海外(アジア)の豆知識 & ちょいとした話 〜 jintottyのブログ

海外(アジア)の豆知識 & ちょいとした話 〜 jintottyのブログ

ときどき英語を交えて、様々な記事を書いています。
海外・音楽・健康・障害・ビジネス・時事・社会問題・環境・歴史・感動する話・面白いニュースなどなど...
よろしくお願いします!

世界・海外に関する情報を、日本語と英語で書いています! よろしくお願いします目
6月6日は、”ある二人の有名なギタリストの誕生日” ...ということで、今回は彼らの経歴やプロフィール、エピソードなどをいろいろと紹介していきたいと思います ( ´ ▽ ` )ノ
 
 
まず1人目はこの方✋
 
【スティーヴ・ヴァイ
 
彼はアメリカ出身のギタリストで、グラミー賞を受賞したこともあるんです(^-^)6歳でピアノを始め、その後ギターも始めた彼は、当時まだ無名だったジョー・サトリアーニ(凄い人)のレッスンを受けたそうです。15歳にしてオーケストラ用の譜面を書き 、大学在学中にフランクザッパの曲を採譜し本人に送ったことをきっかけに、ザッパバンドのレコーディングやツアーに参加!この時ヴァイに与えられたセクションネームは「Impossible Guitar Part」...つまりは、作曲者ザッパの演奏不可能なパートを受け持っていたのです。

 

{9DBD2978-8FF0-439B-B122-78EE9EA99BFE:01}
 

 

イングヴェイ脱退後のアルカトラスや、デイヴィッド・リー・ロス(元ヴァンヘイレン)のバンドでプレイ、さらにはソロアルバム制作に精力的に取り組む中、映画「クロスロード」ではギタリスト役で登場。
 
{72917F93-76DB-4CA0-86A0-1F74B7F8BA3E:01}
 
1989年にはホワイトスネイクに加入し、その後はオジー・オズボーンB'z松本孝弘などとも一緒に仕事をしています。彼の楽曲はドラマ「医龍」の挿入曲などにも使用されているので、ヴァイ・フリークの方は聴いた瞬間「あっ、ヴァイの曲やんっ!」とわかることでしょうね(^-^)
 
{FEEA10F2-EDF1-4005-A07F-35215A19D411:01}

 

 

 

【ヴァイのトリビア】

ホワイトスネイクに参加した頃はアイバニーズ7弦ギター"ユニヴァース"を使用                    

・議論では巧みに言葉を使い分けて、相手を混乱に陥れ弄ぶとか...                                

・争いは好まず、バンド内で衝突した場合は、メンバーと戦わずして脱退(^-^)

・ファンを大切にし、コンサート終了後は裏口で待っているファンに必ず挨拶します                                                               

ベジタリアンで瞑想好き。また、自分にしかわからない言葉で日記をつけたり...

 

{039B8824-932D-430A-BC6E-70967D38CF69:01}
 
そんな神のようなヴァイ様は、ライヴでは必ずと言っていいほど強風を浴び、活き活きとギターを弾きまくっています( ´ ▽ ` )ノ
 
{1BF4130F-6089-4AAC-B0EC-91018A26FD07:01}

 

 

【ヴァイの名言】

「基準として自分のアイデンティティを創ってしまうと、必ず苦しむことになる」 「譜面はモナリザよりも美しい!」

(う~ん、言ってみたいっ)

{62AA65D8-101B-4D3C-9BEE-8B99F68B49FF:01}
{2FFEA94A-2F7A-4BD2-8DEC-DD4725AFE835:01}

 

 

 

 

2人目はこの方✌️
 
【ダミアン浜田】
 
ダミアン浜田(別名・サタン45世)は聖飢魔II創始者でありギタリスト!彼は地獄皇太子から地獄大魔王になり、殿下陛下とも呼ばれたり...非常にややこしいですね~。名前の由来はおそらく、ホラー映画オーメン』に登場する悪魔の子・ダミアンからでしょう(^-^)
 
