの通り

ローザ隊F に憧れ
ヘルメットやらミニスカートの
あの小川ローザが着てたような衣装を
必死のパッチでさがし
中にはサイズが合わない!!
とかの大人の事情で
3着もネットでお買い物をした
阿呆がいてました


そんな阿呆は
心底阿呆なのか
賢いのか
踊りを完璧に踊りたいがために
アタシのお友達の
きよちゃんに
3夜連続で特訓してもろたとか
してないとか

知らんけど




当日は
あの大師匠 中村文昭講演会なのに
なぜか
ローザ隊Fがメインかのような
流れのまま
当日をむかえたのでした










はじめて舞台に上がるので
そりゃーーーー
緊張もするでしょう

踊れない
覚えれない
いろんなできない理由があるようですが

この若葉マークの方々は
かなり本気のご様子

ま、ローザ隊Fに所属して
何年も経ってるアタシ
踊るのが嫌いなわけでもなーーーい

恥ずかしいわけでもなーーーい

ただ
何度やっても
大方の流れは覚えてるものの
細かいところは
ほんまに覚えれてなくて
堂々と
間違えながら
舞台で舞うのです

そして
わからなければ
そう
静止画にすぐなります

そしてアタシの紹介では
静止画の女王

なんてすてきなフレーズ


そんなアタシだから
初心者の方の
やってみよう〜のキモチは
非常に応援したくなります

ただ
応援は踊りを教えることではなく
笑われてもいんや〜

このスタンスで
ひっぱりたいのです

土曜日当日の
師匠 中村文昭の前座では
途中までは記憶があるものの

客席からなだれ込んできた
踊りたい!!!
お客様のあのなんとも言えない
に飲み込まれ
そこからは記憶がありません

あとから
動画をみたら
舞台袖でシャラっと打ち合わせした通り
主催者のみいこちゃんが
50本も用意した
黄色いスカーフを
あちこちに巻きに行ってたようです

その動画を見たら
なんとまーーーーー
若葉マークのローザ達が
完璧に踊ってるでは
あーーーりませんか


もう
今日は自宅でそれ見て
涙でました

人生壁紙になるのは寂しいんや

人生踊る側で生きるほうが
霊はぜったい喜びます


こんなん恥ずかしい
とか
上手にできないと
あかん
とか
オバハンがミニスカートはいて
みっともない
とか
そんなこと
自分のハードディスク
上書き保存したらえーーんちゃうの


ま、すべて
アタシが最初に感じてたこと
ずべて大人の事情でした

ローザ隊F
メンタルもととのいます


舞台袖に引いた時
まーーーーみんなの
やりきった感は
すばらしかった

舞台袖で見ておられた
師匠 中村文昭も
呆れてたし


世界中  宇宙中のあの時間
間違いなく
寝屋川のアルカスホールが
いっちばん キュンキュンオーラ
ばんばん出てたのは
まちがいない


阿呆は阿呆の中で
踊る側にいる方が
ぜったいいいに違いない

師匠 中村文昭がうまいこと
ローザ隊Fのことを
講演はじまってすぐ例えたのが
おもしろかった

お伊勢さんの赤福といっしょ

たった一曲しかレパートリーがないけど
それで十分存在感あり
赤福もいっしょ
あの赤福餅で何百年と営業されてきた

貫いてるとこといっしょ


さすが文昭さん
うまいな〜
また惚れてまう

ま、決してローザ隊Fを応援してるとか
ではなく
関西にやってくると
なぜかついてくる
オバハン達
その程度かも

ともあれ
若葉マークのローザ隊F
あっぱれでした

みんな大好き
ありがとう💗





5月にサザン 京セラドームではっちゃけたこと