{5D9A04C8-8B68-4105-80A3-D0494B9CDB0A:01}

【聖飢魔II結成までの道程】

早稲田大学在学時、自らをリーダーとするは、は、は、は、浜田さんバンドを結成。その際、とある2名にボーカルのオファーを行ったが断られ、自身のマネージャー的な役割を務めていた後輩のデーモン閣下から「私では駄目なんでしょうか?」という申し出を受けたそうな...「もぉちろんいいよ!」の一言でデーモン閣下がヴォーカルに (その後バンド名を聖飢魔IIに改称)。

 

【聖飢魔IIプロデビューですが...】

聖飢魔IIはプロデビューとなるのですが、ダミアンはバンドに参加せず、数学教師の道を選びます!「ダミアンの実父サタン44世大魔王陛下危篤のため、デーモンに託し地獄に帰還した」ということになっています(^-^)/ そんなダミアン陛下は1995年、聖飢魔IIのデビュー10周年記念ミサで10年振りにギタープレイを披露。

 

{E229DE43-9FC8-49EA-BBE9-89F6D734BEE5:01}
 

 

 

【教師生活】

勤務先の山口県立長府高等学校では軽音楽部の顧問を務め、CDをインディーズでリリース!ダミアンのプロデュースだけあって、初期聖飢魔IIを思わせるような展開の楽曲も一部存在するとかしないとか...(ちなみに、テレビドラマ『エースをねらえ!』の主題歌を歌った"HIROMI"こと椛田千里は教え子の一人)。

 

【再登場】

1999年の解散ミサに登場し、再び初期の代表曲を演奏 ♫ 2010年の福岡ミサでは、”世を忍ぶ仮の姿”で観に来ていたことが後に判明 (^-^)/

 

{D8935C9F-99EF-407E-A632-30C77BD44F90:01}
 

 

【おちゃめなダミアン】

聖飢魔IIが結成された当時のドラマーは、後の聖飢魔IIギタリストの一人・エース清水長官だったのですが、これはダミアンが「清水さん清水さん、ドラム叩きまへんか?」とオファーしたことにより決定!(エース清水は既にプロのギタリストとして活動中だったのに)

またダミアンは、自分のギターや機材をYahoo!オークションで売っていましたが 、結成時使用のギターについては、「思い出のギターを売らないで欲しい」「そのギターはあなたが持っているべき」「手放さないで」との声に出品を取り消しました(^-^)/

 

【ダミアンが残した曲】

初期の代表曲である「蠟人形の館」「JACK THE RIPPER」「悪魔組曲作品666番変二短調」等はダミアン様の作です。それぞれの楽曲に独特の世界観があり、耳に残るキャッチーなリフ...そしてドラマチックな曲展開は、まさにダミアン節...

 

{54B8E431-B66D-47F9-B213-A0E0CB6003AC:01}

 

 

【色白なダミアン】

ダミアンの容姿は他の構成員(メンバー)とは異なり、非常に人間に近いんです。アルフィーの高見沢さんみたい(^-^) 長らく、この外見的差異の理由は不明でしたが、あるとき「魔界の皇族を裏切ったルシファー(後の大魔王サタン1世)がその祖であり、最初から悪魔として生を受けたデーモン閣下を始めとした他の悪魔達とは血脈的に異なる」という説明がありました(^-^)/

 

【ダミアン本人一押しの一曲】

自身作曲の中で一番思い入れ深い曲は「野獣」だとか...ただしこの答えにデーモン閣下は「ビックリ...」  「なぜ野獣?」・・・他の構成員も「浜田さんならもっと良い曲が沢山あるのに、なぜ野獣?」と言ったとか言わなかったとか...(^-^)

 

【最後に】

ダミアン陛下はデーモン閣下に、「1999年までに洗脳人数をより効率的に増やすように」とアドバイスを送っています。その際、指数関数のグラフを例に出して説明していたとかいなかったとか...(^-^)

 

{1DFC332B-1899-401C-8B0D-BDA6FA411A4D:01}

 

 
誕生日
スティーヴ・ヴァイ (米:ギタリスト)Steve Vai(1960年~)
ダミアン浜田 (ミュージシャン(聖飢魔II[脱退]/ギター),教師)(?年~)